アラタカンガタリ~革神語~第128話「52年前の出来事」感想

ヒルハの頼みを聞き彼と共に北のムロヤに向かった革、
しかしムロヤに到着した直後にヒルハが
創世が必要と言いだし彼に攻撃を仕掛ける。
一方、ヤタカからの伝令で浮船で
ヤタカ達の元へ向かうオキマ達はその道中に
キクツネの浮船の攻撃に遭い…
さて前回、突然、革に創世が必要と
敵意を見せたヒルハですが…
革の創世は神意を無効化できるんですよね。
さていきなり仕掛けてきたヒルハですけど
革はヒルハに事情があると悟ったみたいで…
ってなんか光が?!!!
一体何が起こったのか…
さて一方のヤタカ達の元へ向かっているオキマ達は
キクツネの浮船の攻撃を受け防戦一方で…
連絡でオキマ達に撤退をするように
ヤタカが連絡してきましたよ。
ヤタカは大切な属鞘であるから無茶しないように
というのもあると思いますけど
オキマの妻のマルカの為でもあるんですよね。
ここで無理をしてオキマ達の身に何か起きたら
悲しむのはその家族や恋人、
ヤタカにとっては後者の想いが強いんですよ。
さすがヤンデレになるくらい愛が深いヤタカ、
相手の帰りを待つ人の気持ちを察してます。
そしてオキマもヤタカの撤退命令の意味を
理解し仕方なく撤退、
でもオキマからしたら複雑な心境なんでしょうね。
妻のマルカの為に無理できないとはいえ
ヤタカの元へ向かえず撤退する事になったわけですし。
さて連絡は途絶えましたけど
オキマ達は無事だと思います。
でもオキマ達を撤退させた以上、
浮船への期待はできず、ムロヤに向かう術が…
ってあれはヤタカに醜い怪物に返られたケルタ!!
元の姿に戻れたんですか!!!!
というよりヤタカ、
完全に存在忘れてましたよ!!

ちなみにケルタはアカチの一件を
兄貴分のナチルから聞き、
自分の行いを心から反省し元に戻ったみたいです。
というよりすでにケルタにとっては
ヤタカの是空はトラウマですが(笑)

さてそのケルタ、1つだけムロヤに向かう術があると…
って海底列車?!!!
まさかこんな物がアカチ領にあるとは!!!

どうやら海底列車は元々は奴隷をムロヤに運ぶ為の乗り物で
幼い頃のアカチとエミスもこれに乗らされ
ハニヤスに連れてこられたんですね。
でも132年前にアカチが奴隷制度を廃止したから
132年間使われてないので今ではすっかりさび付いていて…
しかもこれをちゃんと動かせるのは
地龍が必要不可欠、
つまり今動かせるのは地龍を受け継いだカンナギしかおらず
無理に動かそうとしたらレバーが壊れ本当にもう使い物に…
ってカンナギ来ました!!!!
しかもなにげに新衣装です!!!!!
アカチの鎧とカンナギの動きやすさも
考慮されたデザインな感じがします!!!

アカチの鎧のような感じを組み込んだのは
今は亡きアカチの心を背負っている
印象にしたいからでしょうか?
さてなんだかんだで革の元に向かう事を決意したカンナギ、
理由は革の近くにいた方が降しやすいとの事、
人はそれをツンデレという(笑)!!!!
だってこれどう考えてもライバルキャラが
「勘違いするな!お前を倒すのはこの俺だ!!」
って言って仲間に加わるシチュですよ?!!!
ベジータ並みにツンデレしちゃってますよ!!!

まあそんな感じでツンデレなカンナギと合流し
海底列車を動かすわけですが…
見送るケルタが言っていた事が気になります。
最近、ムロヤ周辺の空気が狂ってきていて
ハニヤスにもその空気が来ているという…
おそらくそれがヒルハが見た霧ですね。
そしてケルタの話からムロヤの封印が解けているみたいで…
ヤタカはこのタイミングでヒルハが動いた事、
六ノ鞘が何故自分達を妨害しているのか、
そして52年前の出来事と秘女王キクリとの一件を思いだしてます。
52年前の一件はやはり関係ありそうですね。
北の神鞘の剣神が暴走したという一件、
この一件の真実が今回の一件と繋がっているのは間違いないかと…
そして列車内のミクサは革を心配していて…
ミクサ、最初からヒルハは怪しいと思っていたんですね。
でも僕はヒルハがそこまで怪しいとは思えないんです。
確かに着いてきた理由は怪しかったですけど
スパイの部類にしてはボケボケ過ぎるんですよね。
それに霧を見た時にラミを巻き込まないように
眠らせましたし実は敵キャラという感じが全くしないんです。
むしろ逆でああいう性格だから利用されそうな感じがするんです。
ラミもハニヤスで分断されヒルハと2人きりにされた時に
自分を不安がらせないようにしていたとか言ってましたし。
サテラミの話を聞き落ち着きを取り戻したミクサ、
でもそんなミクサを見てラミは…
ってミクサを応援?!!!
そう来ましたか!!
ラミはミクサが好きだから応援する!!

でもその決意をするのに結構悩んだと思います。
それはミクサの表情から察した際の
間とラミの少し寂しい感じの表情から察する事ができます。
もうミクサは革よりラミと結ばれた方が良いです。
革も優しいですけどラミ以上にミクサの事を
愛し、ミクサの心を最優先するキャラなんて
そうそういないです。
こういう結ばれないとわかっていても
それでも1番好きという気持ちは変わらず
好きだからこそ応援したいというキャラは応援したくなります。
さて一方光に巻き込まれた革とヒルハは…
ってなんか神聖な場所っぽいところに!!
ってヒルハ、まだ創世諦めてないんですか!!

ヒルハの話からすると近くにあるあの神器に
創世をはめ込まないと大変な事になるとの事、
なんかすごくヒルハ、誰かに言いように
利用されている感じがします。
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

ヒルハは今回の話で色々プッシュされていますが
北の神鞘をヒルハが降すなんて事は?

ナチルがアカチに勝利したカンナギに忠誠を誓うのがゴメンなように
ケルタもヤタカを恐れているだけで分かり合ったつもりはないのですかねぇ~
  • 2011⁄07⁄22(金)
  • 09:32
  • [edit]

Re: タイトルなし

> ヒルハは今回の話で色々プッシュされていますが
> 北の神鞘をヒルハが降すなんて事は?
一応、ヒルハは一属鞘なので難しいかと。
むしろその逆はあり得ると思います。
> ナチルがアカチに勝利したカンナギに忠誠を誓うのがゴメンなように
> ケルタもヤタカを恐れているだけで分かり合ったつもりはないのですかねぇ~
むしろビビりまくってわかり合ったつもり云々すら
入ってないかと(笑)。
  • 2011⁄07⁄22(金)
  • 17:10

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1098-2cdc8fda