新テニスの王子様 第6話「心の崖」感想

中学生同士の生き残りをかけた同士討ち、その全ての試合が終わった。
これにより勝ち残った25人は合宿所に残り残りは帰る事になって…

負けた者達の挑戦が今始まる!!!!
DSC03005.jpgDSC03006_20120211053337.jpgDSC03008_20120211053337.jpgDSC03009_20120211053336.jpg
DSC03010_20120211053336.jpgDSC03011_20120211053335.jpgDSC03013_20120211053836.jpgDSC03015_20120211053836.jpg
DSC03016_20120211053835.jpgDSC03017_20120211053834.jpgDSC03018_20120211053834.jpgDSC03019_20120211053833.jpg
さて同士討ちも全て終わったので負けた中学生陣23名は帰る事に…
みんな心境はそれぞれ違う感じですね。
合宿に残れる菊丸や鳳は相棒と別れる事に辛い感じですし
向日のように自分が去るのが納得できないような感じと様々。
そして真田もまた敗者の1人、
しかしやっぱりドス黒いオーラカットは痛いです。
そして僕らの幸村の勇姿が観れないのも残念ですよ!!!!
あの五感を奪うテニスで美形で最高過ぎるのに!!!!!

まあ勝敗が決したカットと真田が去るカットくらいなので
もしかしたら描写されなかっただけで中間辺りで
ドス黒いオーラの一片を出していたらと思うと…
さて残った勝ち組の方は今から練習開始みたいで
中学生だから3時間プラスでメニューをこなしてもらうとの事、
高校生なら3時間ですけどそこに3時間制限時間をプラス、
ぶっちゃけ実力は基本中学生陣の方が上なので
初日だけで後は3時間で良いと思います(笑)

さて再び負け組のバスサイドに戻りますが…
DSC03028_20120211054043.jpgDSC03029_20120211054043.jpgDSC03030_20120211054042.jpg
DSC03031_20120211054042.jpgDSC03032.jpgDSC03033.jpg
それにしても向日とか納得できないと言ってますけど
素直に自分達は負けたのだと言う潔い真田と
やるだけの事はやったしそれに勝った方も
辛かったはずと言う大石は大人ですね。
まあ後者はやる前にダウンしたキャラ(乾)、
相手(木手)に脅され負ける事を余儀なくされたキャラ(甲斐)と
やるだけの事もできずに
負けるはめになったキャラもいますけどね(笑)
DSC03037.jpgDSC03042_20120211054237.jpgDSC03043_20120211054237.jpg
DSC03044_20120211054236.jpgDSC03045_20120211054236.jpgDSC03046.jpg
って急に道の変更?!!!!!
そして止まっておりた先には齋藤コーチと越前と金太郎?!!

そういえばみんな心配していましたね。
それを金太郎は探検って誤摩化しましたけど探検ねぇ…
どちらかというと高校生に喧嘩試合して圧倒して
ようやく徳川達見つけて彼らと試合して
本気出されて負けたって言った方が…
さて齋藤コーチは少しでも力の差を埋めたいならと
山を登るようにと伝えましたけど
まあ確かにいきなり山登れなんて言われたら
納得できるはずもないですよね。
でも越前と金太郎は迷いなく進む、
それは純粋に強くなりたいから、
齋藤コーチが信用できるかどうかじゃなく
そこに強くなる道があるならそこを目指す、
それが越前と金太郎が選んだ道ですから。
さてみんなも渋々山を登る事に…
DSC03049_20120211054449.jpgDSC03051.jpgDSC03059_20120211054448.jpg
DSC03062_20120211054447.jpgDSC03064.jpgDSC03070.jpg
って山って言うより崖ですよね!!!!!
落ちたら一貫の終わりですよね?!!!!!
というより齋藤コーチ、鬼畜無茶ぶり!!!!!
中学生相手に崖登らせますか?!!!!!
しかもそのうちの1人、桃城は手首負傷してますし!!!

でもそんな桃城を抱えて登る事を決めたのが
競い合えるライバルである海棠なんですよね。
真田の後押しもあったとは言え、やっぱり海棠が桃城を助け、
脱落した方がマシと考える桃城に
はい上がるんじゃなかったのかと喝を入れるところはナイスです。
さすが粘り強さに定番がある海棠、
海棠が言うと説得力ありますし桃城も
鬼のはい上がって来い桃城武の言葉も意味をだしてきます。
もしかしたら鬼は最初からこうなる事をわかっていたのかも知れないです。
同士討ちが行われる事を知っていて
自分が手首を壊した桃城が勝てない事も知った上で
それでもはい上がって来いとあの時言ったのではないでしょうか?
まあなんにして頂上へはまだ遠いですけどみんな無事崖を登り終え…
DSC03074_20120211054640.jpgDSC03075_20120211054639.jpgDSC03076_20120211054639.jpgDSC03078_20120211054638.jpg
って桃城、何寝てんですか?!!!!!
暇だったからついって!!!!!
これは海棠、キレても良いと思います!!!!!
というよりキレちゃってますよ!!!!!!!

さて崖を登り終えた負け組、するとボロボロの橋が…
DSC03084.jpgDSC03085.jpgDSC03086.jpg
DSC03087_20120211054911.jpgDSC03090.jpgDSC03091_20120211054910.jpg
まあこのメンツで一番要注意は田仁志ですよね(笑)!!
だって他の面々より田仁志1人が乗っただけで
橋が壊れてもおかしくないですから!!!!!
というよりみんな、田仁志をジーっと見てますよ!!!!
そして田仁志、きちんとみんな渡り終えてから
橋に乗ってください!!!!!!!!
自分の体重と見た目とか考えましょう!!!!

