クロスファイトビーダマンeS第51話「決勝戦だぜィ!不死鳥グランプリ!!」感想

フェニックスグランプリ準決勝第2試合、
激しい戦いの末にギルシオンから
兄リョーマを開放する事に成功したカモン、
しかしギルシオンから開放されたはずの
リョーマは倒れてしまい…
さて、ついにギルシオンからリョーマを
救い出した訳ですけどそんなリョーマは倒れてしまい…
どうやら洗脳こそ解けているものの
今までギルシオンに洗脳されていた影響で
眼が覚めない状態と化してしまったとは…。
まあせめてもの救いは命に別状はないという事ですね。
これで生命的にも危機だったら
完全にカモンの頑張りが無駄になりますし。
とは言え、やはりカモンは辛いでしょうね。
せっかくリョーマの洗脳を解いたのに
解けた矢先にこれじゃショックにも陥りますよ。
それに洗脳自体は解けたものの完全に
ギルシオンから開放されたわけじゃないって…。
おまけにすでにカモンは前の準決勝で
リョーマとギルシオンに勝利してますし
もうバトルで開放は…。
とりあえずWBMAはギルシオンを厳重に保管、
そして石版の解析はアカリが行ってますし
彼女達に任せるしか今は手がないでしょう…。
さて一方のカケルは決勝に備えビャクガと練習試合を…。
ビャクガ的には自分を準決勝で倒したカケルを応援するんですね。
でもカモンの方は決勝に集中できるか…。
まあ、リョーマがガチで病院送りレベルなので
大会中止にという選択肢も仕方ないですよね…。
しかしカケルはカモンに続けるか中止か委ねるんですね。
それはカモンをライバルと信じているから、
だからどっちを選んでも後悔しないんでしょうね。
さてカモンが選ぶ選択肢は…
うん、やっぱりビーダーとしての本能が
中止なんて選びませんよね。
そりゃリョーマの事でそれどころじゃないでしょうけど
決勝は多くの仲間やビーダーが楽しみにしてる、
自分達に負けていった皆も名勝負になるであろう
決勝戦を楽しみにしてるでしょうし
ここで中止にしてしまっては敗れてしまった皆や
決勝戦を楽しみにしている人に悪いですよね。
何よりカモンの夢であるビーダマンで一等賞をとる、
その夢もかかった最終決戦、
ここで中止にするわけにはいかないですよ。
さて、ついにフェニックスグランプリ決勝の時が来て…
決勝競技はメテオボンバーインフィニティー!!!
通常と違いパックは無制限で
制限時間内に多くゴールに入れた方が勝ちという
簡単には終わらない仕様のメテオボンバー!!!
そして今回の実況はナツミ?!!
でもマスター堀川に出番が(笑)!!!
というよりガチで本人じゃないですか!!!
そりゃナツミの出番食われますよ(笑)!!!

しかし無制限のパックと言いつつも
最初のパックから激しい攻防ですね。
次々にモードチェンジで攻めるカモン、
パワーとテクニックで的確に攻めるカケル、
両者の実力が拮抗しているからこそ
最初のポイントでさえ簡単には入らないんですね。
さて一方、未だ眠り続けるリョーマは昔の夢を見ていて…
リョーマがギルシオンに操られた理由、
それはリョーマ自身がカモンの才能に
恐怖を感じていたからなんですね…。
でも別にそれで良いと思います。
リョーマ自身はそれを否定し閉じこもってますけど
きっとカモンならそれを知っても気にしないと思います。
何故ならカモンにとってリョーマは大切な兄で
尊敬できる兄なわけですから。
確かにカモンのセンスならいずれリョーマを超えるでしょうけど、
だったらリョーマ自身もカモンに負けないように
切磋琢磨しあえばいいじゃないですか。
人は常に何かに恐怖する事は自然です。
でもそういうのは1人で抱え込むより
誰かに打ち明けて分かり合った方が楽じゃないですか。
リョーマもその事に気づけば良いんですけどね…。
さて一方、決勝で激しい死闘をするカモンとカケルですけど…
って並みのビーダーの目じゃ追えないって
どこのドラゴンボール?!!!
完全にカモン達が発射してるビー玉、
瞬間移動レベルじゃないですか!!!!
ビーダマン版のドラゴンボールか何かですか!!!

しかしこうなると最初に点を入れた方が事実上の勝ちですね。
必殺技対決も互角で互いの技を相殺しあうとは。
でもまだギルシオン暗躍しそうなんですけど
カモンとカケルの決勝戦は大丈夫ですよね…。
スポンサーサイト
category
クロスファイトビーダマン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2256-dab6b23a