國崎出雲の事情 第百幕「大人には大人の 子供(ガキ)には子供(ガキ)の!」感想

幸嶋庵寿郎がやる阿古屋の舞台を観て発情してしまった出雲、
そんな出雲は庵寿郎に感想を告げますが
庵寿郎は出雲に一緒に阿古屋をやらないかと誘って…

祝!!連載100話目!!!!!
雑談掲示板設置!!
お絵かき掲示板で皇加賀斗のアイコン募集中!!
さて今週号で出雲の連載はついに100話突破!!!!
センターカラーですけど出雲の同性ハーレムが
良い具合に表現されてますよぉぉおおお!!!!!!
もう誰がどう見ても同性ハーレムです!!!!!!
さすが出雲!!!!サンデーで違った道を突き進んで
尊敬の念すら覚えてきますよぉぉおおお!!!!!!

ただ残念なのはせっかくの100話目なのに
なんの企画もない事ですね。
出雲ってグッズとか何気にサンデープッシュされてる作品ですし
公式人気投票とかやってくれても良いと思うんです。
連載から100話、いろんなキャラ達が次々でてきたわけですし。
さて本編の方は前回、庵寿郎が堂々と出雲に一緒に
阿古屋をやろうと誘ったわけですけど…
まあ見事に断ろうとしますね出雲(笑)!!!!!
でも庵寿郎の正論に言い返せないところが!!!!
確かに客受けと白木に伝える事に成功したと言っても
あの一件で仕事キャンセル続出でそこを攻められると
出雲も言い返せなくなりますね(笑)
終いには理由はどうあれ舞台に立てるなら
それこそ男の中の男と論される程ですし(笑)。

口での勝負は惨敗といったところでしょう。
そんなわけで庵寿郎と阿古屋で共演する事になった出雲ですが…
って結構ノリノリなんですが出雲ぉぉおお!!!!
でもそういう表情もまた可愛くてぇぇえええ!!!!!
よく考えればってつまりツンデレなんですねぇぇえ!!!!
最初断ろうとしたのにいざ決まればノリノリですからぁぁああ!!!!

まあでも上達率と飲み込みの早さはさすがですね。
初期の時からの見込みの早さは四季兄弟子ズも驚いてましたし。
その飲み込みの早さと上達度は加賀斗も1度
庵寿郎に見てもらえばと言ってくれるほどですしこれなら…
ってダメなんですか庵寿郎?!!!!
というより女形モード!!!!!!

庵寿郎のダメ出しよりもじいちゃん状態と
女形モードのギャップに戸惑いの方が…
だってあまりに別人過ぎて戸惑ってしまいますから。
前回の感想でも書きましたけど歌舞伎役者恐るべしです。
まあ確かに身内なら可愛いから贔屓目に見えるというのは
わかる意見ですけど菅原兄弟からしても贔屓目じゃなくても
十分な上達スピードみたいですね。
なら庵寿郎は何の為にここまで厳しく?
松樹の話から庵寿郎って加賀斗のように養子で
幸嶋屋に入った人物だったんですね。
そんな庵寿郎が今や自身しかできない阿古屋の看板役者で
大御所役者とはどれだけの努力をしてきたのか計り知れないでしょうね。
松樹は阿古屋に並々ならぬ想いがあるから
庵寿郎はかなり厳しくしてるからと想像してますけど…
ってここで条寺先生に演奏を見て
聴いてもらえばって柚葉?!!!
確かに条寺先生は歌舞伎好きでキャラの中では厳しい方で
条寺先生なら的確に駄目なところを見抜いてくれます!!!!
でも条寺先生は女豹ですよ?!!!!
肉食系女教師ですよ?!!!!!
下手したら出雲が食われちゃいますよ?!!!!
玄衛に次ぐ敵に回したくないキャラですよ?!!!!
それとその意見、柚葉は自分で自分の首締めてますよ?!!!
柚葉と言ったら出雲作中に置いてもっとも影が薄いキャラ!!!!
柚葉が超えた眼の客目線で感想を言えば良いのに
それを条寺先生に振るとは!!!!!!!

どうやら柚葉は自ら影の薄い道を選んだっぽいです(笑)
さて柚葉のアイディアから早速、出雲は条寺先生の下に…
って早速勘違いしちゃってるんですがぁぁああ!!!!!
でも出雲の伴奏時の表情とか破壊力抜群だから
条寺先生が興奮するのも無理ないですけどぉぉお!!!!!

しかし条寺先生にも出雲の伴奏は高評価みたいですね。
しかもなんだかんだで出雲に足りないのは
三味線を楽器として使っているからとアドバイスしてますし。
まあでもすかさず出雲を狙いに来てますけどぉぉお!!!!
アドバイスするのは良いですけど絶対に口実ですよね?!!
表情とか出雲に近づく表情が完全に教師じゃなく
完全に変態の表情でしたよね?!!!!!
でも本格的にやばい出雲もまたぁぁああ!!!!!
それと条寺先生の隣の教師、
完全に引いてますよね?!!!!!!

まあそんな事もあったものの学校も終わったので庵寿郎の下に向かって…
しかし三味線の入ったケースを抱える
出雲もまた小動物チックでぇぇええ!!!!!!
あぁ、なんでこんなに可愛いんでしょうかぁぁああ!!!!!

