アラタカンガタリ〜革神語〜第213話「絶対」感想

圧倒的な力の差でイキスを一方的に降した六ノ鞘アメエノ、
そんなアメエノはイキスを降した後は革達にも牙を向ける。
しかしそんな中、ナサケが革を守る為に立ち上がり
さらに彼はアメエノの実の息子という事実が判明する。
ナサケの妨害で興が冷めたアメエノはその場を去るが
イキス領は完全に崩壊した状態で…
さてアメエノが興が冷めた事で助かった革達ですけど…
まあすぐにアメエノを追うのは無理っぽいですね。
思えば革達って浮舟持ってなかったんですよね。
カンナギの持ってた浮舟は初期の展開の時に壊されましたし
ヤタカの方も旅に同行した時も浮舟使ってなかったですしね。
今思えばあの時、浮舟で他の領土へいかなかった事が…
でも仮にあの時、ヤタカの浮舟手に入れてても
キクツネが暗躍始めた時の頃を思うと持ってきても
あの時に破壊される可能性は十分ありますしどっちみち同じですね。
さてナサケがアメエノの息子と判明しましたけど
革はその事は気にしてないみたいですね。
まあ本当にナサケがアメエノのスパイなら
アメエノの目の前であんな行動でないですし
彼は行動で自分の想いを顕にしたので
革からすれば彼を疑う理由はないですしね。
しかしイキス領の人々は革達鞘に悲しみを顕にしてますね。
まあ彼らは大王争いに巻き込まれた被害者ですし
彼らの文句もわからなくはないですね。
匂いを奪われて帰ってきたと思えば前の惨劇で
多くの一般人が死んだわけでこんな時に匂いが帰ってきても…。
しかし匂いを奪われたのって数ヶ月前って
もしかすると秘女王が無事だった時は
六ノ鞘の領土の人々もひどい目には合ってなかったという事ですね。
思えば5感を奪うアレは劍神の神意ですし
秘女王が無事だった時は彼らの劍神も秘女王に
制御されていたので当然と言えば当然ですが。
まあいずれにしても革が戦いを終わらせると言っても
今回の惨劇の被害者からしたら信じろというのも酷でしょうね。
カンナギのフォローがなければもっと信じなかったでしょうし。
でもあのカンナギも今では良い仲間ですね。
昔のカンナギだったら革は信じるに値する男だなんて言いませんよ。
カンナギは革に降ってないですけどこれもまた
鞘を束ねるという意味では加わってるんでしょうね。
少なくとも革はすでにカンナギの心を変えたのは間違いないです。
さて今回の一件を期にカンナギはこれまで通った他の領土の
属鞘達を降し合いに巻き込まれた地に派遣するっぽいですね。
まあ革達は秘女王の元へ急がないといけないですし
かと言って戦いに巻き込まれた人々を
見捨てるわけにもいかないですしここは
旅先で通った領土の属鞘達に任せるしかないでしょう。
クグラ領にいる八風陣の属鞘達は性格に難ありで
頼りになるか微妙なところですけど(笑)

ヤタカ領のサント達属鞘達とか
アカチ領のカバネ達属鞘とか
キクツネ領のタギリ達属鞘とかは頼りになるでしょう。
サント達はヤタカの属鞘ですしすぐ行動に移してくれるでしょうし
カバネ達やタギリ達も革との出会いで救われた者達なので
革達の頼みなら快く引き受けそうです。
さて一方の門脇サイドの方ですけどしばらくは
革達の行動を監視する方に回るみたいですね。
まあ革ならこのままアメエノの元に向かうでしょうし
アメエノの鬼化の力とか改めて確認したいとか
その上で自分がライバルと認めてる革が
どう戦うのか確認したいのでしょうね。
求める強さを持つアメエノと自分がライバルと認める革、
2人の強さは対極的でありその対決を見た上で
門脇は今後どうするか決めるのかと思います。
さて一旦、ナサケの舟に戻った革達ですけど…
まあヤタカが精神的にダウンしてるのは無理ないですね。
セオから色々指摘されたりこうしてる間にも
秘女王の命はとか言われまくられたりしてましたし
ガラスのハートなヤタカからすれば十分すぎる精神攻撃ですからね。
さてコトハの様態を確認したい革ですけど
コトハが無事だった事に安心したみたいですね。
でも代わりにコトハを助けた采女族の女性が…
でもその死はただの死ではなく彼女の生命は
確かにコトハに受け継がれてるんですよね。
そしてそれは革も同じで革に降った鞘達の生命は
確かに革に受け継がれています。
そして門脇に降ったカナテも死んだわけではなく
逐力の中で確かに生きてる、
コトハのこういう言葉は今の革には救いですね。
どれだけ辛い事があってもコトハは革を支えてくれる、
そういう意味合いにもとれますから。
さてアメエノ領に向かいつつ他の領土の属鞘に連絡したいみたいですけど
どうやら壊れてしまって使い物にならなくなったみたいですね。
これじゃあ属鞘達に連絡もできず、アメエノの元へ向かう事も…
ってイキスの舟に希望を?!!
確かにイキスは降されても彼の浮舟は
まだ無事という可能性は少なからずあります!!

でもあれほどの戦いの規模ですし無事という保証を…

ってすごく無事でした!!!!
もう奇跡に近いほどピンピンしてますよ!!!
これなら属鞘達へ連絡もとれますし
今まで以上に早く他の領土へ向かう事もできますよ!!!
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

アカチの属鞘も能力はともかく純粋に絆があると言えるのはカバネ以外では?
  • 2013⁄07⁄13(土)
  • 08:52
  • [edit]

Re: タイトルなし

> アカチの属鞘も能力はともかく純粋に絆があると言えるのはカバネ以外では?
まあカバネがいるだけマシという事で。
  • 2013⁄07⁄18(木)
  • 21:16

常に天通力で劍神を制御する、それが秘女王の役目であり、それが秘女王や秘女族の命を六ノ鞘が狙っていた理由ではないでしょうか。
実際に秘女族の女性のみが持つ天通力は神意に対抗できます。

結局イキスの属鞘は姿を見せなかったですね。イソラの属鞘も文字になっていただけでした。アメエノやシムの属鞘に出番はあるでしょうか?
  • 2013⁄08⁄18(日)
  • 01:30

Re: タイトルなし

> 常に天通力で劍神を制御する、それが秘女王の役目であり、それが秘女王や秘女族の命を六ノ鞘が狙っていた理由ではないでしょうか。
> 実際に秘女族の女性のみが持つ天通力は神意に対抗できます。
まあ秘女王が天和国と現実世界を自由に行き来できないようにしていたわけで
彼らは現実世界に戻る為には厄介な存在ですしね。
> 結局イキスの属鞘は姿を見せなかったですね。イソラの属鞘も文字になっていただけでした。アメエノやシムの属鞘に出番はあるでしょうか?
ちょい難しいですね。ナサケはアメエノの息子だから出てますけど
そういう例じゃないと厳しいかもです。
  • 2013⁄08⁄21(水)
  • 19:50

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2202-a1ab3184