アラタカンガタリ~革神語~第126話「ヒルハの夢」感想

アカチとの決着が着いたのもつかの間、
突如攻撃を仕掛けてきた六ノ鞘のキクツネ、
キクツネは革達と門脇に挨拶代わりに
攻撃を仕掛けてきただけで
すぐに立ち去ったものの六ノ鞘も
降し合いに本格参戦したわけで…
さて前回、攻撃するだけして去っていったキクツネ、
そのキクツネですが門脇の力は想定外だったみたいです。
確かに「逐力」が一刀両断された話を聞いたはずなのに
その「逐力」が形を変えていて自身の攻撃に
対応してきたら驚きもするでしょう。
それにしても素顔不明の六ノ鞘のイソラ、
なにやら同じ六ノ鞘のシムと敵対したくない感じです。
そして六ノ鞘の中心がシムと判明、
そしてキクツネの反応から六ノ鞘が
1枚岩でない事もわかりました。
キクツネは自分のやり方でやると考えているものの
六ノ鞘の目的は全員同じみたいで
利害の一致的な感じがしましたから。
さて門脇が乗っているウキブネも去った事で
それと同時に「逐力」の痣からくる痛みも消えた革、
どうやら「逐力」の痣は門脇と革の距離が近いと
反応するみたいですね。
これからは門脇と戦う時に革は痛みに耐えながら
戦わなければならないわけですけど
でも逆に言えば痛みがしたら
門脇が近くにいるという事もわかるわけですよね?
さてそんな感じで一段落したところに
アカチ領の兵達が来て…
そうでした。カンナギがアカチを倒した以上、
アカチ領の主はカンナギになるんでしたね。
そしてそれはカンナギとの別れの時…
カンナギは火焔を取り戻す為に
革一行に同行していただけでしたから
こうなるのは自然な流れですね。
しかしこれで降し合いに参加できるって…
それはカンナギの本心なのでしょうか?
彼が火焔に執着していたのは
火焔の炎にエミスの面影があるからであって
火焔さえ解放できればそれで良かったキャラです。
元々降し合いはその結果に過ぎないわけで
でもアカチの遺言で火焔の中に
エミスがいないとわかった以上、
カンナギにはもう火焔を解放する理由も、
ましてや元々の目的ではない降し合いに
参加する理由もないんですよね。
本当の意味でオヒカ達を解放するにも
自身が大王になるより革をサポートして
大王にさせる為にサポートした方が…
でも火焔にエミスがいないとわかった以上、
頭ではその事を理解しているのかも知れないです。
それでも残ると決めたり降し合いに参加できると言ったのは
おそらく理屈じゃない感情が働いているのかと…
でもそんなカンナギに革はこれまでありがとうと告げ
戦う事になってもその時はその時と言いましたよ。
もしかしたら敵になるかも知れないです。
でもそれはカンナギ自身が決めた道なので
革が止めるわけにもいかないですからね。
前に革はそんな経験、
カナテとの別れを経験してますからね。
今どこでどうしているかわからないですけど
きっとカナテは八風陣を使いこなせるように
鍛錬をしつつ旅をしているのでしょう。
それはそれとして…
カンナギ、確信突きすぎですよ!!!
革をサポートすると冷静に言うヤタカに
創世に降されなかっただけって!!!!
それ言われたら身も蓋もないです!!!

さて一方、アカチ領で分断されて以降、
完全に忘れられていたヒルハ&ラミは…
普通に道に迷ってますね。
なんでも最初は革達の後を追おうとしたものの
ヒルハが逆に道に迷うと安全な道で
合流しようとして行動していたら…
道に迷ったとの事、
そしてラミと言ったらミクサラブ、
そんなラミにミクサの事が心配かヒルハは問い…
ここでラミの過去が明らかになりましたよ。
どうやらラミの両親は昔海の事故で亡くなって
その後、ミクサの義父に引き取られたとの事、
それでミクサの本当の性別を知っていたわけですね。
そしてそんな話を聞いたヒルハは
自分と境遇が似ていると言い出し…
ヒルハも同じように海の事故で
親族とか全員亡くなっていたんですね。
現役23才の時に…
って23才?!!!!
ってそんなに驚く事じゃないですね。
世の中、幼顔の大人とか普通に居そうですし。
まあ38とかでアレだったら
さすがに驚きますけど(笑)
しかしその事故って言うのが気になります。
北の島での事故、死んだ家族や友人は
いまでもそのままの姿、
ここから想定できる事は北の神鞘の暴走事件に
巻き込まれた可能性が高いですね。
同じ北ですし今も姿はそのままと言う事は
氷付けにされている可能性も高いですから。
という事は次に目指すは北の領土ムロヤという事になります。
さてそんな雑談をしつつも迷っている2人ですが
突如謎の音色が…

ってヒルハ、ラミを眠らせて謝罪?!
謎の音色の正体とヒルハの関係は?!!
そしてようやく革と合流を…
ってヒルハに故郷に来てほしい?!!
助けたい人がいる?!!
それとあの音色は何か関係があるのでしょうか?!
でも彼の家族や友人は皆、
事故で死にそのままの姿でいるはず!!
ヒルハの真意とは?!!
そして火焔の中にエミスがいないと
知ったカンナギの今後の行動は?!
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
genre
アニメ・コミック
theme
漫画の感想
Relation Entry

Comment

カンナギ、アカチ、ヤタカ、ヨルナミ、クグラ、そして門脇は
「大王」に興味がなく別の何かが生きる理由になってます(ました)が
六ノ鞘もそういう人物がいるのですかねぇ~

アカチの元部下はカンナギが革に再び同行すると言ったらどうするのですかねぇ~
(カンナギへの対応を見る限りカバネやナチルとは違い
アカチには地龍が認めたというだけで従っていた感じがしますし
新たな上司であるカンナギにはどうあって欲しいのかが分かりませんが)

残りの神鞘に女性はいるのですかねぇ~

ヒルハが革に同行した理由は
革に惹かれたという以上に故郷の事があったからですかねぇ~
  • 2011⁄07⁄08(金)
  • 18:10
  • [edit]

Re: タイトルなし

> カンナギ、アカチ、ヤタカ、ヨルナミ、クグラ、そして門脇は
> 「大王」に興味がなく別の何かが生きる理由になってます(ました)が
> 六ノ鞘もそういう人物がいるのですかねぇ~
少なくとも彼らの過去の言動から大王そのものには興味がないのは間違いないかと。
おそらく大王になるという野望よりもっと深く大きい目的があると思います。
> アカチの元部下はカンナギが革に再び同行すると言ったらどうするのですかねぇ~
> (カンナギへの対応を見る限りカバネやナチルとは違い
> アカチには地龍が認めたというだけで従っていた感じがしますし
> 新たな上司であるカンナギにはどうあって欲しいのかが分かりませんが)
まあ問題ないんじゃないですか?
カンナギ、俺様系ですし止めても動きそうですし。
> 残りの神鞘に女性はいるのですかねぇ~
個人的にはこのままいない方が良いですね。
ナチルのような男の娘なら大歓迎ですけど。
> ヒルハが革に同行した理由は
> 革に惹かれたという以上に故郷の事があったからですかねぇ~
両方かと。
  • 2011⁄07⁄09(土)
  • 22:09

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1059-ab6b4cd8