アラタカンガタリ〜革神語〜第208話「空襲」感想

コトハの傷を治すためにイキスの宮で
采女族をセオと共に探す事となった革、
しかし突如として同じ六ノ鞘であるはずの
アメエノがイキス領に攻撃を開始、
イキス領は戦火に見まわれて…

表紙&巻頭カラー!!!
さて今回は表紙&巻頭カラーですけど表紙は
革とカンナギとヤタカという革サイドの鞘集結って感じですね。
巻頭カラーの方は革と五天鞘が担当、
しかしこうして巻頭カラーで革と五天鞘が揃うと
本当にイケメン揃いというのが良くわかります!!!

まあ実際にこの6人が揃う事はもうないんですけどね…。
全てが終わった時にはヨルナミ達降った鞘とかは
開放される可能性はありますけどアカチはすでに…ね…。
さて本編の方ですけど突如としてイキス領に攻撃を開始したアメエノ、
このままでは探している采女族も見つける前に
死んでしまう可能性があって…
しかしいくらカナテ関連でらしくなくなってる革でも
イキス領が襲撃されてる時はいつもの革で安心です。
襲われてるのは敵であるイキスの領、
でも敵の領土と言ってもイキスの宮の民も被害者で
アメエノの襲撃を喰らって殺されてるわけですし
それを見過ごす程に自分を見失ってはいないわけですし。
こういう目の前で誰かが苦しんでる時は
迷わず助ける事を選ぶのは間違いなく革の強さです。
さて采女族探しはセオに任せイキス領の人々を助ける為
消火活動などを行い始める革、そこでカンナギ達と合流して…
まあ戦火の炎となると水で消すのも効果ありますけど
炎を操れる火焔を使うカンナギの方が効果強いですね。
しかしこの戦火が鬼の瘴気でなくてよかったです。
鬼の瘴気込みの戦火だったらカンナギでは消せないですし。
さてそんな中、セオの合図が届いたみたいですけど
思い起こせばカンナギはセオの存在を知らないんでしたね。
セオは革などごく一部のキャラの前にしか姿見せないですし。
でもこの分じゃ今回の一件が片付いたらカンナギに
セオの事を聞かれるでしょうね。
さてセオの合図からセオの元へ向かった革は
采女族の女性を見つけて…
まあこの戦火ですし治癒能力がある采女族の女性が
重症の人々を救うべく動いているのは当然ですね。
でも革にとってコトハも大切な存在で助けたい仲間、
革は采女族の女性にコトハの治癒を頼み…
采女族の女性も革の話からコトハを救う事に
協力する事にしたみたいですね。
同じ采女として誰かの為に命がけで頑張る同族を
助けたいと思ったのでしょうね。
そして革がどれだけ助けたいと思ってるのかも
彼の真剣さから理解したのでしょう。
さてこれでコトハを助ける術は見つかったわけですけど
セオは自分が采女族の女性をコトハの元へ連れて行くと言い…
それは今の革に一方的な戦いがどういうものか
学ばせる為なんですね。
誰かを救う為なら迷いはない革ですけど
大切な仲間を失った怒りとかでは我を忘れる
危うさも同時にもってます。
それは一方的に襲撃をしているアメエノと大差ない、
それを革に学ばせようとしてるんでしょう。
さて采女族の女性をコトハの元へ連れて行く事にしたセオですけど…
って采女族の女性はすでに重症?!!
まさかそんな身体で傷ついた民達の
治療を行なっていたんですか?!!
それも重症をしている事を顔に出さずに?!!

采女族の女性の精神力はすごいですね。
それほどの重症を追いながらも
自らの治癒能力で誰かを助ける為に
重症を負ってないように装いながら
助けるなんて早々できる事じゃないです。
でもそれもだいぶ限界に近いんですね…。
おそらく彼女はもう助からないでしょう…。
でもそれでも革が助けたいコトハの為に
最期の力を振り絞るんでしょうね…。
さて一方の革の方はカンナギ達と再び合流、
そしてついにアメエノと対峙して…
眼とか盲目とかそういうのと関係ある
神意を使うのは間違いないでしょうけど
アメエノの実力がどれほどのものか気になります。
そしてもう1つ気になるのはナサケです。
彼の性格からアメエノを止めたいと思うのは
間違いないですけどアメエノが勝手に動いた
ナサケの話を聞くとはとても…
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

アメノエとイキスの鬼化同士のガチバトルはありますかね~
  • 2013⁄06⁄03(月)
  • 23:32
  • [edit]

Re: タイトルなし

> アメノエとイキスの鬼化同士のガチバトルはありますかね~
そこは僕も期待してるところです。
  • 2013⁄06⁄08(土)
  • 16:58

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2154-35db7c6b