クロスファイトビーダマンeS第36話「決戦だぜィ!ガルバーンvsデスシエル」感想

オウガの元へ駆けつけたカモンとカケル、
しかし勝敗はすでに決まりオウガが敗北した後だった、
そんなオウガを破ったゲンタに対しカモンは決着をつける為
前回引き分けたゲンタにロードファイトを…
さてついにゲンタとの決着をつけるロードファイトが始まりましたけど
さすが前回のバトルが引き分けなだけあって両者互角ですね。
ゲンタのデスシエルの超連射はカケルやビャクガを倒してるだけあって
凄まじい超連射ですし対するカモンはあえてポイントのがして
その一瞬の隙に次のポイントを奪うという肉を切らせて骨を断つ
戦法でまさに互いが持てる技術と力がぶつかり合ってます。
そしてバトルを見るビャクガの方は敵味方に別れこそしましたけど
今もゲンタの事を親友と思ってるんですね。
まあ実際、ゲンタは本当にビャクガを友と思ってたわけで
そこに裏表はなかったわけですしね。
さてそんなバトルをモニター越しでグランドBマスターリョーマも監視して…
っていきなり停電でモニターの回線が?!!!
ってやったのはスバルやシュモンでしたか!!!
しかもその間に映しだしたのは
スパイクフェニックス?!
やはり伝説のフェニックスとは
スパイクフェニックスでしたか!!
そしてついに明かされる
エージェントダークの真実!!!
ってビーダマンを兵器利用来ました!!!
やはりこのネタはやるんですね!!!
ビーダマンの作中の破壊力から
いつかは本格的に兵器に利用来ると思ってました!!
そしてその事実に動揺を隠せないゲンタ!!

やはりゲンタは何も知らされてなかったんですね。
エージェントダークが実の父という事、
彼がビーダマンを兵器に利用しようとしてる事、
そのデータ収集の為に作られたのがデスシエルという事、
デスシエルの禍々しい力はやはり制作側の
悪意が染みこんでいたからなんですね。
デスシエル自身もこの事実に動揺を隠せないみたいです。
まあ今までゲンタの相棒として作られたと思ってたみたいですし
兵器開発のデータ収集の為に作られたとは
微塵も思ってなかったのでしょう。
さらにビャクガの父が無実の罪で捕まったのも
安国寺父の策略で最初から不知火コーポレーションを
乗っ取るつもりで動いてただけだったとは…
これにはビャクガも問いただしたくなるのは当然です。
でもゲンタ自身は全く知らなかったんですよね。
ゲンタはビャクガを本当に友と思ってますし
父親が不知火コーポレーションを乗っ取る為に
暗躍してた事も今知ったわけですから。
それにもし真実を知っていたのなら
真面目なゲンタが父を慕うはずないですし。
さてそんな事実が判明したわけですけど
突如モニターが切れた事から何か起きた時の為に
仕掛けられたドラゴンビットがカモン達の元へ…
もうビャクガに迷いはないですね。
さっきはあまりの衝撃的な事実でゲンタを
疑ってしまいましたけどゲンタもまた何も知らなかった、
それはゲンタが自分を友として思ってくれた事は
嘘偽りなく本当に友として思ってくれてた事、
迷いが消えたからこそカモンとゲンタの試合を
誰にも邪魔させる気はないんでしょうね。
そして動揺しているゲンタですけど
彼もまたカモンとビャクガの言葉で変わり始めてるんですね。
カモンは家族関連のアレな関係からゲンタに共感、
そしてビャクガはビャクガにとっても
衝撃的な事実だったはずなのにゲンタを友として
2人の戦いを守ろうと活気になってる、
2人の心に触れたゲンタが選ぶ選択は…
やはりゲンタは真面目で一直線ですね。
カモンとビャクガの気持ちを理解し嬉しいと思う反面、
グランドBマスターの信頼も裏切れない感じですね。
でも自分の進むべき道を決める為に、
自分の信じる力の為にカモンと決着を着ける、
それがゲンタの選んだ道なんですね。
それがどうなるか決着がつくまでわかりませんけど
きっとどういう結果でもゲンタは後悔しないでしょう。
彼は誰よりもまっすぐで真面目な男ですから。
そしてそんなゲンタの想いにカモンも応えるんですね。
まさに互いの想いと想いをビー玉に乗せてぶつけあう、
これこそビーダマンのバトルだと思います。
さて互い共に相手を理解したカモンVSゲンタ、
その互角の戦いの勝負の行方は…
カモンの勝利!!そしてゲンタも迷いが
吹っ切れてカモンの仲間に!!!!
これで東西南北のBマスターが全員揃いましたね。
元々ゲンタは悪いキャラじゃなかったので
これはすぐに馴染めそうですね。
さて一方グランドBマスターサイドでは
ゲンタが裏切った事がすでに情報として入って…
ってエージェントダーク、かなり動揺してますけど
裏切った原因はエージェントダーク自身ですから!!
そりゃ自分に真実伏せてビーダマンを破壊兵器に利用、
挙句の果てに友の父の会社を乗っ取ったって
知ったら真面目なゲンタが裏切らない方がおかしいです!!
そしてついにリョーマの愛器の正体も判明!!
その名もライト=ドレイクと
レフト=スタリオン!!!!
というよりまさか二丁拳銃タイプ
だったんですかリョーマ?!!

そりゃ2つも使いこなせるんじゃ
グランドBマスターの地位につけますし
カモンも圧倒しちゃいますよ…
でも不幸中の幸いはまだ麒麟の力は
リョーマの手に渡ってない事ですね。
麒麟の力を手に入れさせずフェニックスを先に
手にする事ができればリョーマを止める事もできるかもです。
スポンサーサイト
category
クロスファイトビーダマン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2165-72257972