クロスファイトビーダマンeS第42話「打ち砕くぜィ!ダークの野望!」感想

フェニックス救出の為に不知火コーポレーションに乗り込んだカモン達、
そこでカモンは兄でありグランドBマスターのリョーマと対峙、
一方その頃、カケル達はカモンとは別でフェニックス救出に向かっていて…

フェニックス救出戦クライマックス!!!!
さて兄リョーマと死闘を繰り広げるカモン、
しかしアルティメットドライブガルバーンの力でさえ
トリプルギルシオンを前に圧され始めてるようで…
ギルシオンに対抗する究極のバージョンアップパーツでも
麒麟の力を有するトリプルギルシオンの力の前では
圧倒はできずある程度互角にしか戦えないとは…。
悪しきビーダマンといえども
伝説のビーダマンは伊達じゃないって事ですね。
さて一方、完全に足止めを喰らい
先に進めないカケル達ですけど…
ってスバル達と合流来ました!!!!
遅れながらもナイスタイミングです!!!
これなら戦力的にも突破できますよ!!!
というよりみんなの登場に
眼を輝かせるカケルがもぉおおおお
可愛すぎなんですけどぉおおおお!!!!
こういう純粋な感じがもぉぉおお
可愛さ半端ないんですよぉぉおお!!!!!

さて一方、リョーマに苦戦するカモンは
僅かな隙を狙い必殺ショットにかけたようで…
やはりアルティメットパーツでも
カモンがここまで圧倒されるなんて…
って吹き飛ばされた際にカモンが落とした
家族の写真にリョーマが反応を?!!!

これはやはり…
ってカケル達が来たと思えば
機能停止してなかったBクラッシャーが
リョーマがいるのに攻撃を?!!!
でもこれでリョーマがギルシオンに
操られてる決定的な証拠が!!!!
倒れたリョーマのうなじには
操られてた時のカモンと同じ紋章!!!
これこそまさに動かぬ証拠ですよ!!!

でも救出前にエージェントダークに手を討たれたようで
助けだす事はできなかったみたいですね。
さて、ついにフェニックスが捉えられてるラボに到着し…
いよいよエージェントダーク、
つまりゲンタの父である暗黒寺ゲンヤが
立ちふさがるわけですね。
そして今も息子であるゲンタを引き戻そうとするとは。
暗黒寺一族の使命はそうかもしれないですけど
ゲンタはその前に1人の正々堂々戦うビーダーです。
いくら一族とかでもゲンタはそれに従う理由はないです。
そしてゲンヤの目的はギルシオンを手にし
暗黒寺一族がクレストランドを支配する事だったんですね。
その為にギルシオンを探し出しその片割れである
レフトスタリオンを発見したは良いが
もう片方のライトドレイクは御代リョーマの元にあったと…
ちなみにリョーマが持っていたのはドレイクを発掘したのが
他でもない母のヒミコで正式な手続きの末に
リョーマの物になったとの事、
そしてそれを利用しゲンヤはギルシオンと手を組んで…
リョーマを自分の手駒として操っていたわけですね。
つまり!!これまでのクレストランドでの一件、
その全ての黒幕は他でもない暗黒寺ゲンヤなんです!!!
しかもギルシオンに魅入られてる以上、
リョーマは元に戻らないって!!!!

さてそんな数々の事実が判明したわけですけど
そこへ何者かが連絡を入れてきて…
ってナオヤ!!!!!
ここに来てスパイ活動の
最終段階をし終えたんですね!!!!
今までグランドBマスターサイドの内部を調べあげ
影で動いてきた焔ナオヤ!!!!
影で動いていた為にeSではバトル自体
少ないですけどこのタイミングで
ゲンヤの数々の不正を当局に連絡し
ゲンヤを警察に捕まえる手立てを
打っていたとは!!!
ナオヤ、君こそ影のMVPです!!!
こういう活躍はナオヤしかできないです!!
そしてそれと同時にゲンヤが完全に小者化(笑)!!!
さっきまで黒幕的な威勢がなくなって
もうどんどん小者化しちゃってるんですけど!!!
だって追い詰められたら強硬手段で
なりふりかまわずフェニックス破壊しようし
それをカモン達に阻止されやられるって
もう小者以外の何者でもないじゃないですか!!

さてそれから1ヶ月経ったみたいですけど
あの一件の後にビャクガの父の無罪も証明され
不知火コーポレーションに戻って
黒幕であったゲンヤは当局の取調べ中、
まあ悪行が表に出たわけですし
投獄行きは時間の問題でしょうね。
そしてこれでWBMAはクレストランドで
表向きに活動もできるわけで…
って早速新展開来ました!!!!
WBMAと不知火コーポレーションが協力した
大規模な公式大会「フェニックスグランプリ」!!!
これは次回からの新展開も見逃せないです!!!

後はゲンヤに回収されたリョーマですね。
ゲンヤが捕まったわけですけど
操られてるリョーマの行方は・・・
リョーマの手にはもう1つの黒幕である
トリプルギルシオンもありますし
何か仕掛けてる可能性も十分ありえます…


スポンサーサイト
category
クロスファイトビーダマン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2212-02c50c33