それにしても庵寿郎の出雲に共演持ち掛けたのはやはり独断でしたか。
そしてそれにやはり幸嶋屋の役者の何人かは快く思ってないっぽいですね。
伝統が何より大事な頑固者ばかりと思ってましたけど
あの黒髪の幸嶋屋の役者のように出雲と共演したら
干されてこっちの仕事も減ると恐れているものの少なくはないんですね。
でも個人的に気になるのは黒髪の役者じゃない方、
つまり古典より庵寿郎の芝居が好きと言った幸嶋屋役者の方です。
僕好みの養子!!というのもありますけど
あのキャラって確か初期に紗英が言っていた
今の歌舞伎界を牛耳る若手役者の中にいましたよね?
雰囲気的に似てますし、なんか庵寿郎同様に
キャラ立ちしたキャラデザですから。
雰囲気的に庵寿郎の芝居に惹かれてって感じで
庵寿郎同様に古典より面白いもの好きって感じもしなくはないですから。
まあそこはこれからの展開に期待しつつ
庵寿郎の人生も語られたのも印象的です。
庵寿郎って温厚そうに見えて実は野心家の一面も強かったんですね。
だからか今の地位にいるのでしょうね。
庵寿郎の野心は歌舞伎界を変える事、
前に庵寿郎は伝統芸能は文化と同時に怠惰だと言ってましたけど
それは庵寿郎自身の野心と願い出もあるんです。
いくら高い地位にいようともそれだけで変えれるものじゃないですから。
庵寿郎が一癖も二癖もある大手役者はわかっている事ですけど
新人が必ずしも癖が強いとは限らないですし
歌舞伎界を大きく動かそうとかする役者って早々いないんですよね。
まあ中には薊清良のようなケースもありますけど
清良達の場合は役者潰しも一緒にしてたのでやり過ぎでしたし、
そういうのを除外するとかなり少ないケースっぽいですから。
でもそんな時に出会ったのが國崎出雲なんですね。
しかし一目で自分に似ている役者と感じたとは。
しかも出雲の性格も直感的に見事に当ててますし。
庵寿郎の言うように出雲は自分の事とか梨園の事は顧みず
共演した役者や閑却達の事を大事に考えているわけですし
出雲が本当に自分の事しか考えてないなら
出雲はとっくに歌舞伎をやめているはずですから。
未だに出雲が女形という事がバレる事を恐れているのに
歌舞伎を続けているのはそういう事でしょう。
共演者の弱さや悩みを知ったらかまわずにはいられない、
それが例え自分がピンチになる結果になろうとも。
それが國崎出雲って言う役者ですから。
そして庵寿郎も幸嶋屋を継がせようとしているわけじゃなく
自分の意志を出雲に伝えたいという想いから
出雲と共演しようと思ったんですね。
そして病が発覚したものの庵寿郎の人柄を理解し
なんだかんだで庵寿郎の意思を尊重する幸嶋屋の役者達を見ると
やっぱり出雲と庵寿郎は似てますよ。
他の役者に好かれているところが特にそっくりです。
伝統伝統ばかりに眼がいきがちですけど
これが本当の受け継ぐという事だと思います。
相手の想いを受け継いだ上で新しい何かを生み出す、
それが本当に受け継ぐ事だと思います。
受け継ぐというものは押し付ける訳ではないですし。
さて庵寿郎の想いを偶然聞いてしまった出雲は
庵寿郎が何故、自分の演奏が駄目だと
言っていたかと気づいたようですね。
技術も確かに大事だけど一番大事なのは自分らしさ、
庵寿郎は出雲の出雲らしさに惹かれたわけですし。
さて庵寿郎の意思を本当の意味で継ぐ為にも
出雲は自分らしい演奏を覚える必要がありますね。
庵寿郎のまねごとじゃない出雲だけの演奏を。
スポンサーサイト
category
國崎出雲の事情
Relation Entry

Comment

昔気質の歌舞伎役者でいうと

出雲軍団の身内で言うと源家は國崎家を見下しつつもそれなりに友好的に接したり
玄衛を歌舞伎から離れさせようとする別の意味での型破りでしたが。

菅原家は昔気質の人達の様で栂敷家も初期の紗英からしてそんな感じですかね。
(白木家の暴走を不服に思うなどプライドは高くも確固たる信念は持ってそうですが)

出雲と深く関わる事を快く思って無くてもおかしくはないですかね。

あくまで歌舞伎はメインなので実は杏李も歌舞伎一家の生まれで
良く似ているの男兄弟がいたりはしませんかね。
  • 2012⁄05⁄17(木)
  • 22:54
  • [edit]

Re: タイトルなし

> 昔気質の歌舞伎役者でいうと
> 出雲軍団の身内で言うと源家は國崎家を見下しつつもそれなりに友好的に接したり
> 玄衛を歌舞伎から離れさせようとする別の意味での型破りでしたが。
確かにあれは別の意味でそうですね(笑)
> 菅原家は昔気質の人達の様で栂敷家も初期の紗英からしてそんな感じですかね。
> (白木家の暴走を不服に思うなどプライドは高くも確固たる信念は持ってそうですが)
確かにプライド高いですからね。松樹に対しては生真面目って印象がつよいですけど。
> 出雲と深く関わる事を快く思って無くてもおかしくはないですかね。
確かに家の事情からそういうケースがあってもおかしくないですね。
特に特に栂敷屋と菅原屋は。
> あくまで歌舞伎はメインなので実は杏李も歌舞伎一家の生まれで
> 良く似ているの男兄弟がいたりはしませんかね。
可能性はありますけどメイド喫茶関連は短編ですしなんとも…。
  • 2012⁄05⁄23(水)
  • 08:31

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1754-37bf738c