アラタカンガタリ〜革神語〜第204話「暴走」感想

カナテが降された悲しみと憎しみから門脇に怒りを顕にする革、
そんな革は憎しみから逐力の痣の侵食が加速、
鬼化へ近づきつつ門脇を一方的に追い詰め始める。
そこにさらにイキスが革の感情を操り彼の暴走に拍車をかけ…
さて悲しみと憎しみから鬼化へとどんどん近づき、
さらにイキスの介入によってより感情を抑えられなくなってしまった革、
でももしそんな状態で門脇を降してしまったらもう革は元の革に
戻れず完全な鬼と化して創世も劍神じゃなくなっちゃいますよ…。
たしかに門脇相手に圧倒的強さを見せてますけど
それは仮にも革らしい強さでも革の姿でもないです…。
ムナカタが門脇を救出しに来たので良かったですけど
いつもの革なら後ろから追い打ちをかけるような戦いしないです…。
しかし門脇って周囲の人々に恵まれてますね。
門脇に降ったカナテは革と門脇両方の理解者でしたし、
ムナカタだって門脇の事を良く理解してなだめてくれますし、
ミヤビは…ドジで今回は出番なしですけど
門脇の事を気にかける存在ですし本当に恵まれてると思います。
きっと逐力の鞘でありながら未だに鬼にならずにいるのは
門脇自身の成長した心の強さ以外に周囲の存在も大きいんでしょうね。
逆に言えばミヤビかムナカタ、このどちらかにもしもの事があれば
門脇も闇に堕ち鬼と化す可能性も大いにありえますけど。
さてそんな中、ようやく革に追いついたカンナギとヤタカは
状況から革が暴走してる事を察し彼を止めようと…
これは本当にやばいとしか言えないです…。
前はなんとか暴走止めれましたけど今は暴走+
イキスの香りでさらに拍車がかかっていて
カンナギとヤタカの2人がかりでも止められないって…。
おまけに片腕が鬼の外装みたいになってますし
だいぶやばい状況なんじゃ…
おまけにイキスが暴走させた感情は悲しみで
門脇を降すまで止まらないってもう八方塞がり…
コトハも革を止めるために動くみたいですけど
コトハでも今の革を止められるかどうか…
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

正気に戻る前に暴走した状態で敵を倒してしまったら
革に複雑な感情が生まれて面白いかも知れませんね
  • 2013⁄04⁄23(火)
  • 07:36
  • [edit]

Re: タイトルなし

> 正気に戻る前に暴走した状態で敵を倒してしまったら
> 革に複雑な感情が生まれて面白いかも知れませんね
いや、そうなったらそうなる前に自我を失う可能性の方が…
  • 2013⁄04⁄25(木)
  • 18:58

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2113-0a30912b