アラタカンガタリ〜革神語〜第221話「チワヤ」感想

アメエノ領を目前とした中、しばらく創世と離れる事を決意した革、
そんな革は信頼出来るセオに創生を預けるものの
立ち寄った空島で1人のところをアメエノの属鞘に狙われ…
さて前回ラストでたった1人でしかも創世も持たぬ状態で
アメエノの属鞘と遭遇してしまった革なわけですけど…
まぁ、力でモノを言うアメエノの属鞘ですし
そりゃいきなり仕掛けてきますよね。
いくら心で戦うと言ってもそんなアメエノの
属鞘が相手じゃやっぱり劍神抜きじゃ…
カンナギや降されたカナテに体術教わってたからと言っても
力任せで来る敵相手じゃ完全に気休めでしかないですよ…。
しかもアメエノの属鞘なだけあって
属鞘も眼に関する神意を持つ劍神「目封(メルフ)」持ち、
心眼とかそういうので戦うタイプなら眼が見えなくても
大差ないので問題ないですけどそうじゃないタイプは…。
さてアメエノの属鞘に革が捕まった頃、
門脇の方は天然で無防備なミヤビに調子を奪われてるようで…
って、ここで革の女体化思い出してるんですけど!!
それだけは絶対に思い出さない方が良いです!!!
それが革だけでなく門脇の為でもありますから!!!
そしてそんな混乱状態な門脇に対しての
ムナカタのフォローが幻覚って!!!!
ナイスフォローですけど
堂々と嘘言っちゃてるんですけど!!!
しかも門脇、混乱してた事もあって
信じちゃってますし!!!!
うん!!想定外の光景関連だと
門脇もギャグキャラとするんですね!!!
そして門脇の完全鬼化への道は
かなり険しい事もわかりました!!!
宿敵関連で取り乱してる時点で
人間の心十分過ぎる程残ってますし!!!

さて一方、アメエノの属鞘達に捕まった革ですけど
アメエノのいる領土「チワヤ」まで連行され…
彼の拷問方法はイソラに似て違う感じですね。
あっちは精神的に追い詰めてミクサを追い詰めてましたけど、
同じ追い詰める拷問タイプでも精神的なイソラと違い、
アメエノの方は暴力による力での拷問ですし。
それにしても劍神を外出して離れてる間でも
降下の宣言を唱えきると降る事になるんですね。
という事はアカチに火焔奪われてた頃のカンナギって
実は結構ラッキーな方だったんじゃ…。
いくら体術でなら属鞘相手でも十分圧倒できると言っても
劍神奪われた頃なら狙われまくられてもおかしくないですし。
神鞘クラスがカンナギを狙わなかった事も奇跡に近いですよ。
さて、視界を奪われ一方的な暴力を受け続ける革ですけど
さすがにそれで簡単に降る気はないですよね。
でも、拷問状態と視界を奪われてる状態で
いくら革が降る気がなくてもこれは革の方が不利です。
向こうは一方的な暴力で革はそれに耐え続けなくてはならない、
降下の宣言を唱えなくても、
その暴力で先に命が尽きる可能性もありますから。
さて一方、革が帰ってこない事にカンナギ達は気づき、
劍神を手放している事も知って、急いでアメエノ領へ向かい…
ナサケの話から簡単に入る事ができない領土というのはわかります。
でも、カンナギ達にはアメエノを裏切った属鞘であり、
アメエノの息子であるナサケがいるわけですから、
どこかに無事侵入できる突破口がある事を知ってる可能性があります。
侵入に関してはカンナギ達の方はそこまで不安じゃないです。
問題は…やはり門脇サイドの方ですね。
革達の舟を監視していた事から不審な動きから
何か遭った事を感じ取ったみたいですね。
向こうはナサケいるので突破口を見つける可能性ありますけど
門脇サイドの方は普通に強行突破しそうですし…。
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

過去に革も恥ずかしい経験した際に
門脇には知られたくないと思ってましたからね。
  • 2013⁄09⁄24(火)
  • 00:26
  • [edit]

Re: タイトルなし

> 過去に革も恥ずかしい経験した際に
> 門脇には知られたくないと思ってましたからね。
ですよね(笑)。そういうところは気にするのは当然ですよね(笑)
  • 2013⁄09⁄30(月)
  • 18:59

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2253-999c95d2