アラタカンガタリ~革神語~第139話「影」感想

ムロヤの一件で自分の無力さを痛感した革は
少し旅を中断して修行したいと言い出す。
そんな革にヤタカは神鞘達の修行の場
「天ノ石座」を教え、みんなそこで修行をする事に。
しかし天ノ石座の中で革を待っていたのはなんと自分自身、
自分自身に追いつめられていく革だが
そこに何故かセオが現れて…
さていきなり革の前にセオが現れたわけですが…
セオはどうやら天ノ石座の性質を知っているみたいで
それを確かめる言動でもう1人の革を退却させちゃいましたよ。
しかしセオが何故かいたから良かったものの
そのあと気絶したんじゃセオがいなかったらどうなっていたか…
さて一方のカンナギとヤタカも自分自身と戦いを始めていて…
もう1人のカンナギは初期の服装ですね。
でも今のカンナギ相手じゃ役不足すぎて
本物のカンナギ、偽物の自分を
不甲斐なさすぎとキレちゃってますが(笑)

ヤタカの方は圧勝しすぎて逆ギレしているカンナギとは
打って変わりこっちはそこまで余裕はない様子です。
まあヤタカはカンナギのようなパワーで圧すタイプじゃなく
策を立てて神意の力で相手を陥れるタイプなので
同タイプの自分自身じゃ苦戦するのも無理ないです。
仕舞いにはもう1人のヤタカに精神攻撃されちゃってますし(笑)
まあでもヤタカって精神面が弱点と言えば
そうなのでこれを乗り越えれば弱点克服にもなるはずなので
ヤタカにピッタリな相手と言えばそうですけど。
さて一方の革はようやく目が覚めて…
って確かにこれは狙ってます!!!!
一部のファン=腐の付くファンですね!!!!
かくいう僕もこれはすごく興奮しました!!!!
だって傷を治すためであって
決してやましい意味がないと言っても
革の服を捲し上げていたら興奮しちゃいますよ!!!
上半身というのもナイスです!!!
下半身だったら僕でもさすがにアウトでしたし!!!
しかしセオ…さらっと革達着けていた事
ぶっちゃけましたよ!!!!
冗談と後で言ったりしましたけど
秘女族の隠れ里のラストでは
遠くから見守ってましたよね?!!
普通にこっそり着いてきてましたよね?!!
冗談という説得力皆無なんですが!!!!
しかも天ノ石座内にいた理由は
天ノ石座だと最初は気付かず
うっかり中に入ってしまったから。
セオって天然系だったんですか(笑)?

しかし六ノ鞘の領土は秘女王の宮の
周囲だったんですか。
となると秘女王の元に向かう以上
避けては通れないという事になりますね。
さてそんなセオに革はこれまでの事を話して…
革は自分の偽物と遭遇した際に
鬼化した自分を思い出していたんですね。
六ノ鞘の非情さを知り仲間も殺された以上
もし今度戦う時が来たら鬼化のような
感じで戦わないといけなくなるのか…
それが革の今の不安なんですね。
だからこそまずは創世と話せるように…
って創世が革に語りかけて?!!
ってセオの腹話術でしたか!!!!
セオってこんなキャラでしたっけ?

ってそんな時に偽物の革が姿を現して…
さてここで天ノ石座の事が説明されました。
天ノ石座とは自分自身と戦う神鞘の修行の場で
勝てば「神器」の欠片を手にする事ができるみたいです。
そしてその欠片は持つ者の本来の力を
引き出す代物みたいです。
そしてその神器の鞘はサルタと言い、
神鞘に付く属鞘ではなく秘女王直属の鞘みたいです。
鞘ってツツガやナグのようなフリーの鞘、
秘女王に仕える十二神鞘、神鞘に仕える属鞘以外に
神鞘とはまた別に仕える直属の鞘もいたんですね。
しかしそうなると…彼らは革を快く思っていない気がします。
秘女王直属とは言え秘女王暗殺の事実を知っているのは
今は革パーティーのメンバーと六ノ鞘も含む神鞘達、
現実世界にいるアラタ、
秘女族の隠れ里の長の伝令のおかげで
革は罪人じゃないという真実を知った秘女族の人間です。
秘女王直属の中に秘女族の鞘がいるなら大丈夫でしょうけど
必ずしもそうとは言い切れない以上
革を秘女王殺しの犯人だと思う
秘女王直属の鞘がいてもおかしくないですから。
いくらセオが自ら手を降す鞘じゃないと説明しても
だからと言って協力してくれるとも言い切れないです。
まあサルタ以外いるかは知らないですけど
いたら他はどう来るかわからないです。
それはそれとして…
セオ、本当に見守っているだけなんですね!!!
修行に付き合おうと言いながら
本当に見ているだけで治療は任せろ的な感じです!!!

セオ…まさかこんなキャラだったとは…
でも今回の彼の言動で1つわかった事があります。
それはは彼が最後の神鞘の可能性は低くなった事です。
セオは偽物の革に対し自分のいる場所を
確かめるように様子見をしていました。
もし彼が最後の神鞘ならそんな事しなくてもすぐわかるはず、
確かめた上で天ノ石座の中と知った以上、
セオは話自体は知っていても実際に入ったのは初めて、
神鞘の修行の場に入った事のない
神鞘がいるとは到底思えないですから。
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

セオの正体は最後の十二神鞘? 創世? サルタ?
  • 2011⁄10⁄28(金)
  • 20:17
  • [edit]

Re: タイトルなし

> セオの正体は最後の十二神鞘? 創世? サルタ?
創世はちょっと怪しいですけど神鞘かサルタかはないと思います。
記事にも書いたように神鞘なら確かめずとも
あそこが神鞘の修行の場と即座に理解できるはずですし
サルタならなおさらです。
あの最初の確認描写がなければ可能性ありと思いますけど。
  • 2011⁄11⁄02(水)
  • 23:17

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1358-a0da20aa