アラタカンガタリ〜革神語〜第223話「突破」感想

革を救うべくアメエノ領に乗り込んだカンナギ達、
しかしアメエノ領はアメエノに近づけば近づく程
視力を奪われる領土だった。
そんな中、アメエノ領の民がカンナギ達を狙い始めて…

祝!連載再開!!!
さて、お久しぶりなアラタカンガタリ、
長い休載で心配でしたけど復帰何よりです。
さて、アメエノ領に着いたカンナギ達、
そんなカンナギ達に突如としてアメエノ領の民が襲い掛かり…
どうやらアメエノ領の人々は完全に
アメエノに恐怖で支配されてるみたいですね…。
視力を奪われ眼に見えるのはカンナギ達のみで、
カンナギ達を捕まえれば視力を戻すと条件を着ける一方で、
逆らえばなぶり殺されるという独裁政治、
民に逃げ道はなく、こんな恐怖に支配された領土です。
アメエノの事ですし約束を守るはずないですし、
それに文句言おうものなら力で
なぶり殺されるのは目に見えてますから。
とは言え、相手は恐怖に支配された一般の人達、
倒すわけにもいかないでしょうしね。
なんとかするとしたらヤタカの言うように
民の視界を奪ってる属鞘を倒すしかないでしょう。
相手は属鞘とは言え、4人いますし、
神意は視界を奪うものでしょうし、
何よりカンナギ達は瘴気で本来の力を出し切る事は無理ですから。
さてヤタカは先に属鞘達を倒しに、
コトハ・ミクサ・ナサケは革を助けに、
そしてカンナギは民達をなんとかしてから
属鞘をなんとかしようと…
ってここで門脇来ました!!!!!
というより一般の民にも容赦なしですか!!!
そりゃ鞘からすれば鞘同士の降し合いは
戦争みたいなものですけど
だからって堂々と!!!!!
属鞘ムナカタでさえ、
これには怒り気味なんですけど!!!
てか、警察ポジだったんですか?!!
確かに温厚そうな感じだから
ぴったりではありますけど!!!!
警官より交番のお巡りさんとか
そっちっぽいイメージの方が強いですけど!!

しかし、門脇とカンナギって
まともに話した事は初めてですね。
革と門脇が激闘する時はコトハ達と
その戦いを見てたりはしましたけど
直接的に出会ったのは初めてですね。
さて一方の革はあいも変わらず囚われの身ですけど
そんな中、アラタとの交信が始まって…
革の僅かな言葉から今のアラタがらしくない事に
気づいたみたいですねアラタ。
まだカナテを失った悲しみも憎しみも
完全に消えきってないですけど
ここでアラタの言葉が革の迷いを少なからず
和らげたと思います。
たまにしか交信できず革の戦いを見てたわけでもないですけど、
それでも革がこれまで心で戦い続けた事は
誰よりも知ってるんですよね。
アラタは良くも悪くも表裏のない真っ直ぐな天然性格、
こういう時にはっきり言ってくれるキャラの存在はありがたいです。
さて今回の交信でどうせ動けないなら
もし今、門脇と遭遇したら話をすると決めたみたいですけど
問題はその話し合いが上手く行くかどうかですね。
門脇って、語らなすぎなところもあったり、
革を本気にさせようと挑発したりもしてましたし
門脇の本音を聞くのはかなりのハードな難問っぽいです。
まあ門脇自身が望んでいるのは強さへの高み、
その為に革と本気で戦いたいというのが
今の門脇の望みでもありますし、
それさえ革に伝わりさえすれば
そこまでの問題でもないんですけど
そこまでが難しいんですけどね。
さて、再びカンナギと門脇サイドに戻りますけど…
まあ、カンナギが門脇を止める理由ないですしね。
というよりカンナギってこういう時は
仲間に対して厳しいんですよ。
まあそこがカンナギらしいと言えばらしいですけど。
自身も自分の性格理解してるからか
バレたら怒られるだろうなと自覚してるみたいですし。
対する門脇の方はこういうカンナギの性格から
カンナギは思った以上に物分かりが良いと感じた様子、
まあ、あれは物分かりが良いというより
革と門脇の因縁は本人達がどうにかしろとか
そういう人格者なだけですけどね。
それと門脇の眼は今回も役に立ってるみたいですね。
死人の眼故にアカチの眼は視界を奪われてないみたいですし、
これはアメエノ戦では重要な武器となるでしょう。
とは言え、今回のアメエノに限っては
門脇に降してほしくないのが本音ですけどね。
力で降そうと考える独裁者キャラには
対となる革に降してほしいのが本音ですし。
何よりアメエノを乗り切る事が革の成長にも繋がるはずです。
それにしてもそれ以上に気になる事が…
それは亡きアカチの真意です。
てっきり門脇が自分と似ているからと
眼を託したとばかり思ってましたけど
真意に気づいたカンナギの雰囲気からそうでもないみたいですし。
では一体、亡きアカチが門脇に眼を託した
本当の真意とはなんなんでしょうか?
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

革が戦えない状況で六ノ鞘を倒すには
門脇の力はあった方が良い気がしますね
  • 2013⁄11⁄18(月)
  • 23:43
  • [edit]

Re: タイトルなし

> 革が戦えない状況で六ノ鞘を倒すには
> 門脇の力はあった方が良い気がしますね
とは言え、下手したら門脇が降しそうなので微妙なとこです。
  • 2013⁄11⁄27(水)
  • 19:03

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2276-77b457a6