クロスファイトビーダマンeS第6話「一等とるぜィ!クロスファイト!」感想

クロスファイトの存在を知り秘密裏に
クロスファイトを開催する事を決めたカモン達、
しかしそんな中、ミツルにカモンを倒しガルバーンを奪えば
南のBマスターにしてやるとロードファイト側から
買収の話が来てしまう。スバルがミツルを止めようとしたものの
コンバートバレル装備のスロットビードルの力に敗北してしまい…
さて前回、買収されたミツルを止めようとしたスバルが
ロードファイト主催者側のビーダーから
鉄柱を真上から落とされたわけですけど…
さすがスバル、連射で鉄柱すら弾き返し
ダメージを最小限に済ますとは。
とは言えさすがに全部回避は無理みたいで
多少なりともダメージを食らったみたいですね…。
これじゃどっちにしろクロスファイトには間に合わないですよ、
出れたとしても足の負傷で力を出し切れないでしょうし。
そんなわけでクロスファイト会場ではスバルの不戦敗が決定し
そしてカモンとガルバーンを影から監視するロードファイト関係者が…
ってグランドBマスターって
カモンの兄なんですか?!!
まさかラスボスが兄弟って
最近流行ってるんですか?!!!
バトスピと言い兄弟ライバルってやつですか!!!
そしてゴギョウ店長の前にはアオナが!!!
家族がらみの物語が一気に動き始めましたよ!!!

さてクロスファイトの方は前回カモンがAブロック優勝、
そしてたった今Bブロックでミツルが優勝したようで
決勝戦はカモンVSミツルと決定して…
ってなんとか間に合ったようですねスバル。
もうちょっと遅れればかもんは何も知らずに
ミツルとバトルする事になってたわけですし。
さて事実を知ったカモンはミツルと
クロスファイト決勝を戦う時が来て決勝戦が開始されて…
ってここでミツルの回想?!!!
というより南の元Bマスターってカモン?!!
新人時代に出会った頃なのではっきりとは
覚えてないみたいですけどこれ絶対カモンですよ!!!

まあそんな過去があってBマスターに憧れを抱いたわけですね。
確かにそれじゃガルバーン奪えばBマスターに
してやる的な誘いに乗るのも納得です。
まあそんなやり方でBマスターになったところで
かつての南Bマスターに近づけるはずないですけどね。
さてそんなカモンとミツルのバトルを
ゴギョウ店長とアオナもまた見ているようで…
ってやはりかつての南のBマスターはカモンでしたか。
そして明かされるカモンが記憶喪失になった理由、
それはグランドBマスターで兄のリョーマの
ロードファイトという弱肉強食な発案に反発し
兄に挑んだ末にガルバーンが破壊されて
負けてしまったショックからだったんですね。
しかも本人は無自覚に記憶を封印してるから
自分が昔からガルバーンを使っていた
ビーダーという事実も覚えてないんですね。
それ故にビーダマンの事だけを忘れてしまったと…。
そしてアオナがカモンにビーダマンを禁止してたのも
また兄弟同士の戦いになる事を危惧しての行動だったんですね。
でもゴギョウ店長は別の可能性にかけてる様子、
そしてカモンVSミツルのバトルは互角の試合となっていて…
ってガルバーンがミツルに説教を?!!
というよりガルバーン絶対素は熱血系ですよね?!!
もうすごいくらい熱血系ですよね?!!!

そしてガルバーンの熱い想いとカモンの心から
ミツルとビーダマンを楽しみたい心、
それがようやくミツルに届いたみたいですね。
そしてそのカモンの言葉からようやく自分が
尊敬していた南のBマスターが
カモンという事にも気づいたっぽいです。
ここからが本当のカモンとミツルのバトル、
カモン勝利に終わりましたけど
カモンの想いはミツルだけでなく
アオナにも届いたみたいですね。
そしてゴギョウ店長の本当の真意は
クロスファイトを広めロードファイトを
自然消滅させる事にあるみたいですね。
確かにそれなら兄弟同士のバトルも回避できますけど…
でもそう上手く事が運ぶとも思えないんですよね。
クロスファイトを続けていけばいずれは
リョーマも何か仕掛けてくるはず、
回避するのは非常に困難と思いますから。
そしてミツルの方は改心したみたいですけど
まだカモンに顔向けできないみたいですね。
でも次会う時は…本当のカモンの友になれるはずです。
さてグランドBマスターサイドはやはり
WBMAが動き始めてる事に気づいてるようですね。
そしてWBMAを表に引きずりだすためにカモン達を泳がせていると…。
そして一方のWBMAサイドではスバルに続く
サポート役に誰を派遣するか決め悩んでいて…
まあOPから考えてやっぱり彼でしょうね。
そしてクレストランドの別の場所では新たなビーダー、
物語はゆっくりですが着実に動き始めてます。
スポンサーサイト
category
クロスファイトビーダマン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/1965-86a1818c