アラタカンガタリ〜革神語〜第202話「風」感想

イキスの香からカナテを開放した革、
しかしそれも束の間の出来事、
カナテはけじめをつけるために1人、
イキスの元へ向かってしまう。
そんなカナテを救う為に革は1人、
カナテの元へ走りだして…

革と門脇、2人の少年と
関わった少年の結末は?!
さて今回は表紙にも描かれ巻頭カラーでもありますけど
もうじき革のアニメが始まるんですよね。
まあ関西なので感想はすぐは無理ですけど。
さて本編の方はカナテの元へ急ぐ革、
そしてとうのカナテはイキスと対峙しており…
やはりカナテではイキスの足元にも及ばないみたいですね。
おまけに鬼の瘴気でカナテは八風陣苦の神意も使えず
もう絶望的な力の差ですよ…。
しかもイキスは怒りから徹底的に傷めつけて降す気ですし
力の差がある者の余裕なのでしょうね。
でもそんなイキスに対しカナテはイキスの人格が
切り替わってる事に気づいたみたいです。
カナテの直感的にもやはりイキスは多重人格でしょうね。
最初は単純なヒステリックとばかり思ってましたけど
カナテがああいった以上、多重人格説が最有力っぽいです。
さてカナテに圧倒的な力を見せ痛めつけるイキスですけど…
ってナイスタイミングで門脇!!!
やっぱり駆けつけてくれたんですね!!!
まだ怪我が全回じゃないので
不安要素大きいですけど
これでカナテは助かりますよ!!!
門脇自身にその気はなくても
ナイスタイミングです!!
イキスも逐力の力知ってるから
戦線離脱しましたし!!!

さて門脇のおかげで助かったカナテですけど
そんなカナテは革と戦った事を門脇に伝えて…
ってカナテ、今更、革の強さを何故、門脇に?!!
革と戦わせてやるってカナテ、なにを?!!
って降下の誓言?!!!
まさか門脇に降るつもりなんですか?!!
せっかく助かったのにどうして?!!

いや、聞くまでもないですよね…。
カナテは革の方にもカナテの方にもついてました。
だからこそ2人の強さを知ってるんでしょうね。
カナテにとって門脇は自分に似てる部分があると
感じても不思議はないですし、
門脇と一緒にいたからカナテは門脇なら
自分の代わりに革のいる高みにいけると感じたのでしょう。
なんか革に降ったクグラに似ています。
クグラも革と関わって彼を認めて
自分より高くいけると確信したわけですし。
まあクグラとの違いはカナテは自分が降る相手は
自分がいけないところまでいけるという事以外に
友である革なら自分が認めた門脇さえも超えて
強くなってくれると信じてるところですね。
さて革もようやくカナテの元へたどり着きましたけど
時すでに遅しちょうどカナテは門脇に降った瞬間で…
まあ革からしたら門脇がカナテを力づくで降したと見えるでしょうね。
そして門脇もあえて力づくで降したかのように
強気で降したと言ったのは革が誰かのために戦う時が
一番本気になる事をカナテから聞いたからでしょうね。
こうなる事をわかった上でカナテは革の強さを
門脇に伝えて降ったんだと思います。
そうなれば2人の間の歪は深くなる代わりに
革も更なる高みへ成長する可能性も生まれますし。
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

カナテの思いに気付き自分が降した事にした門脇ですが
革にその事を気付かれるのかどうか
  • 2013⁄04⁄09(火)
  • 09:01
  • [edit]

Re: タイトルなし

> カナテの思いに気付き自分が降した事にした門脇ですが
> 革にその事を気付かれるのかどうか
まあ簡単には気づかないでしょうね。
門脇があえて気づかせない言動し続けるでしょうし。
  • 2013⁄04⁄09(火)
  • 17:47

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2097-a240f2a6