BLEACH第363話「激闘!死神vsXCUTION!」感想

多くの死神達の強力を得てついに死神代行として復活した一護、
今回の一件の黒幕は元死神代行である銀城空悟と言う事を聞かされる最中、
銀城は仲間のエクスキューションメンバーに
奪った力の一部を渡しそれぞれ1対1の戦いへと突入して…

17ヶ月の時を得た死神達の力が今放たれる!!!
さて銀城と対峙している一護ですけど…
って石田、いたんですね。
どうやら一護の力が復活して銀城達と戦っている間に
織姫に治してもらったみたいです。
まあ過去改変されていても洗脳されたわけじゃないですから
織姫が傷つき倒れた石田を治したのは当然でしょうね。
そして石田は前々から一護より前に死神代行がいた事を感づいていたとは。
でもここで気になるのは石田が言った2択のどちらでもない
第3の選択肢が事実だった場合の時ですね。
一護は調子さえ戻ればとことん自分ペースですけど
それが崩れたら力が復活する前の時のように
精神不安定に陥ってもおかしくないですから。
さて一方のギリコを倒した剣八は先に部屋から出ていて…
ギリコはもう運が悪かったとしか言いようがないですね。
あの更木剣八が相手だったわけですし。
まあ剣八からしたら退屈な相手だったとしか印象はないでしょうけど。
あと、やっぱりやちるも着いてきていたんですね。
見た目は子供ですけど完全に剣八の保護者です(笑)
やちるがいないと退屈だからと即帰っていったでしょうし(笑)
さて剣八が部屋から抜け出した頃、
他の死神勢はそれぞれフルブリンガー達と戦っていて…
我らが日番谷は雪緒を相手にしているようですけど
雪緒は周辺を操作して襲いかかってくるので
日番谷の前に姿を見せないんですね。
そして余裕を見せているかの如くゲーム脳前開で挑発、
パワーアップするかどうかは置いておいて
本当に雛森を誘拐でもしていたら間違いなく命なかったでしょうね雪緒。
ルキアの方はリルカと対峙しているようですけど
こっちも姿を見せず翻弄されているようですね。
まあそれはそれとして…
ルキア、惑わされないと言いつつ
しっかりリルカが撃った人形達に
惑わされているんですが!!!!
説得力全くなさ過ぎますよルキア!!!!!
これに隠れているリルカも呆れ気味(笑)!!!!

しかし本気で撃つとか呆れながら言っている辺り
リルカは本気で倒すつもりはないようですね。
まあリルカは他のエクスキューションの面々同様にグルでしたけど
一護の力を受け取るかどうかでは興味はなかったようで
今、手にしているのも強制的って感じでしたし
他のメンバーのように本性は野心全開ではないのでしょうね。
むしろ過去操作されていた時から素と言って良いですし。
続くは白哉サイドですけどこっちの相手は…
そう、一護を精神的に追い込み能力は
えげつない事この上ない月島なんですよ。
そして白哉は月島のそういうやり方を快く思っていないみたいです。
何気にこの戦いはアニメで楽しみにしていた戦いの1つなんですよね。
続いて一角サイドの方は獅子河原と対峙し彼の能力を直撃してますけど…
って外れた肩を筋肉だけではめ直したって!!!!
どんだけ鍛えているんですか一角!!!!!
さすが十一番隊3席にして実は卍解できる死神、
常識を軽く超えてきます(笑)
これは獅子河原がひるむのは当たり前かと(笑)

