クロスファイトビーダマン第30話「激闘! イーストGP」感想

ついに開始された新たなクロスファイト「GPグランプリシリーズ」
そのイーストGP大会に出場したカケル、しかし新たなライバル、
アスカに完敗し挙げ句の果てに予選敗退をしてしまう。
しかしカケルが予選敗退しても大会は終わったわけじゃなく…
anPkWBLHhHdVmi9_20120506075853.jpg
BSVne12cSh24i5G_20120506075852.jpg
さて前回、見事に噛ませ化して予選敗退となったカケルですけど
それでもイーストGP大会は止まらないんですよね。
予選を突破できた8名はスバル・カイト・ユキヒデ・
オウガ・ダイキ・バサラ・アスカ・リュウジ。
普通にゴウイチロウとシュモンとレイジは同じく予選敗退っぽいです。
そしてそんなゴウイチロウとシュモンもカケルと一緒に
今回は観戦のみみたいですけど確かにカケルからすれば
観戦のみって新鮮なんですよね。
思えばカケルって代表になったり代表代理になったりと
クロスファイトで目立ってましたから
こういう観客席で観戦のみって今までなかったんですよね。
それに今回予選落ちでもあと3大会残っているわけですし
チャンスはまだまだ残っているんですよね。
そしてクロスファイトの参加に憧れるナツミ、
まあナツミもまだチャンスはあるでしょう。
ワンサイドラピットがしゃべれるようになったらですけど(笑)
さてカイト達の本戦が始まる前にみんなに
リュウジの紹介をしたわけですが…
そういえばプロトゼロ1は量産型の
動物とかまったくモチーフじゃないのにしゃべるんですよね。
故にBアニマルは発動しないっぽいです。
それって必殺ショットがどうなるかわからないですね。
それと話から察するとリュウジ以外にもプロトゼロを使う
クロスファイト参加者は結構いるっぽいですね。
こういうのってモブキャラの量産機は話にまったく
絡まないのが良くある展開ですけど量産機が絡むって珍しいですね。
でもその謎の先に何かあるのは間違いないでしょう。
さていよいよイーストGP本戦第1試合
カイトVSアスカの試合が始まって…
しかしグリップバレルを強調するのは結構ですけど
アスカ相手じゃ噛ませになる可能性が…
iC99EpsmdzwVxxz_20120506075932.jpg
そして案の定ドリフトジャッカーのもう1つの性能発動!!!
ドリフトジャッカーはカーブショット以外に
バックスピンショットも得意のビーダマンなんです!!!!
それにより球は勝手に戻ってきて回収も早く済ませる事ができ
なおかつ相手は下手に攻める事が無理になるんです!!!!

まあそれは冷静に考えて落ち着いて戦えばなんとか…
iYyyvMBalkFCgxZ_20120506075931.jpg
ってアスカのカーブショットの派手さに
釣られないでくださいカイト!!!!
今回の敗因は間違いなく派手さでつい対抗したからですよね?!!
落ち着いて対処してたらまだチャンスありましたよね?!!!

他の第1試合の方はスバルとバサラは予想通り勝つ事は想定内でしたけど
まさか量産型でBアニマルが使えないリュウジが
あのタイガを破って2回戦進出は予想できませんでしたよ。
てっきり1回戦敗退とばかり思っていたもので。
uxLN_BYqHlP71Ff_20120506075930.jpg
その後はスバルがリュウジを破り、バサラがアスカを破って
3位決定戦ではアスカがリュウジに勝利したっぽいです。
まあさすがにアスカには勝てなかったわけですけど
それでもベスト4になるとは大したものですよリュウジ。
さてそんなベスト3決定戦も終わりいよいよ決勝戦である
スバルVSバサラのドラゴンタイプ同士の戦いの時が…
スバルとドラヴァイスはまずは
バサラとドラゼロスの実力を見極める策に
対するバサラはドラゼロスのツインショットの
連射で一気に攻めてきてますね。
スバルの方はそんなバサラの速攻に冷静に対処し
スバルの方がバトルスタイル的に言えば有利っぽいですけど…
基礎体力やパワーでは圧倒的にバサラの方が上なんですよね。
そこから逆転される可能性は大いにあります。
そんな中、スバルは2ポイント先取、
バサラは勝負を仕掛ける為にあえて
3ポイントをまとめてとれる状況を作り出して…
wNr9JI_Tf_Ei_iP_20120506075929.jpg
xTy0yHrG25Ce2BZ_20120506075928.jpg
やはり純粋なパワー勝負では圧倒的にバサラの方が上みたいですね。
連射でパワーに対抗できこそできますけど
バサラのパワーはこれまで出て来たキャラの中でも
かなりずば抜けてるわけですしスバルはなんとか踏みとどまり
わずかに圧されてる感じですね。
対するバサラもスバルの連射に対抗しパワーを重視してますけど…
ってドラゼロスがバサラにここまでと?!!!
どうやら奥の手は最後までとっておく派ですねドラゼロスは。
バサラは不服そうですね何気にやっかいなコンビですよこれは。
バサラは有り余った力を爆発させるタイプで
ドラゼロスはそのパワーを利用すると同時に
バサラにはない冷静さを兼ね備えているわけですし。
結果としてスバルの優勝で終わりましたけど
バサラとドラゼロスはまだまだ油断ならないですよ。
スポンサーサイト
category
クロスファイトビーダマン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1734-df5d7819

◎クロスファイトビーダマン第30話「激闘!イ...

カケルは予選落ちして観戦することに。ナツミ;出てみたいな私も。リュウジ:カケルさんを先輩だと思ってるんだ。プロトゼロワンはビーアニマルがいないのにしゃべるらしい。カイト...
  • 2012⁄09⁄22(土)
  • 21:13
  • ぺろぺろキャンディー