アラタカンガタリ〜革神語〜第195話「ウビ海域」感想

自分が仕える六ノ鞘の1人であるアメエノを
降してほしいと欲しいと革に頼みに来たアメエノの属鞘で
なんとも可愛らしい少年ナサケに頼まれ
アメエノ領を目指す事になった革達一行、
そんな中、六ノ鞘はアメエノとイキスが動き始めて…
さて動き始めた姿を見せたアメエノとイキス、
そんな2人は革と門脇を降すべく動きを開始するようで…
アメエノの雰囲気からキクツネがヒルハを利用したような
ナサケを騙して革達を導いてる線は消えたみたいですね。
まあナサケ自身が革達を騙してる線はまだありますけどね。
アメエノは策士って風には見えないですし
でも敵に回すと容赦無いタイプって感じです。
さて一方のアメエノを怒らすフラグを立てた
我らが可愛い美少年キャラのナサケは革達に
アメエノを降してもらうべく彼の領土へ案内しており…
ってやっぱり可愛いですぅぅうう!!!!
可愛過ぎますよぉぉおおお!!!!
仕草とか雰囲気とかポーズとか
もうあざとくて可愛く
てたまらないですぅぅう!!!!
こんな可愛いナサケになにかしたら
それは許さないですよアメエノ!!!!
だってこんなに可愛い
男の子キャラじゃないですか!!!
あとカンナギとヤタカ、
真っ先に彼の剣神の神意喰らったのに
いざとなれば自分がって説得力皆無です!!!
絶対そうなったら真っ先に戦意喪失しますよ!!!

でも贔恋守を連発するナサケに対し
ミクサは天通力の武器でガードしてるからか
正論なまっとうな意見で
信用を得るにはと指摘するんですね。
確かにすごく可愛くて思わず信用したくなりますけど
そう贔恋守の神意を仲間に何回も使ったら
信頼を得るのは難しい気もします。
まあミクサの発言は正論ですし
ナサケは純粋な性格っぽいですし心に響くはず…
って響くどころか惚れるレベルですか?!!
完全に目的変わりましたよね?!!
マッハの速度で変わりましたよね?!!
革の信頼をじゃなくミクサの信用をに
絶対に変わりましたよね?!!!
これ、絶対にナサケは素です!!!
アメエノが騙してるわけでもないですし
間違いなく大丈夫なキャラです!!!!

さてそんなナサケの態度に呆れ気味な革ですけど…
どうやらコトハからは革は
ヤキモチやいてると見られてるみたいですね。
そこまではわかりませんけどこっちの問題も
解決しないといけないのでしょうね。
さてナサケの案内でアメエノの領土である
チワヤへ向かう革達ですけどウビ海域という場所につき…
どうやらこのウビ海域は古代の生物とか多く
危険地区とされてる場所みたいですね。
でもこれはオチはなんとなく見えたような(笑)
ってやっぱりナサケの贔恋守(笑)!!!!
確かにこれはナサケが入れば
あまり危険じゃないですよね?!!
でもミクサからすればナサケ自身が
危険と感じ始めちゃってますけど!!!!

さて一方の門脇サイドの方ですけど門脇は
まだ傷が癒えてない身体で稽古をしようとしており…
まあ門脇らしいと言えばらしいですし、
1日休んだらそれだけ身体が
なまると考えるのは仕方ないです。
でもだからと言ってボロボロの身体で
修行すれば良いわけでもないと思います。
原作のブリーチで恋次は自分達がフロで傷癒してたのは
自分達が傷ついてたからで傷が治ったらお腹が空くのは当然で
それらを無視して修行して死んだら意味がないとか
そういう事を言ってました。
今の門脇は稽古より傷を癒した方が良いです。
強くなりたいなら尚更です。
万全の状態で修行した方がより高みにいけるでしょうし。
さて癒えてない体で稽古しようとする門脇に対し
それを止めようとするミヤビ、
そんなミヤビの本心をカナテは理解してるようで…
まあミヤビは侍女という立場とは関係なく
門脇が好きになったのは誰が見てもわかりますよね。
まあ門脇は恋愛とか興味なさげでより高みへか
革のどちらかしか見えてないですけどね。
さてそんな珍しく重たくない空気の門脇サイドですけど…
って謎の香りでほとんどが倒れました?!!
そして六ノ鞘のイキスが?!!!

イキスの鬼神の神意は雰囲気的に香りを
操り相手を翻弄したりする能力っぽいですね。
しかし門脇を降す為に来たはずなのに何故、
イキスは門脇に共闘を持ちかけたのか?
それ以前に門脇の性格的に共闘にのるとはとても…
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

ある程度心を許してるミヤビへの気持ちが強くなってるなら
ミヤビを人質にすれば従わざるをえない?
  • 2013⁄02⁄11(月)
  • 23:01
  • [edit]

Re: タイトルなし

> ある程度心を許してるミヤビへの気持ちが強くなってるなら
> ミヤビを人質にすれば従わざるをえない?
まあ今後の可能性はあるでしょうね。
  • 2013⁄02⁄27(水)
  • 19:45

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2054-27219870