クロスファイトビーダマンeS第32話「さらば友よ!ガトリング=デスシエル」感想

ナオヤの策とカモン達の熱い魂で
本来の熱いB魂を取り戻したビャクガ、
そんな当初の目的を成功させたナオヤは引き続き
グランドBマスター側へスパイ活動を行う、
そんな中、グランドBマスターの新たな配下、
エージェントダークが姿を現して…

百十の獅子が牙を向く!!!!
さて引き続きグランドBマスター側に潜り込み
スパイ活動に専念するナオヤですけど…
確かに言われてみれば最近はカオスの姿がないですね。
確か最後に姿を見せたのはカケルが闇に囚われた
カモンを救った後に謎の陰と接触した時でしたよね。
確かにあの後から彼女の姿全く観てないです。
それは一体何故なのか…
さて一方の南エリアではどこかで
ロードファイトが行われてるという情報が…
って百十の獅子(笑)来堂オウガ来ました!!!
というより一応サポートメンバーとして
クレストランドに来たんですよね?!!!
なに、ロードファイト活動行ってるんですか?!!
しかも主催者はバサラ?!!!
あぁ、バサラにそそのかされたんですね(笑)!!
ほら、オウガって単純キャラですし(笑)!!!
もといバカキャラ(笑)!!!!
というよりナオヤが悪役時代の時も
その性格から彼らの仲間になった時も
あるんですよね(笑)!!!!
まあ元から悪役じゃなくただのバカなので
悪意は全くないですけど(笑)!!!

しかしこれはなんとも珍しい組み合わせです。
ならず者ビーダーのバサラと単純バカのオウガの組み合わせって。
さてカモン達がバサラ達とタッグロードファイトをする事に
なったその頃、西エリアではクロスファイトを広めるべく
ビャクガとダイキが活動を開始しようと…
って暗黒寺ゲンタ来ました!!!
これは早くも因縁の対決じゃないですか!!

しかしゲンタもグランドBマスター配下であるものの
そこまで悪いキャラじゃない感じがします。
ビャクガに挑む前も親友として彼を仲間に引き戻す説得してましたし、
雰囲気や言動も熱いタイプなのでなんでそんな
ビーダーがグランドBマスターに忠誠してるのか気になります。
さてそんなこんなで南と西でそれぞれロードファイトが開始され…
そんな中、力を遺憾なく発揮させるのはゲンタ!!
彼の使うビーダマンはガトリング=デスシエル!!!
安定感に特化したレッグパーツに
片側に装備した連射用エンブレム!!!
そして極めつけはガトリングコア!!!
ガトリングコアはグリップを回す事で
超連射できる名前の通り
ガトリングをし意識したコアパーツです!!!!
そしてカモン達と戦うオウガも新たな力で圧倒!!
そんなオウガの新レオージャはジャット=レオージャ!!
グリップ重視のヘッドとアームに
ダッシュ力と安定性の両方を併せ持つレッグに
ジャットコアはトリガーを押すと同時に
タイヤも回転しパワーを増幅させる強力なコア!!!
まさにパワーに特化したビーダマンです!!!

さて一方のゲンタに苦戦するビャクガは
ダイキのタイガルを使いパーフェクトレイドラへ…
ってゲンタも負けじとチューンアップ?!!
チューンアップパーツ「ダッシュスタビライザー」!!
重量アップと機動性を併せ持ち
さらに可変する事で状況で戦い方を
変える事もできるパーツ!!!!
これによりガトリング=デスシエルは
奪取ガトリング=デスシエルに!!!!
これはビャクガの敗北フラグがアップしてますよ!!
とは言え、カモンもカケルもビャクガも
やられっぱなしなわけないですね。
そう、簡単にやられるはずが…
ってあっという間に反撃されビャクガが?!!
同時にバサラ達との戦いもカモン達が?!!

とは言え、カモン達の方は最後はチームワークが
崩れた事が敗因でしょうね。
思えばタッグのロードファイトは初めてですし
カモンに至ってはタッグバトル事態初めてですし。
さて一方、ゲンタに負けて気を失った
ビャクガですけど目覚めましたけど西エリアは…
さて南エリアでオウガ達に負けたカモン達ですけど…
ってバサラが開いたロードファイトには
勝者絶対の掟がない?!!!

でも言われてみればそうですよね。
ロードファイトには罪はなく
ロードファイトの勝者絶対の掟が悪い訳ですし
その掟が無ければロードファイトはスリルある
立派な競技なんですよね。
今回は負けてしまいましたけど
今回を期にロードファイトへの考えを改めたはずですし
それだけでも十分な成果と思います。
さて一方、グランドBマスター側で探りを入れてる
ナオヤですけどそんな中、彼はある事に気づいて…
ってカオスが一般人化?!!!
それどころかカオスとしての記憶がない?!!

どうやらカオスはただの操り人形だったみたいですね。
おそらくグランドBマスター側からもう不要と扱われ
彼女の洗脳を解いて同時にグランドBマスター関連の
記憶も消したのでしょうね。
そして彼女が出入りしてた中で怪しいのは
かつてビャクガ父が営業していた不知火コーポレーション、
今は暗黒寺所有のコーポレーションみたいですけど
ナオヤ、これ以上踏み込んだらやばい気がします。
敵の中に洗脳術が使える者がいる可能性がある以上、
下手したらスパイのつもりが逆に操られ
本当にグランドBマスター配下にされてもおかしくないですから。
そしてもっとも怪しいのがゲンタの父…
つまりエージェントダークなんですね。
ゲンタはビャクガの事を親友と思ってたみたいですし
根は悪くないんでしょうけど彼の父である
エージェントダークは胡散臭さMAXですね。
スポンサーサイト
category
クロスファイトビーダマン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2137-22065b57

◎クロスファイトビーダマンeS第32話「さらば...

ナオヤ:エージェントダークがあらわれて彼女の姿が消えた_ロードファイトって#復活したのかもしれない=→オウガがロードファイト申し込んでくるカモン:こういうひと...
  • 2014⁄01⁄16(木)
  • 01:39
  • ぺろぺろキャンディー