そして最後に恋次の方ですけどこっちはジャッキーと戦っていて…
ここで1つ残念な事はやはり檜佐木の実は現世で
バイク買ってソウル・ソサエティまで持ち帰ったという
話を恋次がする描写をカットされた事ですね。
あのシーン結構楽しみにしていたのですが…。
まあそれは置いておいてジャッキーもまたパワーアップしているんですね。
ダーティーブーツは今までブーツが汚れる度に強化されてましたけど
パワーアップした事でブーツだけでなく全身が汚れてもパワーアップができるとは…。
でもそんなジャッキーの攻撃をもろに受けても
全く動じない恋次の成長っぷりも半端ないです。
女相手に先に仕掛けない意外に紳士的な態度でしたけど
ジャッキーの攻撃を直撃してもあまり効いてなく
さらにジャッキーを一撃で倒すとは…
しかしやっぱり愛染関連の内容については未だに謎なんですよね。
愛染に勝つ為に17ヶ月間鍛錬した賜物みたいですけど
愛染は17ヶ月前の戦いで力を失い封じられた存在になったはず、
今更、愛染にこだわるのはどういう意味があるのか…。
しかしどちらか死なないと出れないとは
雪緒、おとなしい顔してえげつない設定を…。
でもそんな危機的状況でも女相手にとどめはささないという
信念を持っているのが恋次、
とどめをささず2人一緒になんとか抜け出そうと考えますが…
ってジャッキー、一体何を?!!!!
どうやら自爆らしいですけど
ジャッキーは出会い方が違えば
一護の本当の仲間になっていたと思いますし
恋次と戦う事もなかったかも知れないです。
ジャッキーも可哀想なキャラなんですよね…。
悲惨な過去だけでなく仲間にも恵まれてないとは…。
そして恋次がとどめをささないから
一緒に消滅させようとした雪緒ですけど…
そこについに日番谷が到着しましたけど
こっちもギリコ同様に本性を表してますね。
相手を挑発し良くしゃべる少年、
挙げ句にこの空間では自分は神と言う、
どこのライトですか雪緒。
それと雪緒、日番谷をエリートとか皮肉ってますけど
雪緒が思っている程良い人生を送ってないですよ。
日番谷は確かに天才肌で最年少の隊長格です。
でも死神になるように勧められる前は
育てのおばあちゃんを無意識のうちに殺しかけたり
隊長格になっても幼なじみの雛森を守りきれなかったどころか
自らが傷つけてしまったりとそんなに良い生き方じゃないんです。
でも愛染と違い雛森関連じゃないからか常に落ち着き
逆に雪緒の冷静さを奪いましたよ。
的確に確信を着き雪緒が勝手にしゃべっている間に
戦闘不能にまで追い込むとは…。
とどめはささないですけどそれは情けではなく
5分以内に部屋を解除したら命だけはとらないという交換条件のため、
恋次の時と同様にこっちも圧勝と言って良いですね。
続くは一角VS獅子河原戦ですけど…
一角は鬼灯丸が折られた事に驚きましたけど
獅子河原の能力は運良く物を壊せるものというのは理解したみたいですね。
さてならどう戦うのか…
って素手でやり合う気ですか!!!!!!
でもそういう常にタイマンを意識しているところが実に一角らしいです。
獅子河原もジャックポット・ナックルで応戦しますけど
ここで自らも理解してなかった弱点に気づき…
それは連続で使い続けると運が下がり出目が悪くなるという事、
基本的には強力で厄介な能力ですけど
連発しすぎるとさすがに効力も薄くなるんですね。
つまり相手が中々倒れないタイプにはきわめて相性が悪い、
本当に一角が言うように運が悪かったとしか言いようがないです。
さてこれで3つの戦いが終結したわけですけど白哉と月島の戦いは…
こっちは月島が白哉を揺さぶったり
白哉が千本桜を発動したり今まさに始まったばかりの様子、
次回はこの戦いがメインっぽいので楽しみです。
エクスキューション事典は最終回っぽいです。
最後は…とりあえずリルカは寂しがりやでもあると。
スポンサーサイト
category
BLEACH
genre
アニメ・コミック
theme
BLEACH
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1609-cdfff171

2012年3月第一週のアニメ(BLEACH)

・BLEACH 第363話「激闘!死神vsXCUTION!」 原作範囲は53巻の第464話から第468話冒頭まで。 今週は一気に恋次達が3人の完現術者を撃破!……ということで〆でしたな。 アニメがこの章で打ち切り...
  • 2012⁄03⁄06(火)
  • 22:58
  • 日記・・・かも

BLEACH #363「激闘!死神vsXCUTION!」感想

疎ましく思ってきた力が支えだった!誰にも邪魔はさせない。「激闘!死神vsXCUTION!」あらすじは公式からです。エクスキューションの面々と戦いはじめる死神たち。雪緒の操作によって...
  • 2012⁄03⁄07(水)
  • 12:52
  • おぼろ二次元日記

BLEACH 第363話「激闘!死神vsXCUTION!」

「兄が一太刀を振り終える前に  私は兄を斬って捨てる」 死神メンバーvs完現術メンバー! 雪緒が作り出した空間で、それぞれ戦う事に!    【第363話 あらすじ】 エクスキューションの面々と戦い...
  • 2012⁄03⁄07(水)
  • 20:48
  • WONDER TIME

◎BLEACH第363話「激闘!死神vsXCUTION!」

〓イチゴと、ギンジョウが同じフィールドに。イシダ:悪いけど、1-2だ。 :朽木さんを助けて戻ってきた時、君の前にも代行がいたと教えるべきだった。 :考えた時にいうべきだ...
  • 2012⁄07⁄23(月)
  • 21:44
  • ぺろぺろキャンディー