國崎出雲の事情 第百六十五幕「相談は難しいでしょう!?」感想

復活狂言に出演する役者を決めるオーディション、
その女形の出演者決める審査を勝ち進んだ出雲達、
そんなオーディションの方は女形は8人まで絞られ…
さてオーディション合宿も2日目へと突入し張り切る出雲ですけど…
まあ、出雲の言葉づかいは千影審査員はちゃんと注意しますよね。
礼儀作法とか普段の態度も気を使えとかモットーにしてる
千影審査員からは出雲の言葉づかいも問題と思っててもおかしくないですし。
さて残ったのは8名、そしてここからはトーナメント方式での試験で…
まあ、8人にまで絞られてる時点でトーナメントは不思議じゃないですね。
さてくじにより決まった対戦カードですけど
國崎屋の出雲VS羽唯屋の玉緒、
白木屋の白木VS萩屋のちょっと太くて読みにくいので読めませんでした。
青波屋の教馬VS羽唯屋の花、
國崎屋の加賀斗VS霧芝屋の陽、
まあ白木と加賀斗は1回戦は大丈夫でしょうけど、
出雲の出る1試合目とメインキャラが出ない3試合目、
ここがやはり気になるカードですね。
ここまで残ってる役者ですし強敵なのは間違いないですし、
メインキャラでない3試合目は間違いなく
青波屋か羽唯屋のどちらかは特にすごい女形のはずです。
個人的に気になるのはやはり羽唯屋の方、
出雲の対戦相手でもありますけど
第3試合の役者にも羽唯屋の役者、
白木は出雲の相手が自分以上に
前回の審査で歓声を浴びたと思ってますけど
第3試合の役者に同じ名字がいる以上、
出雲の相手が=同じとも断言できませんから。
なにより第3試合の方の羽唯の役者の名は花、
花って名前な以上、美しく実力もある女形の可能性ありますから。
何より僕の男の娘キャラレーダーが期待をふくらませてます。
まあこの分じゃ出雲がオーディション突破は難しいですね。
1回戦は勝てるとは思いますけど2回戦は間違いなく
出雲の強敵と理解している白木が来るでしょうし、
全体的のスペックで言えば白木の方が分があります。
出雲と違うブロックの加賀斗は出雲も認める凄腕の役者で、
出雲自身も加賀斗に勝つなんて想像できないと思ってますし、
アドリブが得意と言っても加賀斗にはまだ及ばないと思います。
加賀斗が2回戦で真打ち的な役者に負けるとしても、
加賀斗を倒せる程の役者相手じゃ出雲のレベルで
太刀打ちできるか正直かなり怪しいですから。
ぶっちゃけるとオーディションで出雲が受かる可能性は
トーナメント方式に決定した今、かなり低いです。
主人公補正とかあるかもしれないですけど
加賀斗は出雲自身勝てないと思ってる以上、
もし加賀斗以上の役者が決勝に出たら
主人公補正あっても厳しいと思いますし。
引き下がれないのは当然ですけど
=だから勝てるというわけでもないですから。
それにここで勝って出演決めて名を残したら
一気に國崎屋再興レベルまで上がっちゃいますし
物語的にそこまで近道するとも思えませんから。
さて話は戻りますけどいよいよ出雲VS玉緒の時が来て…
うーん…、確かに中性的ではあるんですけど
バカテスの根本っぽい感じで好みとは言い難いですね。
女形なので衣装着たら似合うのは間違いないでしょうけど
好みかどうかと聞かれると微妙なところですね。
さて審査内容は小道具を使ってテーマを
舞踊劇でのみ表現するというもの、
出雲達のテーマは鶴ですけど
この辺は対戦カードで毎回テーマ違うのでしょうね。
これで気をつけなければならないのは
やはり選べる小道具は早いもの勝ちという事、
急ぎすぎて選択を見誤る可能性もありますし、
じっくり選びすぎるとほしいものを
先に取られる可能性もあります。
出雲には悪いですけどその事については
玉緒の言ってる事は間違いないですね。
決断力が必要というのは審査の中に含まれてるでしょうし。
問題は残った小道具の中で何を選び、
どう鶴の魅力を出雲が引き出し再現するかですね。
加賀斗なら瞬時に理解し完璧な演技で圧勝するんでしょうけど、
出雲は加賀斗とタイプ違いますしどう型やぶりして
鶴という事を魅せて魅了するのか…
スポンサーサイト
category
國崎出雲の事情
Relation Entry

Comment

この新キャラは今後再登場しますかねぇ~
  • 2013⁄10⁄03(木)
  • 21:42
  • [edit]

Re: タイトルなし

> この新キャラは今後再登場しますかねぇ~
まあ、羽唯屋ですしまだ出番はあるかと。
  • 2013⁄10⁄22(火)
  • 07:02

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2261-e1061669