ギリギリ橋が耐えれたから良いもののもし耐えられなかったら…
って鷲が乗った事で耐えきれず壊れちゃいましたよ!!!!
これなんてギャグ展開ですか!!!!!!
DSC03095_20120211055135.jpgDSC03097_20120211055134.jpgDSC03100.jpg
DSC03103_20120211055133.jpgDSC03105_20120211055132.jpgDSC03106_20120211055131.jpg
まあなんとか助かりましたけど今度は野獣?!!!
言いえ野生に帰ったユウジです(笑)!!!!
というよりなんで野生に帰っているんですか!!!!!
って普通の天才の財前も来ました!!!!!
天才ですけど手塚には足下も及ばず
ダブルスなのに自分達が入れるレベルじゃなかった
普通の天才の財前です!!!!!

DSC03108_20120211055453.jpgDSC03110.jpgDSC03111_20120211055452.jpg
DSC03113_20120211055451.jpgDSC03114_20120211055451.jpgDSC03117_20120211055450.jpg
というより財前は面倒だから不参加したみたいですね。
でも結局、小春が心配なユウジに
付き合わされるはめに(笑)
そして迷ってユウジの野生の感に頼っているうちに
ユウジは野生に帰ったって(笑)!!!!!
でもユウジは小春の愛に復活!!!!!
良い話っぽいですけど完全にコントです(笑)!!!!

さていつの間にか付き合う事になった財前の情報で
頂上に行く為にはどうしても崖を登らなくてはいけず…
DSC03124_20120211055721.jpgDSC03125.jpgDSC03127_20120211055719.jpg
DSC03128_20120211055719.jpgDSC03132_20120211055718.jpgDSC03133.jpg
宍戸が弱音を吐くとなると相当辛いんでしょうね。
なんの説明もなく山を登るように勧められ
田仁志の体重+鷲のせいで吊り橋から落ちたり散々でしたし。
本当にこの先に何かあるのか?
それすらも疑問に抱くのも当然の話ってもんですよ。
それでも越前はこの先に強くなれる何かがあると感じ
迷いなく登り続けるんですね。
それは確信とかそんなものじゃなく強くなれるなら
それが確信じゃなくてもひたすら信じ突き進む、
迷うのは愚問って事ですね。
DSC03134.jpgDSC03139.jpgDSC03143.jpgDSC03147.jpg
っていきなり頂上からテニスボールが?!!!
落ちてくる大量のテニスボールが
越前達が登る崖の地面を容赦なく削ってますよ!!!!
崖とは足場が不安定なもの!!!!
足場を壊されたら前に進みづらいですし
それだけ落ちる可能性も!!!!
って桃城が落ちました?!!!
でも真田がしっかり受け止めてくれましたよ!!!

DSC03154.jpgDSC03155_20120211060133.jpgDSC03157.jpg
DSC03158_20120211060132.jpgDSC03159.jpgDSC03162_20120211060131.jpg
真田の方の覚悟はもう決まったみたいですね。
まるで自分達をバカにするかの如く起こる試練、
真田はその試練で自分達を見下す者を見返し
完膚なきまでに叩き潰すという決断に至ったみたいです。
こういうどんな相手でも本気で迎え撃つ考えは実に真田らしいです。
そしてそんな真田の言葉でまとまる負け組メンバー。
さすが立海大副部長で幸村不在の時は
自分が立海大をまとめていただけの事はあります。
今回のMVPは確実に海棠か真田ですよ。
さて一致団結し負け組全員、なんとか崖を登りきって…

DSC03163_20120211060425.jpgDSC03164_20120211060424.jpgDSC03166.jpg
DSC03167_20120211060423.jpgDSC03168.jpgDSC03169.jpg
って倒れている人の山に謎の人影?!!!
ついにあのワイルドのコーチ登場ですか?!!!!
スポンサーサイト
category
テニスの王子様
genre
アニメ・コミック
theme
テニスの王子様
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1558-676ace3b

新テニスの王子様 第6話「心の崖」

 真田さん、ほんとに高校生ですか? 以下新テニスの王子様 第6話「心の崖」の感想
  • 2012⁄02⁄11(土)
  • 10:42
  • こう観やがってます

新テニスの王子様 第6話 「心の崖」

第6話 「心の崖」 山登ってただけだけど、いろいろ詰め込んでたなって感じでした。 真田と幸村の試合は回想1カットだけってwww 負け組さんは強制退場。それぞれここで終わりたくない気持ちは...
  • 2012⁄02⁄11(土)
  • 11:10
  • いま、お茶いれますね

アニメ感想 新テニスの王子様 第6話「心の崖」

アニメ感想 新テニスの王子様 第6話「心の崖」
  • 2012⁄02⁄11(土)
  • 14:44
  • 往く先は風に訊け

新テニスの王子様(アニメ感想/♯6)

第6話:心の崖 青春だなぁ。 って…これは事件だね(笑)。 まだ義務教育の子達に何をさせてるんだ~。 「スポ根」で片付けてしまえばそれまでですが(^ ^; 私の中でのテニプリは、「実力者の主人公がク...
  • 2012⁄02⁄11(土)
  • 19:29
  • 白昼夢を見ていた様な…

新テニスの王子様 6話 「心の崖」 感想

タニシでかくて入らねぇwww なんか勝者に見送られて帰るのってなんかヤだな それにしても越前と金太郎はどこいったんだ……。
  • 2012⁄02⁄13(月)
  • 21:41
  • 今、最高か――。

新テニスの王子様 第6話 「心の崖」

新テニスの王子様 第6話 「心の崖」 同士打ち戦での敗者達はバスで合宿所を去り…勝者は超~ハード特訓が待って いた!『高校生どもは3時間あれば十分だか、お前らには特別に倍の時間を 与えてやって...
  • 2012⁄02⁄13(月)
  • 23:43
  • ★アニメ三昧★