國崎出雲の事情 第七十二幕「映画の洗礼!!?いつでもどこでも姫!!」感想

出雲の次なる舞台、それは演目ではなく映画、
そこで桐矢臣と決着を着けるべく意気込む出雲、
しかし自分の役が女性の役だと知り怒り狂い、
さらに國崎屋に前金払っているので逃げ道もなく…

雑談掲示板設置!!
お絵かき掲示板で加賀斗のアイコン募集中!!
さて今回は久しぶりに1ページ使っての前回までのあらすじ、
今回は松樹&梅樹が説明、出雲の事をメイド、
チビというのが特徴的です。
さて前回、自分の性別をバレないようにしないと
いけない事実に気付いた出雲ですが…
っていきなりワンピース来た出雲来ました!!!!
ひらりとする仕草がまた破壊力が!!!
そしてそんな出雲を見てついに目覚めたと
感動して興奮する父の八雲!!!
でもそう思うのは激しく同意です!!!
女性キャラじゃ興奮できないですし!!!!!

しかし秋彦…歌舞伎ならみんな男だと
わかっているからアリだけどって…
出雲なら歌舞伎じゃなくても
アリに決まっているじゃないですか!!!
わかってないです!!わかってないです秋彦!!!!

さてそんな中でもマイペースな加賀斗の累、
加賀斗は今こそ女形の真価を見せる時とノリノリ、
女形から学べる女性の仕草のアドバイスから始まり
降水を吹きかけるまでしてますし
累は女形の勉強になるとマイペース過ぎますよ。
でもこれだけやれば桐矢も諦めると思う出雲、
いや、むしろ燃えると思いますよ!!!!!
だって執着心が以上にある桐矢ですよ?!!!
逆効果全開な気がしますよ!!!!

さて一方その頃同性ハーレム要員ズは
出雲が忙しいからしばらく会う機会がない故に
ペースを崩されていて…
紗英は最初の方こそ若干出雲の事で困惑気味な
表情だったもののファンの女生徒から
最近、出雲と一緒にいるところを見かけないという
言葉からトラウマモードオン…
って紗英のアレな妄想来ました!!!!!
桐矢に襲われ組んず解れつな出雲、
最高すぎるんですが!!!!!
加賀斗版の破壊力も良いですけど
桐矢版も中々良いんですが!!!!!

そして次は松樹サイドのメイド喫茶に…
短期間で映画を撮るみたいだから
出雲が来れない事でつまらなそうですね玄衛、それにしても…
松樹が出雲目当てでメイド喫茶通っている事、
杏李にもバレバレなんですが!!!!
まああれだけ通い詰めていれば(笑)
というより杏李、アレ絶対小バカにしてますね(笑)
まあ松樹的には出雲のいない
メイド喫茶には興味がないわけですし(笑)

そして最後に梅樹サイド…
っていきなり上半身半裸なんですが!!!!
でも梅樹は好みではないのが少し残念ですけどね。
しかし梅樹、日常に猫の画像探しもあったとは…
そしてチビがいねーとみんなバラバラとぼやきますけど
もしかして梅樹って寂しがりですか?
そして出雲がいない事にペース崩されまくりな
同性ハーレム要員ズが辿り着いた結論とは…
って様子見に行くだけならいっかーって!!!
みんな開き直り過ぎなんですが!!!!
というより久々に意見が一致って!!!!

それにしても立ち役と書いてメンズと読むんですね。
さて一方の出雲は映画の撮影現場の協会に着き…
これまた破壊力抜群な女装来ました!!!!
特にあのふわふわな帽子がもう似合いすぎですよもう!!!

それにしても主役に選ばれなかった
女性陣、かなりひがんで出雲の悪口を言ってますよ。
そう言えば彼女達も出雲の性別知らないんですね。
知ったら知ったでどう反応をするのか…
考えるだけでゾクゾクします(笑)!!
まあ映画現場なので桐矢も登場、
桐矢は本当に女の子みたいと言ってますけど…
桐矢も女装とかしないだけで
したら絶対破壊力抜群な気がするんですけどね。
あれだけの美を持っているわけですし。
そしてそんな光景を同性ハーレム要員ズは覗き見ていて…
もう紗英と玄衛は嫉妬心全開、
梅樹に至ってはポカンとしてますよ。
そして心配なものの冷静さがある松樹…
って相当濃い話が原作って!!!!
「お色気あり」修羅場ありって!!!!!
出雲のお色気…ごくり!!!!!
プロデューサーナイス人選!!!!!!

さていよいよ撮影が開始されて…
歌舞伎と違い、途中のシーンから始めるんですね。
そんな歌舞伎と勝手が違う方法に出雲はどう…
って一瞬で役に入りましたよ!!!!
さすが出雲です!!!なんだかんだで
役に瞬時に徹する事ができてますよ!!!
というより役に入った出雲の表情が!!!!!
切ない感じがまたそそられますよもう!!!!!

それに驚く映画のスタッフ陣、
そして桐矢演じる「清」との初の出会いのシーンへ…
ってもうすごく綺麗なんですが桐矢!!!!
役にのめり込んでいるとか置いておいて
すごく、すごく綺麗です!!!!!
舞う花びらが彼の美しさをより引き出してますよ!!!!

