國崎出雲の事情 第百六十八幕「人間じゃないでしょう!?」感想

復活狂言の女形を決めるトーナメント戦第1試合、
羽唯屋玉緒を打ち破り審査を突破した出雲、
続く準決勝ではあの兼ねる役者「白木菊雄」と当たり…
さてついにオーディション合宿2日目、
第2審査へと突入した出雲の対戦相手は白木ですけど…
今回の審査内容の「殺陣(タテ)」、
わかりやすく言えば戦闘シーンなんですね。
しかし白木、出雲に対し当然知ってるよねとかって…
絶対、出雲知らない事確信してたでしょう!!
白木の性格上、絶対からかって
そう言ってますよね?!!!

しかし本来はちゃんど指導してくれる人がいるんですね。
とは言え、今回は審査で参加者は若手限定、
いくら才能溢れる役者達が残ってるからと言って
そこまでムチャぶりする気はないみたいですね。
まぁ、審査員が庵寿郎じゃなくて
井神の爺さんの方だったら
問答無用でそれがどうした?!!
とガチで斬り合いさせる
可能性はありますけどね!!!
もし伝統こそ全てなあの爺さんだったら
例え審査でも絶対ムチャぶりしますよ!!!
役者の安全とか伝統の二の次とか
絶対考えてそうな爺さんですし!!!!

今回の審査員で井神の爺さんが
呼ばれなかった事はある意味救いですね。
さて今回も東屋内の小道具を駆使して挑む訳ですけど…
白木は薙刀で出雲は大太刀にしましたか。
とは言え、出雲のそのチョイスは危ないかもですね。
出雲の特異的な事は道具の長所を引き出したり
それでの魅せ方を意外な形で魅せる事ですけど
一度使った事があるという点が不安です。
確かに使い慣れた物はチョイスとしては良いでしょうけど、
使い慣れてるからこそ意外な魅せ方が見つけにくいと思うんです。
果たして出雲は大太刀でどう殺陣を魅せるのか?…
そしてまずは白木が演技へと入ったわけですけど…
まさに白木のターンに相応しい演技ですね。
玉緒の演技は綺麗で魅了する感じでしたけど
白木はやはり玉緒なんかと比べ物にならないです。
薙刀を使いこなし戦闘描写を上手く演じ、
加えて立役で培った技術も演技に加え
最後の飛びと決めも見事の一言に過ぎます。
発想力とかそういうものは前回で魅せてましたけど
今回は発想力じゃなく白木しかできない技術で攻めてきましたか。
あの演技は女形メインの出雲はもちろんの事、
女形の様式美に完全に固まってる加賀斗も真似は不可能です。
あれを真似できるとしたら白木同様に兼ねる役者くらいでしょう。
何より恐ろしいのはこれは白木の実力のみならず
白木の演技での個性も魅せている事です。
こういう高い技術力と個性が合わされば間違いなく
審査員からはかなりの高ポイントとなる可能性が大ですから。
さて、これで白木の審査は終わった訳ですけど…
って、いきなり確信に?!!!
白木って今まで掴みどころのないキャラ、
役にはまり切るタイプの
オールラウンドキャラという印象でしたけど、
それに加えて意外にキレ者なんですか?!!
しかも千影審査員の内心の反応から察するに
白木の想像通りなのは間違いないですね。
恋愛ものかバトルもののどちらか、
しかし今回の審査内容から後者が有力、
これはますます残った4人の女形は
誰が受かっても主催側にとって良い結果となるでしょうね。
バトルものならヒーロー的なところ魅せれるので
出雲が受かった場合はきっと盛り上げてくれるでしょうし、
白木が受かった場合も立役の技術も持つ女形から
白木しかできないすごい演技をするでしょうし、
加賀斗が受かった場合は完璧に近い周囲を魅了する演技をするでしょうし、
まだ見ぬ4人目の役者はどう考えてもダークホースポジ、
化物クラスの実力を持ってる可能性大なので
4人のうち誰が受かっても女形の方は相応しい人材となりますから。
あれ?でもバトルものの舞踊劇の可能性が有効なら
立役サイドの方は紗英・梅樹・禄が有力?
紗英はその手の演目得意そうですし
梅樹も色物悪が得意な分、バトルもののこなしそうですし、
禄は本番意識してしまったらやばいですけど
そうならなければ実力ある役者ですし。
そうなると玄衛は間違いなく落ちるでしょうね。
バトル物が得意って感じのキャラでないですし、
菅原屋の役者の松樹も実力はあるでしょうけど
典型的な頭脳派ポジ、バトルものとなると
梅樹には間違いなく劣ると思いますから。
まぁ、実際の身体能力の高さは松樹が上でしょうけど。
さて分析もこの辺にして感想に戻りますけど
やっぱり白木って強者って言うのが良くわかります。
さっきの演技力の高さもそうですけど
出雲の演技に興味津々さがなんというか変態、
でもそういう面があるキャラって大者って感じもしますし。
さて白木が狂気的な眼で出雲に注目する中、
出雲の審査が始まって…
女暫の経験がちゃんと活かされてる上、
自分が斬られる演技もするとは。
白木が1試合目でした事を出雲もしたんですね。
着物の下に花がらの着物を仕込んで
斬られた際に血をイメージさせる演出にするとは。
歌舞伎はバトル演出があると言っても演技もの、
実際に血を流すわけではないですけど
そこでいかに血を演出するかそれも大事なわけですね。
白木が強さを魅せる事に対し出雲は弱さを魅せる、
今回の審査対決は対になるもの対決となったわけですね。
あぁ、それにしてもあどけないところも
優雅に魅せるところも斬られて魅せるところももぅぅ…

ってもぉぉおおぉおお!!!!!!
最高のサービスハプニングぅぅうう!!!!
出雲の胸元がぁぁああ!!!!!
大丈夫ぅぅうう♂だから
オールOKぇぇええ!!!!
まさか審査中にサービスカットってぇえぇえ!!!
これは最高のハプニングぅぅう!!!!
これは女の色気も魅せるフラグぅぅう!!!
出雲♂の女の色気も魅せる演技フラグぅぅう!!!
スポンサーサイト
category
國崎出雲の事情
Relation Entry

Comment

立ち役の方にも思わぬ強敵がいるのですかね~
(それに主要キャラ達が負けたりとかして)
  • 2013⁄10⁄25(金)
  • 17:23
  • [edit]

Re: タイトルなし

> 立ち役の方にも思わぬ強敵がいるのですかね~
> (それに主要キャラ達が負けたりとかして)
その前に出雲が合格できるか先ですけどね。
  • 2013⁄11⁄11(月)
  • 08:56

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2268-40f9836d