アラタカンガタリ~革神語~第159話「鬼化」感想

ナグの劍神「白堊」の力で多くの子供達と楽器を生み出し
キクツネの音波の結界を破ったものの
キクツネの力の前に苦戦を強いられる革、
しかしアイポットの充電も切れ絶体絶命になりかけたその時、
街の住人達が立ち上がり一斉に音楽を奏でて難を逃れる事に成功する。
しかしそんな中、キクツネはついに完全な鬼化をして…
さてついに鬼化を見せたキクツネ、
確かにこれはまさに鬼化に相応しい姿ですね。
革が鬼になりかけた時は怒りに任せた修羅という感じでしたけど
完全な鬼化は文字通り完全に人間を捨てた姿なんですね。
それと心無しかキクツネの鬼化はキツネを模した鬼のような気がします。
まあ名前がキツネっぽいからでしょうけど。
しかし完全な鬼化なだけあってその力も圧倒的ですね。
おまけに装甲も固い為に創世の力で鬼化解除も不可なわけですし。
そしてそんな戦いを見つめる上空にいる門脇、
革の実力を伺っているのでしょうか?
それとも鬼化の力がどれほどか確認しただけなのか…
さてキクツネに苦戦する革はキクツネに捕まり…
やはりキクツネは革に自身の中に眠る鬼としての
感情に揺さぶりをかけてきましたね。
そしてさらっと自分も向こう側に人間という事も語ってますけど
こっちはまだ革には真意は伝わってなさそうです。
まあ今の状況からは自分達と同じ世界の住人とは結びつかず
同じ鬼が心にいるというとらえの方が強そうですしね。
さらにキクツネの攻撃で楽器屋も子供達も消滅してしまい
絶望的な状況となったわけですが…
って鼓膜が解放されました?!!!!
ってまさかのカダカ?!!!!!
まさかここでカダカが解放してくるとは!!!
思えばカダカと言ったら感情を取り戻してからは
楽器萌えなところばかりでしたけど
こんな美味しいとこ取りをするとは!!!!

でもこれでみんなも音や声が聞こえるようになったわけですけど…
でも初っぱなから悪口で喧嘩するってカンナギとヤタカ!!!
なんかこの2人の鼓膜だけはもうちょっと
後で解放した方が良かったかも知れないです(笑)!!!

さて鼓膜が解放されたみんなにタギリは協力を要請しますが…
でもさっきの音波攻撃で子供も楽器も全て消滅してしまったんですよね…。

でもまだ1つ残っているものがあります!!!
それは自身の声!!!!つまり歌です!!!!
歌というのはその気になればどこでも歌えますし
楽器に頼らなくてもできるシンプルなもの!!!!
みんなの協力でキクツネから革を救うんです!!!!!
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

もしキクツネが降されるとなると鬼にならないと決めてる革ではなくて
鬼に近づいてる門脇ですかね~
  • 2012⁄04⁄11(水)
  • 20:18
  • [edit]

Re: タイトルなし

> もしキクツネが降されるとなると鬼にならないと決めてる革ではなくて
> 鬼に近づいてる門脇ですかね~
それは十分あり得ますね。
  • 2012⁄04⁄15(日)
  • 09:49

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1686-92584d79