國崎出雲の事情 第百二十四幕「敵も味方もないでしょう!? 」感想

悪い噂が全くなくむしろ多くの役者が共演したがる役者
山城名護弥と共演する事になった出雲、
演目は染模様恩愛御書なわけですけど
紗英から出雲は名護弥は井神と通じてる事と聞かされる。
しかし出雲は稽古を通して名護弥自身
悪いやつじゃない事も理解していて…

雑談掲示板設置!!
お絵かき掲示板で皇加賀斗のアイコン募集中!!
さて名護弥の依頼で染模様恩愛御書に出る事が決まった出雲、
そんなわけで名護弥と共に染模様恩愛御書の稽古を続けてるわけですけど…
さすが悪い噂は全くなく、多くの人達が尊敬してしまう
役者なだけあって出雲も名護弥の演技の
上手さから学べる事があるみたいですね。
出雲はアドリブが十八番ですけど歌舞伎は
伝統芸能なわけですしそこが基礎となる以上基本も
きっちりした方がより良い演技ができるようになるわけですし。
それにアドリブも基礎が合わさればさらに演技の幅が広がるでしょうし
応用性も身につけれる可能性だってあるわけですから。
さてそんな出雲の稽古を隠れてみているのはやはり…
うん!!紗英は今日もストーカー全開!!!!
どこからどう見てもストーカー以外の何者でもないです!!!
というよりついには梅樹達からも
付き合いきれない感じになるって!!!
ですよね!!!今回は完全に紗英が
空回りしてるだけですし!!!

そんな空回り全開な紗英ですけど何故ここまで
ストーカーと化してるのかというと…
って桐矢の一件まだ引きずってるんですか!!
まああれは確かに読者から見ても
一瞬固まる展開ありましたけど
まさかまだ気にしてるとは!!!!

でもまあ確かに桐矢と名護弥は1点だけは似てますね。
それは両者、出雲を自分達の側へと引きこもうとするところ。
桐矢は今でこそ出雲を俳優にする事は諦め
(生徒会に入れる事は諦めてないですけど)
てますけどそういう感じは名護弥と共通してるんですよね。
まあそこだけ思うと紗英が心配するのも無理はないですけど
さすがにこれは空回りしすぎてる感じが…
って終いには名護弥に印南数馬の相手役の
友右衛門が相応しいか手合わせって!!!
ちょっと待ってくださいよ!!!
紗英、いくら名護弥が井神と
繋がってるからと言っても
それはあまりに強引過ぎますよ!!!!
案の定断れてますし!!!

まあ今回は名護弥の舞台ですし
それをいきなり出てきた紗英にその役をかけて
手合わせなんて名護弥が受ける理由ないですし。
でも名護弥は結構話すんですね。
というより井神との繋がりを隠す気はないですね。
名護弥の方も面白そうだから井神の話に乗ったに過ぎなく
出雲をどう落とすかそれを楽しんでいるかのような言い方、
意外に真面目なところは真面目な紗英が
真剣にやってる出雲に酷いと感じるのは当然なんですけど…
って紗英が出雲好きって見抜きました?!!
まあ全く隠してないのでそりゃ気づけるでしょうけど!!!
でもそれを一刀両断しちゃってるんですけど!!!

でも名護弥が言うのはいたって正論なんですよね。
名護弥は井神の誘いで出雲を落とす気でいますけど
自ら言うように紳士的なわけですし
出雲に危害を加える可能性は皆無に等しく
出雲を落とすのが目的でも最終的にそれを決めるのは出雲本人、
それに関しては名護弥も強要するつもりはないわけですし
何より…今回の紗英はガチで私情で動いてるんですよね。
そりゃ一刀両断されても仕方ないです。
むしろ一旦頭冷やして冷静になった方がいいですよ。
そんなわけで名護弥のあまりの正論に完全に負けた紗英、
まあ今回ばかりは紗英の暴走感が強すぎましたし
これは味方もできないですよ。
そして紗英自身も名護弥に正論言われて
自分の過ちに気づけたみたいで出雲と名護弥の演技を見る眼も…
って出雲の生き生きとした稽古の演技ぃぃい!!!
というよりイメージの印南数馬出雲ぉぉおお!!!!
うぉぉお!!!同性愛ものの演目で
初のちゃんとした立役ですけど
この可愛さはぁぁあ!!!!!!
これはまさに!!ショタ可愛いぃぃいい!!!!
男の娘で女形な出雲も破壊力抜群ですけど
こういう男の役柄の出雲も普段とはまた違う
ショタ可愛さがぁぁああ!!!!!!

しかし名護弥の方の演技も生き生きしてるみたいですけどこれは…
って梅樹達、着てたんですか?!!!
というより紗英がストーキングしてる間に
名護弥の動向を調べていたって!!!!
それ紗英の事言えないですよ!!!!
玄衛をいざという時の為に潜伏させてる分
紗英の非じゃないです!!!!

まあでもそこまでして井神との繋がりは
松樹達も理解したみたいですけど
やはり名護弥自身に悪意は全くなく心配ないみたいです。
でもそこまでしてくれたのに何故、当初は紗英の事を信じてくれ…
ってやっぱり紗英の勢いが危なかったからですか!!!
ですよね!!!紗英、完全にから回ってましたし!!!!
というよりどんだけ怖がられてるんですか紗英!!!!
というより今回ばかりは梅樹の勘もあたってると思います!!!
あの時の紗英だったら間違いなくその場の勢いで
名護弥の家か井神邸に殴りこんでましたよ!!!

まあそうならない為にも梅樹達は紗英を放置して
調べていたんでしょうね。
梅樹達もなんだかんだで互いに仲が良いですし。
それに松樹が言うように名護弥が出雲に影響与えてるように
出雲もまた名護弥に何かしら影響を与えてるっぽいですね。
これは古典とアドリブがどう交差するか面白そうです。
スポンサーサイト
category
國崎出雲の事情
Relation Entry

Comment

今回のオチは出雲と紗英ですかね。
(紗英が自分の為に色々動いてくれた事を知る出雲と
出雲の方も自分を気にかけていたと知る紗英みたいな)
それを気付かせるのが山城で。
  • 2012⁄11⁄16(金)
  • 04:38
  • [edit]

Re: タイトルなし

> 今回のオチは出雲と紗英ですかね。
> (紗英が自分の為に色々動いてくれた事を知る出雲と
> 出雲の方も自分を気にかけていたと知る紗英みたいな)
> それを気付かせるのが山城で。
確かに今回の紗英は空回りし過ぎてますし十分ありえますね。
  • 2012⁄11⁄22(木)
  • 23:27

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1963-206e6c59