クロスファイトビーダマンeS第10話「一撃必勝だぜィ!アクロス=イグル!」感想

クロスファイトを広めるべく西エリアでも
クロスファイトを極秘裏に開催したカモン達、
カモン・スバル・ミツルが準決勝へと進む中、
ユキヒデは西の孤高のビーダーのカゲロウと当たり…
さて前回、カゲロウ相手に互角にやりあっていたユキヒデですけど…
ってカゲロウの本気にあっさりやられたんですけど?!!
もうこれサブタイ詐欺じゃないですか?!!!
アクロスイグルがタイトル内に入ってるから
てっきりユキヒデがカゲロウを改心させ
さらに勝利するとばかり思ってましたよ!!!!

画像1
さてこれで上位4名が決まりましたけど
その一方でマスターガーディアンズも
カオスの暗躍でクロスファイト会場を襲撃に
近づきつつあるんですよね…
そんな中、準決勝第1試合である
カモンVSカゲロウの試合の時が来て…
画像2
ついにカゲロウはカモンに自分は仲間に裏切られたから
誰も信じず1人でいる事を明かしましたね。
そしてそんな過去があるから仲間仲間と言う
カモン達も怒りの対象となりつつあったとは…。
さて試合の方はカモンのドライブ戦法と
カゲロウのパワー連射の対決ですねこれは。
さてそんな試合の中、選手の控え室では
前の試合で負けて気絶したユキヒデの意識が戻ったわけですけど…
ってようやくマスターガーディアンズが
進行してきてる事に気づいたようですね。
これはスバル達は試合の応援無理そうですね…
そしてこの分じゃ大会も中止に…
ってカモンはそれでも続けるんですか?!!
一歩間違えばマスターガーディアンズに捕まり
ガルバーンを没収され兼ねないんですよ?!!

でもそこまで試合を続ける事を求めるのは
マスターガーディアンズが自分達のところにはたどり着けない、
そう、スバルやユキヒデ、ミツル達が
必ず撃退してくれると信じてるからなんでしょうね。
それにしてもガルバーン、
軽く挑発上手いんですけど(笑)!!!
まあ本体は意識してないんでしょうけど!!!

さてマスターガーディアンズの足止めを
自ら進んでスバル達は行なっていて…
しかしやはりその防衛メンバーでスバルはダントツですね。
みんなを上手く引っ張って実力もちゃんと見せてますし。
さすがは前期主人公のライバルと言ったところですよ。
そして試合中のカモンもスバル達なら
きっとこうするだろうと理解して信じていたんですね。
仲間達の事をちゃんと理解し信じてるから
カモンは安心してカゲロウとのバトルに集中できるんですね。
でもそれでもカゲロウははぐれ狼の掟に従事ようと…
画像3
画像4
画像5
画像6
画像1
って今回のガルバーンの説教タイム来ました!!
ですよね!!せっかく掟に背いてるのに
自分自身が自らの掟で縛ったら
背いても意味がないですよね?!!

そしてカモンもガルバーンの言っている事の正しさと
そして仲間の大切さを知ってるんですよね。
そしてその中にカゲロウもきちんと含まれている、
カゲロウにその気はないのでしょうけど
カモンからしたら誰がなんと言おうと仲間なんでしょうね。
道は違えど志は同じ、カゲロウからは信じられないでしょうけど
少なくともカモン達はカゲロウを裏切った仲間達とは違うんです。
仲間のために戦い守りたいものを守る、
それを目の前でみたカゲロウもきっとわかってくれるはずです。
さて一方の防衛戦に頑張るスバル達ですけど
そんな中、ユキヒデに秘策があるみたいで…
ってサブタイ通り活躍しましたよ!!!!
サブタイ詐欺とガチで思ってましたよ!!!!
これぞまさに試合で負けて
防衛戦では活躍したですね!!!!!
画像2
さてマスターガーディアンズ撃退し終えたその頃に
カモンとカゲロウのクロスファイトも終盤!!!
ドライブショットの回転パワーで
カゲロウのヴォルグのパワーを上回り
カモンの勝利で終了!!!!

そしてカゲロウも負けはしましたけど
カモンとのバトルと彼の仲間を信じる心と
仲間と共に戦い続けるスバル達を見て
仲間は信じないという掟を封印してくれましたし
まだ完全に仲間になったわけじゃなさそうですけど
少なくともカモン達に多少は心を開いたはずです。
でもまだ別の目的があるみたいでそれが解決するまでは
カモン達の本当の仲間になるのは遠そうですね。
さて一方、マスターガーディアンズを
使った作戦が失敗したカオスですけど…

画像3
画像4
って北のBマスター?!!!
その名も不知火ビャクヤ!!!!
そして彼のビーダマンは白虎タイプの
クライスレイドラ!!!!!
Bマスターだからカオスより立場が上なのは明白で
ついにBマスターが動き始めるって事ですか?!!!
スポンサーサイト
category
クロスファイトビーダマン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2004-614bd8a2