さてそのシーンはカットになってしまい
もう1度取り直す事になりますが…
ってアングルが下?!!!!
際どい!!!際どすぎますよ!!!!!!
でもそのギリギリ感がすごく良いです!!!!!!
見えそうで見えない感じの男の娘のスカート!!!!
最高すぎますよ!!!!!!!

そんなギリギリな撮影方法に出雲は困惑気味で…
でもそんな出雲を励ましたのが桐矢なんですね。
そんな桐矢に出雲も落ちかけちゃいましたし。
でもなんとか持ち直しましたよ。
桐矢は本気で落としにかかるから
ある意味最大の敵ですね(笑)
まあ気持ちも持ち直しましたし
ここから頑張れば…
ってシスター紗英と神父玄衛?!!!!
ちょっと?!!ここは逆でしょう!!!!
個人的にはシスター姿の玄衛と
神父姿の紗英の方が破壊力高い気がするんですが!!!
出雲もすごく困惑!!!
当然のようにカット入りましたよ(笑)!!!

でも紗英達が来たのは出雲の事がほっとけないからなんですよね。
とは言え、今回は嫉妬成分の方が強い気がしますが(笑)
でも紗英達のバカ行動のおかげで
少し持ち直しいつものペースに戻れた感じがします。
しかし…紗英、打たれ弱すぎでしょう!!!
桐矢にエキストラはすっこんでいてと
言われて精神的大ダメージ受けちゃってますよ!!!!

それはそれとして松樹、意味深げな事を…
僕も桐矢はすごくかっこよく綺麗と思いますけど
確かに周りが持ち上げ過ぎているというのも感じますね。
まああれだけの美があるので仕方ないところもありますけど…
さて今日の撮影も終わり帰る事に…
女子会とかに誘われたりしましたけど
上手く断りますね。
そんな出雲を桐矢が上手く誘いましたよ。
でもその後、通りかかった店の飾り物のバラを見かけ…
って桐矢、その薔薇が美しくないって?!!
桐矢の美しさへのこだわりに何か秘密が?
とりあえずキーワードになりそうなところをまとめると…

・桐矢は異常なまでに美に執着。
・松樹は桐矢は周囲が以上に持ち上げ過ぎている。
・そして入れ物に入った薔薇は綺麗じゃないと言った。


1番のポイントは持ち上げ過ぎのところが気がします。
桐矢が天才肌で美青年というのは事実です。
僕の好みのタイプですし。
でも天才肌タイプというのは
持ち上げられやすくプレッシャーも半端ないのが
天才肌タイプに良くある設定です。
そして桐矢は幼い頃から実績がある天才タイプ、
周囲が持ち上げ過ぎていても不思議じゃないです。
もっとも美しい物好きなところは
素の部分もあると思いますけどね。
梅樹なんかがその例に当てはまりますし。
まあ粂寺先生のように元からそういう性格で
何かきっかけがあってひねくれて
進化したってケースもありますけど。
さて桐矢に何が隠されているのか?
スポンサーサイト
category
國崎出雲の事情
genre
アニメ・コミック
theme
漫画の感想
Relation Entry

Comment

出雲と関わるキャラは苦々しい思い出から刺々しくなった者ばかりですが
そんな苦々しい過去など無い生粋のナルシストだった紗英っていったい・・・
(まぁ「何か」がなかったからこそ出雲という「何か」を見つけ
あれだけ協力的になったのかもしれませんが)

紗英は出雲と関わってから普通科のファンへの態度を改めましたが
普通科と芸能科の紗英ファンの関係ってどうなのですかねぇ~
(紗英が傲慢だった頃の芸能科の紗英ファンは普通科の生徒を見下していましたし)

一応本名の國崎出雲名義で出るんですね・・・
検索すれば出て来る位の認知度は出雲にもあるはずですから
偽名とか使わないの・・・・

そういえば脇役の女優から出雲はイジメを受けますかねぇ~
  • 2011⁄06⁄30(木)
  • 19:53
  • [edit]

Re: タイトルなし

> 出雲と関わるキャラは苦々しい思い出から刺々しくなった者ばかりですが
> そんな苦々しい過去など無い生粋のナルシストだった紗英っていったい・・・
> (まぁ「何か」がなかったからこそ出雲という「何か」を見つけ
> あれだけ協力的になったのかもしれませんが)
でも沙英って家の問題とかでてきてないですし
これからその辺にスポットがあたるかも知れないですね。
> 紗英は出雲と関わってから普通科のファンへの態度を改めましたが
> 普通科と芸能科の紗英ファンの関係ってどうなのですかねぇ~
> (紗英が傲慢だった頃の芸能科の紗英ファンは普通科の生徒を見下していましたし)
まあ彼女たちは沙英に心髄しているので
沙英が良ければ…って事かと。
> 一応本名の國崎出雲名義で出るんですね・・・
> 検索すれば出て来る位の認知度は出雲にもあるはずですから
> 偽名とか使わないの・・・・
まあ上映数が少ないので高をくくっているかと。
> そういえば脇役の女優から出雲はイジメを受けますかねぇ~
まあない話ではないですね。
  • 2011⁄07⁄06(水)
  • 08:01

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1038-d80bc65a