國崎出雲の事情 第百四十四幕「1人じゃないでしょう!?」感想

小道具方の新人少女である梗子に何もわかってないと告げられ
さらに庵寿郎からダメ出し&1人で演る藤娘は
1人で演る演目ではないと告げられた出雲、
そんな混乱してもおかしくない中、本日の藤娘の時間となり…

役者と小道具、それは欠けては行けないもの!!
小道具編完結!!!!
さて前回、庵寿郎の助言で混乱してしまった出雲、
そんな出雲は庵寿郎の言葉の真意がわからず舞台に立ち…
どうやら今回も上手くはいかなかったっぽいですね。
まあ今回は上手くできない事に加えて庵寿郎の助言が
逆効果に働いたわけですし当たり前ですけど
庵寿郎の言葉の真意に気づかない限りは
千秋楽も上手くいかないでしょうね。
さて上手くできなかった出雲ですけど
小道具にササグレができてた事に気づき
梗子の元へ修理に持っていく事に…
しかし歌舞伎って小道具かなり使う物だったんですね。
まさか平均600近く小道具が必要だったとは…。
しかも大事な物はより丁寧に作ってちゃんと…
ようやく梗子が怒ってた理由がわかりましたね。
小道具だからなんでも良い、それが行けなかったんですね。
その演目にある流派とかきちんとあるから
小道具方はこだわりを持って小道具を作ってる、
それをなんでも使うって言われたら小道具方からしたら
あれだけ怒るのも当然だったんですね。
加えて梗子はプライドも高いですし。
まあだからと言って松樹が直すように返した
小道具のゲタを直さなくて良いとは思いませんけど。
さて知らず知らずに酷い事を言っていた事を自覚した出雲、
そんな出雲ですけどある光景を目撃して…
それは身体をアップしていた松樹だったんですね。
松樹もこだわりが強いタイプですけど
強いだけじゃなく怪我をしない為のアップも
ちゃんとこなしてますし何より…
松樹の歌舞伎に対する想いも本物なんです。
確かに安全性を優先したら梗子が用意した物で良いでしょうけど
松樹は松樹でより良い舞台というのを優先して
怪我をするかもしれない扱いづらい物なら
それに見合う芝居をするだけ、
ただの御曹司じゃないんですよ松樹は。
舞台の事を真剣に考えてるからこだわりも強い、
使いづらい物でも上手く使おうとする覚悟もある、
噛み合わなかっただけで松樹も梗子も大差ないんですよね。
そしてその事を梗子にもわかってほしかったから
庵寿郎のブロマイドを使ってここまでおびき寄せたんでしょう。
さていよいよ藤娘の千秋楽の時が来て…
千秋楽でようやく庵寿郎の言葉の真意に気づいたみたいですね。
例え舞台では1人でもそれまでの準備には
梗子のように多くの方々が関わって支えてる、
だから1人で立つ舞台でも1人で演る演目は1つもないって事ですね。
地味に深い話ですよこれは。
そして梗子も良いサプライズしてくれますよ。
これなら口に出さなくても彼女が伝えたい事がわかりますね。
さて笑顔を思い出した出雲の肝心の藤娘ですけど…
うぉぉぉおお!!!トリプル出雲ぉぉおお!!!
幼さがある出雲にぃぃいいい
あどけない幼さが残る出雲ぉぉおにぃぃいい
色気全開の出雲ぉおぉおお!!!!!
最後の幼い感じと大人な感じの
対比も良いですぅぅう!!!
良いですよぉぉおおお!!!!!!
これで出雲はまた1つ成長ですねぇええ!!!

しかし後押しいてくれた梗子も出雲が
あれほど演るとは思ってなかったみたいですね。
これで彼女も出雲の事を少しは認めたでしょう。
そして松樹も梗子も何気に成長したでしょう。
梗子は使ってくれる人がいるから
小道具の存在価値がある事に気づき、
松樹も小道具があるからこそ舞台ができると
2人共、どちらも大事な事と
気づけたみたいですしなによりです。
もっともそれで犬猿の仲が
変わるわけじゃないっぽいですけど(笑)
スポンサーサイト
category
國崎出雲の事情
Relation Entry

Comment

ある番組によると歌舞伎役者っておもらしをする事が多いようですが
そういう展開は好みじゃないですか?(例え可愛らしい表情が見れても)

暗殺教室の潮田渚はその後実際に調べたんですか?
  • 2013⁄05⁄02(木)
  • 20:27
  • [edit]

Re: タイトルなし

> ある番組によると歌舞伎役者っておもらしをする事が多いようですが
> そういう展開は好みじゃないですか?(例え可愛らしい表情が見れても)
さすがにそこまで特殊な趣味は…
> 暗殺教室の潮田渚はその後実際に調べたんですか?
はい!!まさかあんな可愛い男性キャラが暗殺教室にいるとは!!!
ちょうど今週号の話で目立ってましたし!!!
単行本の表紙から微妙な感じと思ってましたけど
これなら断然ありです!!!!!
  • 2013⁄05⁄08(水)
  • 07:19

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2121-3dff678d