イナズマイレブンGO!第19話「荒れ狂う海王」感想

自分達以外にサッカー界に革命を起こそうと
考える同士がいる事を知った天馬達、
その事が励みとなりみんなで決勝に備えて練習しますが…
さて今回から新OPですけどイナイレシリーズで
僕好みのOPって限りなく少ないのでまた曲は
好みじゃなかったとだけ書いておきます。
しかし気になるカットが…
一乃と青山復帰&1軍フラグ来ました!!!!!!
この時を待っていたんですよ!!!!!
この2人僕の好みの美少年キャラなんですよね!!!
大人しめな一乃と男の娘臭漂う青山!!!!
こういう好みのキャラがいるから
イナイレは止められないです!!!!

さて本編感想に。
前回いろいろあってみんな練習に精を出しているわけですが…
いよいよ浜野の個性が出てきた感があります。
浜野はノリで行動する雷門メンバーで
天馬達に非協力的だった頃もなんとなく
天馬にパスしたりとノリさえあれば
いつ天馬達側についてもおかしくないキャラだったんですよね。
そしてみんながサッカーを取り戻すと決意した今、
さらにノリノリになった気がします。
これは次の地区予選決勝活躍しそうな気がしますよ。
さて一方の剣城と練習をしている天馬は…
一瞬化身っぽい雰囲気がでましたけど
化身が現れない事からまだ生まれておらず
その一歩手前ってところの印象があります。
しかも当の天馬はディフェンス技と思い
化身の可能性は微塵も考えてないですし
化身を出すのに集中も難しいです。
それに化身と100%断言できるわけでもないですし…。
さて一方、影で久遠達をサポートしている目金は
海王学園の事を調べていて…
って目金のアパート前に謎の影?!!
これやばい感じが!!!!!
って久遠監督!!!!脅かさないでくださいよ!!!
演出音的にフィフスセクター関係者と
思っちゃったじゃないですか!!!!

まあとりあえず目金はちょうど調べ終えたところですね。
果たして海王学園とは…
って選手全員がシード?!!!!
どうやら全員シードのようで
久遠監督はさっそく円堂監督にその事を伝えましたよ!!!
しかし11~16人も化身使いがいるなんて!!!

って?全員が化身使いとは限らない?
剣城が言うにはシードとは化身使いではなく
各校監視の為に送り込まれた者達の事で
シードだからって全員が化身使いじゃないみたいです。
元シードの剣城のように化身使って
力で相手を屈服させるシードもいますが
相手の弱みを握り屈服させるシードとかもいて
化身を使えなくても厄介な選手はいるって事ですね。
まあでも敵は全員シードという事はかなりきつい事ですが…
その暗くなりそうな感じも浜野がノリで吹き払いましたよ(笑)
さすが1度のればとことんマイペースな浜野です。
今やチームのムードメーカーです。
でもそんな浜野と真逆な速水は複雑そうな感じが…
彼は元から気弱で勢いでフィフスセクター反逆に参加しましたけど
未だにこれで良かったかどうか悩み続けているんしょうね…。
さて一方の決勝の相手である海王のキャプテンの浪川蓮助は
きたるべく雷門戦の事で意気込んでいて…
浪川、シードの1人ですけどそこまで悪いキャラじゃない気がします。
シードになった理由も彼らと出会った事で自分の居場所を見つけだし
その恩に報いる為って感じがしますから。
出会う相手が違っていればシードにならなかったと思いますから。
でもこういう恩とかプライドが高い相手は厄介です。
あの性格だから卑怯な手は使わないと思いますけど
正攻法で間違いなく雷門を完膚無きまでに
潰そうとする可能性がありますから。
さて一方練習を終えた天馬ですが帰り道に速水と会い…
って速水が本音を打ち上げた?!!!
まさかまだフィフスセクターに対する恐怖が残っていたとは…
速水もみんなと一緒にサッカーを取り戻そうと決めたと思ってましたけど
レジスタンスとか革命とかそういう単語を聞き
話が大きくなりすぎて不安になっていったんですね…。
まあいきなりレジスタンスとか革命とか
聞いたらこうなるのも無理はない話、
そしてそれを聞いた天馬が速水が止めるのではないかと
不安に思うのも不思議じゃないです。
でも速水は止める勇気もないから今もサッカー部にいている…
まあそんな勇気は必要じゃなく、
それは勇気と呼べないですけどね。
さていよいよ地区予選決勝当日が来て…
ってこのタイミングで青山と一乃復活来ました!!!!
待ってましたよこの展開!!!!!

でもやっぱりフィフスセクターを恐れて退部しただけに
虫の良い話と自分達もわかっているんですね。
でもまああれは仕方がなかった話ですけど…
神童、立ち直ってから心がすごく広くなりましたよ。
今の神童はまさに全てを受け入れて
背負っていくキャプテンそのものです。
それに神童はサッカーを取り戻すという事の
本当の意味を知っていたんですね。それは…
自分達のサッカーを見てもらい
みんなが本当のサッカーを取り戻す事、
それが本当の革命なんですね。
恐怖に縛られず勇気を与える本当のサッカー、
それこそが本当のサッカーなんです。
だからこそ一度は止めた一乃達が戻る事を認めたんですね。
ブランクが気になりますけど仲間は大いに越した事はないです。
そしてついに決勝戦がキックオフされ…
ってさっそく海王の攻めが炸裂しちゃってますよ!!
剣城が一瞬ボールを奪いましたけどすぐ奪い返され
必殺シュート「フライングフィッシュ」で
先制点入れられちゃいましたよ!!!!!

さて早速先制点を入れられた雷門ですけどどう戦うのか…
EDも新しくなりましたけど曲的には前のEDの方が…
でもEDのカットの一乃とか青山とか蘭丸とかは
大興奮なのでそこだけはアリです。
スポンサーサイト
category
イナズマイレブン
genre
アニメ・コミック
theme
イナズマイレブン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1226-5a5dfe62