ハヤテのごとく!第344話「剣野カユラ、かく語りき③」感想

秋葉でオタクエリートな少女、剣野カユラと出会ったナギ、
そんなカユラにハヤテは彼女ならナギにとって
良いアドバイサーになれると頼みますがカユラは何故か断って…

雑談掲示板設置!!
お絵かき掲示板でハヤテの誕生日イラスト、
ワタル、サキ、 伊澄、咲夜のアイコン募集中!!
感想の前に先に書いておく事が。
僕がレンタルしているお絵かき掲示板が緊急メンテナンス中みたいで
今日の夕方には直るみたいですけどもしかたしら
ハヤテの着替え中サービスカットイラストが
間に合わないかもしれないです。
間に合ってもクラウスまで描く時間はないかも知れないです。
ご了承ください。
さて前回、シリアスっぽく何故かハヤテの頼みを断ったカユラ、
まあこれは僕の予想通り深い理由はなかったです。
最初の知り合ったばかりだからとか詳細な方は当たってませんけど
深い意味がないところは想像通りです。
後者のマンガとか読む時間云々は完全に予想通り、
ハズれたとしたらこっちを先に言うと思っていた事です。
さてそんなわかりやすいカユラがアドバイスを
してくれない事に落ち込むナギ、
仕舞いにはあれほど嫌がっていたヒナギクの
アドバイスを聞いた方が…と感じる始末、
そんなナギに対しルカは元気づけようとコスプレを…
ってなにいきなり服脱ぎ始めているんですか?!!
いや、正確にはシャツですけど!!!

というより全く羞恥心を見せないカユラと
自分も全く気にしないハヤテって…
まあ最初の頃はナギの裸見た際に
慌てていたのに今では何の反応もないでしからね。
ルカとか同世代とかなら慌てたりしてますけど。
まあそんな事は置いておいてなんだかんだで
コスプレをやらされたナギ、
昔のヒーローのコスっぽい、
でもオリジンルらしいですけど
少なくとも女性キャラものっぽい感じなので
オリジナルじゃなかくても
なにのコスかわからないです。
そんなナギにこれで元気がでたかどうか
聞くカユラに対しナギはでるか!とツッコミを入れますが…
どうやらこのコスをさせた目的は
ヒーローの気持ち=マンガにとって大事な事と
結びついてきているみたいです。
でもその後のカユラの口から出たのは
ヒナギクと同じ無難なアドバイス…
って違います?!!!!
なんてアドバイスを聞くなって?!!!

なるほど、常識的なアドバイスを元に描いた
マンガは1兆部売るなんて不可能、
常識にとらわれず勢いでねじ伏せろって事ですか。
僕とした事が大事な事を忘れていました。
答えは必ずしも1つじゃないんです。
ヒナギクのアドバイスも確かに正しく
誰にでも受け入れられる可能性が高いマンガが描けます。
でも短所としてそこから先は普通を
大きく超える事もできない壁にぶち当たります。
対するカユラの理論は間違いなく
一部のファンしか受け入れにくい
可能性が生まれるイバラの道でしょう。
でも大きな壁を乗り切る事ができれば
間違いなくファンは自然とついていく事ができる道、
力任せで我が道を行くマンガ家の作品で
人気のある作品にはいくつか心当たりがあります。
その1例を上げてみます。
ジャンプ連載中でアニメも放送中のブリーチ、
我が道を行き、批判されようと自分のやり方を
曲げない久保先生の連載マンガです。
ツイッターできついつぶやきをした事もある先生ですけど
気迫と勢いで人気を出しているのもまた事実、
現に現在やっている死神代行消失篇は
主人公の一護が死神の力を失って
バトル要素が減っている間は人気は下がりまくり
アニメ放送中補正がなかったら打ち切りになっても
おかしくない掲載順位でした。
でも一護が死神の力を取り戻し死神サイドも
再登場してようやく本来のブリーチの
バトルスタイルに戻ったらとたんに掲載順位を取り戻しました。
批判が多いのも事実、でも本来のやり方に
戻ったとたんに掲載順位を取り戻し始めたのも事実、
我が道を行きなんだかんだで人気があるマンガの良い例です。
このようにこういう批判も多いものの
なんだかんだでそれについてきている
ファンが多い作品があるのもまた事実です。
つまりカユラはナギにはそういうマンガ家になれ、
それがカユラのアドバイスなんでしょうね。
ちなみに僕はマンガ家に限らずそういうタイプは嫌いじゃないです。
むしろ好きな方です。
確かに我が道を行くタイプは独りよがりと思われるのは無理はないです。
でも多くの人が批判しようと人は人、自分は自分です。
最近ではレベルファイブの日野社長が
無駄にインタビュー受けまくっている事に
批判している方が多いですけど
少なくとも僕は批判はしないです。
人は人、自分は自分、人のやり方まで
とやかく言う理由ないですし
いくら言おうとも日野社長が自分でやめると
思わない限りはその意思を尊重すべきと思います。
いくら視聴者とか文句言おうと
制作者は制作者、視聴者は視聴者、それは覆せない事、
文句言う権利は誰にもありますけど
文句に応えて自分の考えを曲げろなんて
人のやり方も曲げさせる権利は誰にもないです。
強いて言うなら作者とか脚本家しか
自分の考えを曲げる権利はないです。
つまり全ては本人の意思次第と言う事です。
でも批判者にも不満をぶちまけるなとも思わないです。
不満をぶちまければ作者や脚本家の
考えが変わるなんてよほどの事がないかぎり不可能でしょう。
でも変わらないとわかっていて
ぶちまけたいという考えがあるなら
それも否定しません。
さて個人的な哲学論は置いておいて
カユラの哲学ともしそれで上手くいかなくても
自分が最初の読者になるという言葉で
完全に吹っ切れたようですねナギ。
やり方を変えずに1兆部売るマンガ家になるのは
紛れもなくイバラの道で一か八かの賭けともとれます。
でもナギがその道を選んだのなら
その先になにがあろうとナギはもう後悔はしないでしょう。
スポンサーサイト
category
ハヤテのごとく!
genre
アニメ・コミック
theme
ハヤテのごとく
Relation Entry

