クロスファイトビーダマンeS第38話「究極の敵!トリプル=ギルシオン」感想

リョーマ達よりも先にフェニックスを見つけ出すべく
フェニックスバトルアイランドへと乗り込んだカモン達、
しかし上陸前にリョーマ達が仕掛けたドラゴンビットの襲撃により
カモンとアオナ・カケルとオウガ・ビャクガとゲンタという
組み合わせでバラバラになる事を余儀なくされる。
さらにそんな中、ビャクガとゲンタはリョーマに敗れ、
カモンは忍び込んで来た自称バサラの弟分のリュウドウに敗れ…

最凶最悪!!邪悪な聖獣が今目覚める!!!
さて前回、カモンはリュウドウにビャクガとゲンタは
リョーマに敗北してしまったわけですけど
一方その頃、グランドBマスターの命でナオヤと
エージェントダークは待機してるようで…
本来なら総力をもって攻めるんでしょうけど
リョーマ自ら出陣で自分だけで十分という事は
グランドBマスターなだけあって相当の実力と
そして精神的な余裕があるのでしょうね。
そして息子のゲンタがやられても
微動だにしないエージェントダーク、
結局彼にとって実の息子も自分にとって
利用できる良いコマとしか見てなく
ゲンタが裏切った今は用済みと切り捨ててるのでしょう。
カモン達に感化されかつ父親の正体を知ったゲンタは
この邪悪な存在である父親を止めれるか疑問です。
実の息子でさえ扱いやすい存在としか見てなかった
男を改心なんてさせる事ができるか怪しいですし。
さて一方のカケル達はビャクガとゲンタの元へたどり着き…
でもそこにはグランドBマスターもいるわけで
彼との戦いは避けられない運命なんですよね…。
ラスボスクラスの敵ですしカケルでも勝てる気が…
そしてリョーマの生贄という言葉が気になります。
もしかしたらただ自らの手でカモン達を
倒す以外に何か目的があるのかもしれないです。
さて一方、様子見状態なリュウドウですけど…
ってやっぱり自称でしたか!!!
まあバサラの知り合いなのは事実でしたけど
完全にバサラからは厄介者扱いされてますよね?!
というよりドラゼロスはノリノリなんですが!!
もしかしてドラゼロスって意外に
ノリの良いキャラなんですか(笑)?!!!

さてカモン達もようやくたどり着きましたけど
そこにはリョーマに倒されたカケル達が…
しかしカモンはリョーマと戦った事があるので
彼の機体の事も当然知ってると思ってましたけど
レフトスタリオンの方は完全に知らなくて
かつて戦った時はライトドレイクのみだったみたいです。
その時はドレイクしか持ってなかったのか?
それともカモン相手にスタリオンを使うまでもないと思ったのか…
さてついにカモンVSリョーマの宿命の兄弟対決が始まって…
どうたらライトドレイクがパワーで
レフトスタリオンの方は連射タイプみたいですね。
しかし先制点を入れたのにカモン余裕無さ過ぎますよ…。
相手がリョーマだから無理ないですけど
先制点入れたのにこれじゃリョーマの方が勝ってる印象が…
ってリョーマ3つ目の愛機と3体合体?!!
トリプルギルシオン?!!!
まさかあれがフェニックスと対になる
麒麟の力を宿した邪悪なビーダマンなんですか?!!
やはり麒麟の力はすでにリョーマの手に!!
そんなトリプルギルシオンは大型サイドに
超大型パットでパワーを伝えやすく
3発同時発射も可能と力を重視した
まさに究極の力を持つビーダマン!!!!
おまけにトリプルエンブレムチャージで
その破壊力は更なるものに!!!
こんなの今のカモンじゃ勝てないです!!
しかもカモン達も利用されていたなんて!!!
つまりフェニックスの封印を解く為に
自ら出陣しカモンやカケル達とバトルをしてたと!!!
ギルシオンだけでも厄介なのにフェニックスの力まで
悪用されたらとんでもないんですけど!!!
ってそこについにリュウドウ来ました!!!
でもフェニックスを奪うのには失敗!!

しかしリュウドウの一撃でフェニックスから
放たれた不死鳥の力が気になります。
もしかするとあの一撃で力だけが
スパイクフェニックスから抜け出し
リョーマの手にあるスパイクフェニックスは
力を無くしたただの抜け殻と化したのかも知れないです。
さて戦い疲れ利用されたカモンをアオナは支え…
ってリョーマに異変が?!!!
どうやらリョーマもまた操られてるっぽいですね。
アオナが名乗り出るまで彼女が実の姉という
事を忘れていたみたいですし。
思い起こせばリョーマが豹変したのは
ドラゴルド騒動の時、
本来のリョーマの精神は別にあっても
不思議ではないです。
しかしリョーマってアオナの弟で
リョーマはアオナの弟だったんですね。
てっきり一番上がリョーマと思ってましたよ。
そして今のリョーマはギルシオンに操られてるんですね。
スポンサーサイト
category
クロスファイトビーダマン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2185-5860c43a