國崎出雲の事情 第百二幕「天にも届け この音色!!」感想

大御所歌舞伎俳優の幸嶋庵寿郎と阿古屋で共演する事になった出雲、
そんな出雲は自分らしさとは何かと改めて見つめ直していた、
そしてついに始まった阿古屋本番、出雲は庵寿郎さえも驚かせるリズムを…

阿古屋編ラスト!!!!!
クラブサンデーでも読めます!!!
雑談掲示板設置!!
お絵かき掲示板で皇加賀斗のアイコン募集中!!
さてついに始まった阿古屋本番ですけどたった1日で
阿古屋の三味線の音色をマスターしていた事に
さすがの庵寿郎も驚いているようですね。
そして出雲の弾きは出雲が出る演目はほぼ必ずいる客曰く
「さわり」という特定の弦楽器に備わっている仕組みで
それで出雲は三味線の音の幅を広げているとの事、
まさに回りを引き立たせたり変えたりする出雲にピッタリの仕組みですね。
技術面とかでは間違いなく庵寿郎の方が何倍も上でしょう。
でも出雲は技術面よりも三味線の個性を選んだ、
それこそが出雲らしさなんでしょうね。
周囲の役者だけでなく楽器の魅力も引き出せる、
まさにこれ以上ないくらい出雲にピッタリの弾き方と言って良いでしょう。
そんな出雲の演奏に驚く庵寿郎ですけど
それで庵寿郎も負けてられないと感じたようで音程を変え、
出雲も負けじとまた音を変える、
互いに本気になって演奏をこなしてるんです。
でもそれを見ている清元の黒髪の役者からすれば
良い気はしないっぽいですね。
庵寿郎に圧されて渋々引きましたけど
内心はまだ出雲の行動に不安を抱いてるっぽいです。
全くこの役者は脇役とは言え同じ舞台にいるのに何もわかってないとは…。
出雲が好き放題やってるから庵寿郎が後悔してる、
どこからどう観てもその逆じゃないですか。
出雲の演奏に驚きつつもやる気を上げているわけですし。
互いにリスペクトしている事が良くわかります。
だからこそ庵寿郎もガチ本気モードで
大人げなくやる気になったわけですし。
きっと庵寿郎の方が相手の事を考えて…
いや正確には出雲の演奏を信じているからですね。
だからこそガチ本気になっていると思いますから。
それに何より…出雲も庵寿郎も楽しく
歌舞伎をやっているのがよくわかります。
2人だからこそ出来る演奏、まさにその通りですね。
庵寿郎のテクニックと出雲の自分らしさ、
この2つが上手い具合にハーモニーを奏でていると思うんですよ。
しかしこういう台詞があまりない演奏的な演出を重視されると
改めてひらかわ先生の絵に魅力を感じずにはいられないです。
美しく奇麗で…何より楽しそう、
そんな気持ちでいっぱいな気がするんです。
プロ漫画家だから当然、ひらかわ先生にとって
きつい事もあると思います。
でも間違いなくこういう魅せる描き方は心から楽しんで
そして読者にもその気分を楽しんでもらおうという
想いがないとできない描き方と思うんです。
ひらかわ先生が描く出雲を歌舞伎の演目として言うなら
読者は歌舞伎を観に来たお客、そんな感じなんです。
さて阿古屋は大成功で終わり出雲達は着替えて…
さすがの出雲も阿古屋はかなり疲れたみたいですね。
まあ出雲本編で庵寿郎しかできない演目で
実際にもただ1人の役者しかできない演目なので
こればかりは経験とかキャリアをかなり積まないと無理でしょうね。
庵寿郎は出雲に対し自分だけではあそこまで出来なかったと言い
出雲もまた長年、あの阿古屋を何回も続けて来た
庵寿郎の生き方をかっこいいと感じ互いに得る物は大きかったですね。
庵寿郎のような生き方をするのはまだ無理かも知れないですけど
庵寿郎の生き方が出雲の目指す男の中の男の道と思うんです。
そしてそんな庵寿郎の生き方がかっこいいと浸る
出雲の表情がまたナチュラルな可愛さがあってぇぇえ!!!!!

って、そうも言ってられないんでした。
庵寿郎は今回の公演が終わったら病院直行…

ってすごくぴんぴんしてるんですが!!!!!!
どうやら大きいのがとかの下りはそこまで深い病じゃなく
胆石がって意味だったとは(笑)!!!!!
それでも紛らわしい過ぎますよ!!!!!!
幸嶋庵寿郎、まだまだ長生きしそうですね(笑)!!!!
スポンサーサイト
category
國崎出雲の事情
genre
アニメ・コミック
theme
漫画
Relation Entry

Comment

伝統から外れた路線で成り上がったベテランが出ましたから。

養子や弟子出身だが梨園の兄弟弟子から跡継ぎを奪うまでになった
若手~中堅も出て来て欲しいですかね。
  • 2012⁄06⁄03(日)
  • 00:26
  • [edit]

Re: タイトルなし

> 伝統から外れた路線で成り上がったベテランが出ましたから。
> 養子や弟子出身だが梨園の兄弟弟子から跡継ぎを奪うまでになった
> 若手~中堅も出て来て欲しいですかね。
それも面白そうですね。
  • 2012⁄06⁄06(水)
  • 06:13

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1784-af71ed0d

まとめtyaiました【國崎出雲の事情 第百二幕「天にも届け この音色!!」感想】

大御所歌舞伎俳優の幸嶋庵寿郎と阿古屋で共演する事になった出雲、そんな出雲は自分らしさとは何かと改めて見つめ直していた、そしてついに始まった阿古屋本番、出雲は庵寿郎さえも驚かせるリズムを…阿古屋編ラスト!!!!!クラブサンデーでも読めます!!!雑談掲示板...
  • 2012⁄06⁄02(土)
  • 21:53
  • まとめwoネタ速neo