アラタカンガタリ〜革神語〜第207話「街へ」感想

コトハを自らが傷つけてしまったショックで鬼化が解けた革、
コトハを傷つけた罪悪感と再び鬼化してしまった罪悪感を
感じて1人となった革の前にセオが再び現れる。
事情を聞いたセオはコトハを治す手がかりとして
革に共にイキスの都に行くように言い出して…

色彩実験中です、色はこの色に近いものが主軸なので
緑もしくは青に近い色以外は基本のカラーには
しないのでご了承ください。
なおブログの文字色決めるパレットの
青もしくは緑のカラー全て試した末に
どれもイマイチという意見が出た場合は
元の黄緑の色彩に戻します。
さて前回、セオと再会しコトハの傷を治すべく
共にイキスの都へ行く事になった革ですけど…
どうやらイキスの都にはコトハと同じ采女族がいるみたいですね。
さすが伊達に秘女族関連に詳しいだけはあるところですね。
さて一方コトハを見守ってるカンナギ達ですけど…
まあ医者を探しに行くのは自然の流れでしょうね。
仲間の回復ポジが今倒れてるコトハしか居ず、
そのコトハは自分の傷は治せないので
彼らには医者を探すしか道はないわけですし。
しかし未だにナサケは信用されてないとは…。
あんなにすごく可愛くて萌えるのに!!
まあ六ノ鞘の属鞘なわけですし
カンナギ達が未だに怪しむのは当然ですけどね。
でも根は純粋ですし利用されてる可能性はあっても
スパイとかそういう立場ではないでしょうけどね。
さて一方、イキスの都で采女族を探す革とセオですけど…
どうやら都の人達は香りを奪われ嗅覚だけ残されてるみたいですけど
秘女族に仕える采女族は秘女族の老婆の天通力で
守られてるはずだから香りを奪われてない人間や
秘女族の人間を見つけ出せば良いわけですね。
しかしこうなってしまうと今更ながらラミの死は大きいですね。
キクツネの一件の時にラミが亡くなりましたけど
生きていたら早くコトハの傷を治せたわけですし。
まあなんにしても今、可能性があるなら
都にいる采女族を見つける事にかけるしかないですね。
さて采女族を探す革ですけど1つセオに聞き始めて…
それは自身の鬼化に対しての事ですね。
確かに鬼化しないと約束した相手に悩みをぶちまけたとは言え、
肝心のセオは革の辛い気持ちを暖かく包んだりしましたけど
革の鬼化に対する意見は出してないですしね。
まあそれは置いておいて今の革は全然らしくないです。
カナテが門脇に降された事(思い込みですけど)に対し
憎しみが生まれ始めてるのは確かですし革がああなるのも
当然と言えば当然ですけど果たしてカナテがそれを臨むはずないですし
むしろ今の革をカナテが見たら彼は浮かばれないでしょうし。
そんな憎しみを顕にする革に対しセオは今はそれでもと言いますけど…
でもそれは革自身、その行動に責任を持てるかも問いてるんですね。
セオは革の考えを否定する気はないですけど
それによって起こる出来事全てに対し責任を持てと言ってるんでしょうね。
現にイキスに操られていたとは言え憎しみと悲しみからの
衝動的な怒りを利用されて革は鬼化していって
コトハも傷つけてしまったわけですし
そういう意味で責任を持てるか問いてると思います。
でも今の革はその責任を理解してないっぽいですね。
憎しみは新たな被害や犠牲を生む可能性がある事、
その責任に革は怒りとかで頭がいっぱいで気づいてないのは無理ないですし。
さてそんな革とセオ、そして医者を探すナサケ達がいる都ですけど…
って六ノ鞘アメエノが襲撃を?!!!
ちょっと待って下さい!!!!
2人共、同じ六ノ鞘じゃ?!!!
イソラがキクツネを見捨てた展開とかは
ありましたけど自ら降し合いを仕掛けるって?!!
それってカンナギVSアカチ戦以来の
十二神鞘同士の降し合いって事じゃないですか!!
いや!!六ノ鞘同士は初ですけど!!!
彼らは同じ現実世界に戻る事を目的とした
言わば利害一致の同胞で降し合い始めるとしても
彼の目的である元の世界に戻るという目的達成からと
思ってましたけどここでアメエノが仕掛けるとは!!!
しかもイキスの驚き様からアメエノの襲撃は
完全にイキスの想定外なようですし
これもしかしたら鬼化VS鬼化もありえます?!!

ただ問題は革とナサケの立ち位置ですね。
今まで六ノ鞘を降したのは門脇ですけど
現状では門脇はまともに戦える状況じゃないでしょうし
門脇が彼ら2人共降す事はないと思いますけど
イキスとアメエノが戦えば民に被害が出るのは確実、
でも民を守るという事はイキス領を守る手伝いにも
なる訳ですし革は悩むでしょうね。
イキスは敵ですけどイキスの都に住む人々は
イキスの被害者なわけですしいくら今の革でも
それくらいは気づいていると思いますから。
そして気になるのはナサケ、
アメエノの襲撃が開始された以上、
ナサケの性格から彼を止めようとする可能性ありますけど
そうしたらアメエノがナサケを邪魔者と見なし
殺しにかかってもおかしくはないですし…
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

コトハの回復の同時並行で革が六ノ鞘を降しますかね~

革の性格上、表向きは門脇を降すとは言ってても
止めを刺せなかったり、仮に降したとしても
複雑な気持ちが残り続けるでしょうしね。
  • 2013⁄05⁄22(水)
  • 07:14
  • [edit]

Re: タイトルなし

> コトハの回復の同時並行で革が六ノ鞘を降しますかね~
今回は降せるんじゃないでしょうか?
いくら六ノ鞘2人降してる門脇も今の具合じゃ
まともに戦えるとは思えないですし。
> 革の性格上、表向きは門脇を降すとは言ってても
> 止めを刺せなかったり、仮に降したとしても
> 複雑な気持ちが残り続けるでしょうしね。
でしょうね。そういうところが革の個性ですし。
  • 2013⁄05⁄29(水)
  • 20:26

お久しぶりですー

基本教科(ていうか…社会苦手…)のテスト結果が芳しくなくって…暫くネット禁止令出てましたT_T
夏休みになってネット解禁!←

> 色彩実験中です
ありがとうございます! すごく目に優しくなりました+:。ヾ(o・ω・)ノ゜.+


花月さんの文章好きなのでまた遊びにきていいですか?(*´艸`*)
  • 2013⁄07⁄23(火)
  • 09:58
  • [edit]

Re: お久しぶりですー

> 基本教科(ていうか…社会苦手…)のテスト結果が芳しくなくって…暫くネット禁止令出てましたT_T
> 夏休みになってネット解禁!←
それでこれなかったんですね。なるほどです。
> > 色彩実験中です
> ありがとうございます! すごく目に優しくなりました+:。ヾ(o・ω・)ノ゜.+
ではこれからはこの色主軸でいきますね。
>
> 花月さんの文章好きなのでまた遊びにきていいですか?(*´艸`*)
もちろんです。大歓迎しますよ。
  • 2013⁄07⁄29(月)
  • 22:38

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2141-5ce997b6