アラタカンガタリ〜革神語〜第182話「共闘」感想

イソラの問いに悩む革の前に突如乱入し自らが
イソラを降すとイソラの元へ向かった門脇、
文字には文字で対抗するしかない相手な以上
文字を使えない門脇は防戦一方な
状況なもののイソラの弱さを見抜き始める。
図星を疲れたイソラはこれまでの冷静さから一変して…
さて前回確信を突かれ感情を露に暴走を始めたイソラ、
そんなイソラもまたキクツネ同様に完全な鬼化を…
イソラの場合はキクツネ・ハルナワと若干違い
若干ですけど人の一部を残してる感じですね。
人型の怪物が鎧を装甲したような感じといったところです。
さてそんな鬼化したイソラを前に劍神を構える革と門脇、
何気に革と門脇の共闘って初めてですね。
門脇の一方的なライバル心で敵対する事は多かったですけど
理由はどうあれライバル同士が一時的に共に闘うのは
やはり少年漫画の王道と言ったところでしょう。
とは言え、革はさっきまでのイソラの試練で身体がボロボロなんですよね…。
門脇のやり方は気に入らないでしょうけど
今は門脇に任せるしかないでしょうね。
それに革は…ミクサを先に助けないといけないわけですし。
さて一方の門脇はイソラと死闘を開始しており…
逐力の形状を鞭の如く扱う「朔髏」で攻める門脇ですけど
やはり鬼化したイソラの前には苦戦を強いる結果になってるみたいですね。
文字のときの防衛同様に防御に徹するしかない状況、
ただ鬼化前と違う事は…イソラの鬼化は
スピードに徹した鬼化って事ですね。
スピード重視は別の意味でやっかいなんですよね。
スピードが早いとなると攻撃が当てづらいのはもちろん、
攻撃の早さも高い可能性もありますし
攻撃力がずば抜けてなくても厄介な相手です。
今のところ不幸中の幸いな事は逐力の攻撃力なら
門脇の反応次第では防ぐ事ができるって事です。
さて一方、ミクサを助けようと極飛で彼女の元へ向かう革ですけど…
やはり簡単にはたどり着けないみたいですね。
扉を破壊するのもありでしょうけど
今の革に扉を破壊できる力が残ってるかわかりませんし
文字による罠を仕掛けてる可能性だって十分あり得ますから。
さてそんな遠回りを余儀なくされた革ですけど…
って門脇が飛んできました?!!!
やはりあの早さじゃ防げない時もありましたか!!!
でもこれってかなりやばいじゃないですか!!!
あの早さ相手じゃ門脇は防戦一方状態で
その間にミクサを助けるにもイソラの早さじゃ
すぐに革に標的を変更して来てもおかしくないです!!!

さてそんなピンチに陥ってる革と門脇ですけど
2人がイソラと闘ってる事でミクサが戦いに気づき…
ミクサもかなり危ない状況でいつ諦めてもおかしくなかったですけど
2人が闘ってるおかげで戦いに気づき
革が助けに来てる事に気づいたみたいですね。
まだ捕まってる状況は変わらないですけど
目の前で助けようと奮闘してる革に気づいただけで
それだけでミクサは希望を持てるわけですから。
そんなミクサは諦めない以上に自らの力で
脱出する気にもなった様子、
そう、ミクサは捕まってるだけのヒロインじゃないんです。
ミクサは女性キャラでも戦いに特化したキャラ、
それが捕まっているだけのヒロインに収まるはずがないです。
ここでミクサには天ノ石座での修行の成果を見せてほしいものです。
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

ミクサやコトハも修行してましたがカナテもそういうのがありますかね。

門脇は最終的には六ノ鞘と決別する気はしますが
誰かが因縁の相手になったりもしますかねぇ~
  • 2012⁄10⁄09(火)
  • 17:59
  • [edit]

Re: タイトルなし

> ミクサやコトハも修行してましたがカナテもそういうのがありますかね。
門脇があそこに行けばあり得ますけど門脇と同行してる限り難しいかと。
> 門脇は最終的には六ノ鞘と決別する気はしますが
> 誰かが因縁の相手になったりもしますかねぇ~
決別以前に革しか基本見えてない感じですけどね。
  • 2012⁄10⁄16(火)
  • 19:41

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1917-314ccd84