Comment

ハヤテって幼女に対して恥じらいがないのは以前から分かっていた事ですが、
何処までやったらあぶないと感じているのかは気になります。
(一樹の件のすぐ後にナギの入浴を見たら流石にマズいとは理解していた事があるので、
着せ替え人形の如く善意で服を脱がして着替えを手伝うなんて事は流石にしないですかね)

どうでも良いですがサキはポンコツ設定なのでワタルが料理を作ってるのですかね?
(もしそうなら見てみたいですよ)
  • 2011⁄11⁄09(水)
  • 12:42
  • [edit]

Re: タイトルなし

> ハヤテって幼女に対して恥じらいがないのは以前から分かっていた事ですが、
> 何処までやったらあぶないと感じているのかは気になります。
> (一樹の件のすぐ後にナギの入浴を見たら流石にマズいとは理解していた事があるので、
> 着せ替え人形の如く善意で服を脱がして着替えを手伝うなんて事は流石にしないですかね)
さすがにセクハラ行為はアウトでしょうね。
> どうでも良いですがサキはポンコツ設定なのでワタルが料理を作ってるのですかね?
> (もしそうなら見てみたいですよ)
可能性からしたらそれに一票です。
なんか初期の頃にサキがミスしない事が変って時に
料理も入っていた気がしましたし。
  • 2011⁄11⁄15(火)
  • 21:29

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1387-a98243b6

常識を打ち破れ。ハヤテのごとく! 第344話「剣野カユラ。かく語りき3」

ハヤテのごとく! 第344話「剣野カユラ。かく語りき3」 今週のヒナギク様 カユ...
  • 2011⁄11⁄09(水)
  • 08:22
  • ヒナギク様に恋してるっ!!

非常識な夢は常識を越えて。ハヤテのごとく! 第344話「剣野カユラ。かく語りき3」

ハヤテのごとく! 第344話「剣野カユラ。かく語りき3」 カユラがナギのアドバイ...
  • 2011⁄11⁄09(水)
  • 08:23
  • タカヒナの日常境界線

今週のハヤテのごとく!第344話

第344話「剣野カユラ、かく語りき(3)」 アドバイザーになることを断るカユラ。 その真意や如何に? ついにカユラが語りだす・・・・・・。 というわけで、ハヤテのごとく!344話いってみましょー!
  • 2011⁄11⁄09(水)
  • 10:04
  • 非日常に憧れて

ハヤテのごとく! 第344話「剣野カユラ。かく語りき2」

カユラは根本がオタですな。コスプレすると元気が出るぞ!だもん。w そして、ありがちな展開。裸を見られても気にしない女の子。 そんな子に出会いたいわ! あとハヤテ。ナギの言うとおりだ。 ...
  • 2011⁄11⁄09(水)
  • 22:00
  • アニメ・マンガを愛する日々。

剣野カユラ やっと語りき、なハヤテのごとく!第344話感想

第344話「剣野カユラ、かく語りき(3)」 一ついえるのは、 どんな現実的な方法であろうと 無茶な考え方だろうと 成功した者が言えばすべて正論ということ なぜなら成功しているから どんな正...
  • 2011⁄11⁄09(水)
  • 23:21
  • ヒナギクちゃんねる!!

第344話「剣野カユラかく語りき?」

こんばんは。けんむろです。 今日は水曜日。 早速ハヤテ感想にまいりましょう。 ナギのアドバイザーになってくれというハヤテの依頼を断るカユラ。 果たしてその真意とは? 単に、知り合って間も...
  • 2011⁄11⁄10(木)
  • 02:59
  • 春風よ、吹け