クロスファイトビーダマンeS第4話「チョー楽しいぜィ!D X ブレイクボンバー7」感想

WBMAの指令により鎖国状態に近いクレストランドの
ビーダマン技術と内情を調べるべく
クレストランドに派遣されたスバル。
そんなスバルはロードファイトを挑んできた
ミツルを撃破しさらにロードファイトの勝利者権限を利用し
ミツルから強いビーダーの紹介を要求、
そしてついにスバルはショウの前に現れる。
そして近くにはあのブレイクボンバーがあり…
さてカモンの前に姿を現したスバル、
彼はカモンとバトルすべく姿を現したわけですけど
その前にはあのブレイクボンバーが…
82611.jpg
1338669902-084612-002_20121103150913.jpg
ショウとミツルは初めてのバトルフィールドで驚き
スバルはクレストランドに新たな
ブレイクボンバーがある事に驚いてるようですね。
そして同時にブレイクボンバーで闘ってみたいという
意欲にかられるのもビーダーの性なんですよね。
対戦型競技って言うのはいつ聞いてもそそられるものなんですよ。
ましてやカモンとミツルはブレイクボンバーは初めて、
すごくやりたいと思うのは当然の事です。
ミツルなんて勝利者の権限ルールすら忘れて
スバルそっちのけでバトルをやりたがるくらいですし。
でもそれすら許すスバルはやはりツンデレですね。
まあ彼は元々WBMAの依頼で潜入調査しに来た身、
ロードファイトの掟はその調査に利用してるだけで
基本的に他人を縛り付けるキャラじゃないですしね。
そしてショウの方は自分の意見も聞かず話が
進んでる事に不満気味ですけど
ガルバーンに見事に説得されちゃってますよ。
というよりガルバーンもブレイクボンバーに
興味津々って感じですよ。
ビーダマンすらも魅了するブレイクボンバーって事です。
さて一方のアオナはショウの帰りが遅い事に何かを感じていて…
ってようやくガルバーンが持ち出された事に気づきましたか。
でもガルバーンはしゃべれるわけですし
それを考慮に入れて隠さないと見つかるのは当然かと。
1338669902-084709-003_20121103150912.jpg
さて一方のショウサイドですけど今まさに初体験の
カモンとミツルのブレイクボンバーバトルが開始されて…
ってステージが左右に往復し動いてます?!!
動く事で狙いが定めににくい事と
さらに新たに追加された右端と左端は
端側の為により狙いが定めにくいって
明らかにこれまでブレイクボンバーより
レベル上がってるんですけど!!!!
1338669902-084709-005_20121103150912.jpg
そしてゴギョウ店長、やはり店長が
このブレイクボンバーを用意してたんですね!!!
そのブレイクボンバーこそが
「DXブレイクボンバー7」!!!!!
しかしショウとミツル、本当に楽しそうです!!!
ロードファイトの時より何倍も楽しそうですよ!!!

ショウはビーダマンを手にして日が浅いですけど
ロードファイトを何度も経験したであろう
ミツルはおそらく今回が1番楽しいんじゃないでしょうか?
さてそんなDXブレイクボンバー7対決、
いよいよ残るはグリーンボムだけとなり
それを4つ先に射抜いた方が勝利になるわけですけど…
1338669902-084808-002_20121103151010.jpg
1338669902-084808-006_20121103151009.jpg
タイミングを間違えた為にミツルが勝利しましたけど
個人的にはスバルの驚きの方が印象的ですね。
スバルからしたらドライブ使いはカケルの印象が強いわけですし。
これはスバル、カモンにますます興味がでるでしょうね。
そしてカモンはいつかで良いですから
カケルと出会ってほしいです。
そしてミツル、あまりの楽しさに勝利者権限も
どうでも良くなるとは。
でもそれがビーダーのあるべき姿と思います。
勝った者が敗者に絶対的権限というのは
クレストランド以外では明らかにおかしいわけですし。
しかしゴギョウ店長、やはりクロスファイトを知ってたんですね。
でないとブレイクボンバーなんて用意できないですよ。
さてクロスファイトの事を知ったカモンとミツル、
2人は負けても従わないクロスファイトに興味がでてるようですけど
その前に今度はスバルがカモンにブレイクボンバーバトルを…
1338669902-085409-009_20121103151009.jpg
1339878600-083004-006_20121103151008.jpg
1349283994-022720-002_20121103151008.jpg
ってチューンナップ!!!!
「サイクロンマガジン」!!!!!
サーバーを増量する事でより
多くのビーダマをチャージする事が
可能なマガジン!!!
どのタイプにも相性性があるパーツ!!!
さらにソニックドラヴァイスはレッグパーツに
ビーダマ内蔵でローラーとして使用でき
素早く動く事が可能!!!!
さらに持ち前の技術とエンブレムチャージで
カモンを圧勝しちゃってますよ!!!!!
まさにこれがベテランと初心者の差ですね!!!!

しかしアオナ、ビージャンクという店を便りに
ようやくゴギョウ店長、つまり父親にたどり着いたみたいですね。
しかしこの2人は親子でありながらカモンに対する
ビーダマンへの考え方は真逆、
そして何故、ゴギョウ店長が護代家から
姿を消してカモンの前には父という事を隠し
姿を現してるのかも気になるところです。
スポンサーサイト
category
クロスファイトビーダマン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1948-9cf23b90

◎クロスファイトビーダマンeS第4話「チョー...

スバル:これはブレイクボンバー ミツオ:みたことねえ、戦いてー:いいだろう奴の相手をしろ》ガルバ:一番になる気があるのか?カモン:ガツンと心に来た!φカモン...
  • 2013⁄02⁄05(火)
  • 00:16
  • ぺろぺろキャンディー