クロスファイトビーダマン第22話「無敵のドラゴンタッグ!!」感想

クロスファイトの命運をかけたバトルを前にレイジとバトルをし、
その戦いの影響でイグルが戦える状況じゃなくなった
ユキヒデの代わりにスバルがカケルのパートナーに名乗り出た。
そしてついにクロスファイトの命運をかけたバトルの時が…

これぞ究極のドラゴンタッグ!!!!
さてクロスファイトの命運をかけたバトルに備え
最後の練習に取りかかる両チームですが…
ナオヤの方はダイキの事も駒としか見ていないんですよね…。
超ミラクルショットを生み出す技術は確かにすごいですけど
その為にダイキを縛り付けるというのは…。
ダイキだってナオヤの命令通りだけやるなんて
楽しいとは思えないでしょうし…。
そしてカケルとスバルサイドはナオヤサイドとは正反対、
カケルはナオヤと違いパートナーを信じていて
なおかつバトルを楽しんでいるわけですから。
スバルだって表には出さないですけど
きっとカケルを信じているはずです。
さてついにバトルが始まったわけですがダイキは
ナオヤの命令通りいきなり一閃牙を放ち…
そう!!!まるでビリヤードの如く反射!!!!!
そのビーダマの反射によって生まれる竜巻に
ナオヤのショットが加わる事で相手選手すら吹き飛ばす
超ミラクルショットと化すんです!!!!!!

さっそく1点先制されたカケルとスバル、
衝撃波対策を実行しますけどそれも
協力な超ミラクルショットの前には無力で
超ミラクルショットによって発生する暴風にカケルが巻き込まれ…
まさか気絶?!!!!!
これってやばいです!!!!!!!
スバルは確かに強いですけど2対1で
おまけにナオヤとダイキは共に実力者なわけで
いくらトップクラスのスバルでも
これは劣勢に追い込まれますよ!!!!

でもやはりナオヤはダイキを利用できるだけのコマとしか見てないです…。
ダイキが一閃牙を放てなくなるとわかると
用済みのごとくラウンドタイガルと合体、
パーフェクトドラグレンにするなんて…。
合体とは理由できなくなったからするわけじゃないのに…。
しかしパーフェクトドラグレンの性能は
明らかにスバルのレプドラヴァイスよりも上、
スバルの実力だから持ちこたえる事ができてますけど
やはり1人では持ちこたえるのがやっと…
さて一方気絶していたカケルですが
スバルと出会った頃の事を思い出して…
そういえばカケルが最初に出会ったクロスファイトの選手がスバルで
彼との出会いがカケルの人生を大きく変えたと言っても良いんです。
というより何気にカケル×スバル来ましたぁぁああ!!!!!
さらっとどんだけスバルを大きな存在として
見ていたんですかカケル!!!!!!
これライバルとかの域超えてますよね?!!!!!
でもなんとか目覚めて戦線復帰!!!!
これならいけます!!!!!
確かにナオヤは強いですし強敵です!!!!!
でも仲間すら手駒としか認識がなく
最初から1人と言って良いナオヤに
絆がきちんとあるカケルとスバルを
相手に勝てるはずがないです!!!!
心を1つにできる仲間がいない、
それがナオヤの最大の敗因と言って良いでしょう!!!!

さてナオヤ達に勝利し後はナオヤ達に処罰が降るだけですが…
ってカケル、ナオヤ達の処分はクロスファイトの
参加資格剥奪から1ヶ月の謹慎でって?!!!!!!

どうやらカケルはユキヒデとレイジのように
いつかわかり合えると思っているんですね。
ナオヤがやった事は許せる事じゃないですけど
そんなナオヤを許せるのがカケルらしいかと。
天宝院会長達もクロスファイトを救ったのは
カケル達だからとカケル達がそれで良いならと許可してくれましたし。
謝罪と謹慎処分で済んでよかったですねナオヤとダイキ。
さて黒幕ナオヤを倒しクロスファイトの危機を救ったわけですけど
次の展開は果たして?
スポンサーサイト
category
クロスファイトビーダマン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1617-aead10d1

◎クロスファイトビーダマン第22話「無敵の...

=ナオヤ&ダイキxカケル&スバルダイキが連射。そして、ナオヤが必殺技でいっきにぬく。ダイキが余計なことして一点とられる。そして、同点に。さらに逆転される。カケル、衝撃で...
  • 2012⁄08⁄02(木)
  • 02:40
  • ぺろぺろキャンディー