クロスファイトビーダマンeS第45話「逃げはしないぜィ!ゲンタvsリョーマ」感想

WBMAと不知火コーポレーション主催のフェニックスグランプリ、
ついに予選突破の8名が決定、カモン・カケル・ビャクガ・ゲンタ・
リョーマ・バサラ・ナオヤの8名のビーダー達が予選を突破し…
さてついに予選突破者が決まったフェニックスグランプリ、
そんな感じで予選突破したカモン達ですけど…
今回は回想から開始みたいでリョーマの前で
ビャクガとゲンタが競いあった事があるみたいですね。
でもそのターゲットはビャクガとゲンタの力でも
動かせない超強力マグネターゲットとは。
しかしビャクガとゲンタがあれだけ強いのも納得がいきましたよ。
リョーマの元で不可能と思えるファイトもこなしてたからこそ
カケル達をも圧倒できる実力など手にする事ができたんですね。
そしてそういう過去があるからゲンタはリョーマを尊敬してたんでしょう。
今でこそカモン達の仲間ですけど勝負の厳しさとか教えてくれたのは
他ならぬリョーマである訳ですから今でもリョーマには感謝してるのでしょうね。
さてそんなこんなでいよいよフェニックスグランプリ、
本戦の組み合わせを決める時が来て…
第1試合はゲンタVSリョーマ、第2試合はビャクガVSナオヤ、
第3試合はカケルVSバサラ、第4試合はカモンVSスバルみたいですね。
微妙に読みづらいのは第2試合ですね。
ナオヤも強いですけどビャクガもただでやられると思えませんし。
第4試合はスバルにはせめて食らいついてほしいですね。
eSではバトル面ではあまり活躍できてないですし。
あとこれからは試合ごとにゲスト司会が設けられるみたいですね。
今回はユキヒデみたいですけどこれなら他の予選敗退ビーダーも
第2試合以降にやるかもですね。
ナオヤ関連だとダイキとかバサラ関連ではリュウドウとか
司会に回ってもおかしくないです。
というよりカケルVSバサラ戦ではリュウドウに司会してほしいです。
さてそんな感じでいよいよ第1試合のゲンタVSリョーマの時が…
まあゲンタがリョーマに勝てるとは思ってないですけど
なんか力みすぎてる感じがしますねゲンタ。
カモンの前ではいつものペースでしたけど
あれじゃ試合とか以前に実力を出しきれない感じが…
現にブレイクボール対決でゲンタらしからぬミスをしてるんですよね…。
そりゃゲンタもミスる事はありますけどだからと言って
あれほど手こずるなんてゲンタらしくないですよ…。
防御に徹するプレイもゲンタには似合わないですし
それがいつまでも通用するはずない事もゲンタなら
わからないはずもないですから…。
そんなゲンタはどうやら勝つつもりはなく、
カモン達の為にリョーマの弱点を探るのが目的のようで…
うん、やっぱりゲンタらしくないですね。
そりゃ父親の罪の罪滅ぼしというのはわかりますけど
ゲンタはやっぱり正々堂々熱く豪快に戦うのがゲンタと思うんです。
最初から負ける事を考えて戦うのはゲンタじゃな…
ってそんな時にビャクガが喝を?!!
やっぱりゲンタを戻せるのはビャクガなんですね。
かつてリョーマに仕えてた頃に2人は惨敗しました、
でもビャクガは勝てないと絶望してたゲンタに対し
次勝つ為にと考えを伝えたんですね。
そういえばビャクガってゲンタと2人きりの時は
ちゃんと素のままで接していたんですよね。
さてビャクガとの絆がゲンタを元に戻し
怒涛の反撃を開始をしましたけど…
それでもリョーマには到底及ばないんですね。
でもこれはゲンタにとって大きな意味を持つでしょう。
そして勝ったリョーマも…。
なんか少しですけど心を取り戻してる感じがします。
冷酷なところは変わらずですけど
バトルに対する考えとか悪とは言い切れないですし
勝負の価値に独特の価値観もあるわけですから。
それに単純な洗脳状態より熱い魂を取り戻した上で
ギルシオンも使いこなした方がより良いバトルになると思いますから。
スポンサーサイト
category
クロスファイトビーダマン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2226-1886856a