アラタカンガタリ〜革神語〜第217話「鬼ごっこ」感想

織部の天通力の力でわずかながらも
声だけ通信がしやすくなったアラタ、
そんな翌日、アラタは織部より早く学校に到着するが
そこには集会に立つハルナワが居て…
さて前回、全校集会でその姿を現したハルナワ、
そんなハルナワは突如「鬼ごっこ」を開始すると宣言し…
ってアラタ以外の生徒がハルナワのツメの餌食に?!!
あれって確か人を操る力もあったはず!!!
それで鬼哭島では真弥を操ったんですよね!!!
完全に洗脳能力の事忘れてましたよ!!!

しかし織部は命拾いしましたね。
こんな場にいたら操られた生徒たちの包囲網の
ど真ん中にって展開になっちゃいますよ。
アラタでも操られた生徒たち大勢に囲まれたら
簡単に動けず足止めされるほどでしたし。
さて遅れてきた織部は操られた生徒相手で手一杯で
動けずにいるアラタの言動からその場を離れ…
しかしこれは織部には不利な状況ですね…。
操られてる中には織部の友達もいるわけですし
一般人相手に天通力を本気で使うわけにもいかないでしょうし…。
ってそれだけでなく織部の友達が鬼化?!!
まさかハルナワに操られた者は
強制的に鬼化させる事も可能なんですか?!

というよりこれ、鬼哭島で操られた
真弥って実は運が良かった方じゃ?
あの時、織部がハルナワの爪を抜かなかったら
真弥もこうなってたかもしれないですし。
しかしこれでハルナワの前の鬼とか生んたらかんたらの
意味は少しわかりましたけどアラタ達は
鬼にならないという意味がまだわかりませんね。
秘女族には効かないという可能性もありますけど
それなら鬼抱樹の天和国の文字の意味が引っかかるんです。
当時、狂った少女はまず秘女族の女性だったのは間違いないでしょう。
そうなると秘女族だから鬼化しないというわけでもないとなりますから。
それはそれとして革との通信の方は雰囲気的に革サイドからより
アラタサイドの方からの通信限定っぽい感じですね。
まあ通信を成功させたきっかけは織部ですし
本家の天通力を持つ少女がいる方が通信起こしやすいでしょうね。
さてアラタからの話で周囲の人間を強制的に鬼化させる力も
ハルナワは持ってると革は知ったわけですけど…
確かに鬼紋を破壊するのが一番手っ取り早いですけど
相手はあのハルナワの力で強制的な鬼化、
普通の鬼化と同じと考えると違う可能性もあります。
それに鬼紋があるとしてあれだけの人数の鬼紋を発見
&破壊なんて簡単にできる事じゃないですよ。
さて鬼紋の存在を知ったアラタと織部ですけど
逃げついた先でハルナワと遭遇して…
戦況は完全にハルナワ優勢という感じですね。
単体での強さは織部の方が強いでしょうけど
鬼化されてるのは織部の友達も含む一般生徒達、
言い換えれば人質と言っても良いでしょう。
そして圧倒的な数での戦力差、
いくら織部の天通力が強くても戦力差では
完全にハルナワの方が優勢ですから。
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

真弥は操ってる事を隠さなければならなかったですし
鬼化させてたら、明らかにおかしいのが丸分かりですからね
  • 2013⁄08⁄19(月)
  • 15:22
  • [edit]

Re: タイトルなし

> 真弥は操ってる事を隠さなければならなかったですし
> 鬼化させてたら、明らかにおかしいのが丸分かりですからね
そういえばそうですね。そこまで頭はまわりませんでした。
  • 2013⁄08⁄21(水)
  • 19:51

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2229-4df76b07