アラタカンガタリ〜革神語〜第226話「勝負(ケリ)」感想

六ノ鞘アメエノに囚われてる革の前に現れた門脇、
そんな門脇に対し中学時代に無意識に手を抜いてしまった事への謝罪、
そして走る事で決着をつけたい事を伝える事に成功した革、
しかし門脇は高校入学前の事故で後遺症が残っていて
かつてと同じ速さで走れなくなっていた。
そんなやりとりも終えた頃、ついにアメエノが姿を現し…
さて革と門脇の前に姿を表したアメエノですけど、
話から察すると門脇の片眼は視力を失ってない事は想定内みたいですね。
思えば亡きアカチは六ノ鞘から危険視されていたのは
彼の戦闘能力だけでなく死者の身体だから
自分達が使う五感を奪う神意が通用しない事も
含めてだったのでしょうね。
鬼神ではないので地龍の無効化はできるんでしょうけど
それ以外の面での厄介さも多いのが死者の身体でしょうし。
とは言え、完全に雰囲気でアメエノは圧倒してますね。
これは門脇では勝てないでしょうね。
六ノ鞘イソラとの戦いは門脇の活躍部分が多いとはいえ、
革の力もあって倒せたわけですけど、
今回は完全に門脇1人でしかもイソラなんか比べ物のならない
戦闘特化で圧倒的強さを持つアメエノ、
逐力の鞘とはいえ、勝てるはずないですから。
さて相手の強さを実感した門脇はまず、
戦いの邪魔となる革を助け投げ飛ばしたわけですけど…
まあ門脇的にはアメエノに革が降されるのは尺で、
とうの革は劍神なしで本当に邪魔というのが真実でしょうね。
アメエノほどではないものの門脇も戦闘狂の一面強いですし、
戦いこそが全てって考えてるキャラって
邪魔者はとことん邪魔と片付けるでしょうし。
まあ、その一瞬を見逃さない辺り、
アメエノの容赦の無さがわかります。
邪魔な革をどかした瞬間に怒涛の攻撃ラッシュで
門脇は守りに入る余地すらない程ですし。
さて一方のナサケ達は革の元へ向かっている最中ですけど…
まあ属鞘という立場からしたらムナカタが
場合によってはナサケに戦闘態勢入ると考えるのは無理ないですね。
さてナサケ出生の話もついにわかったわけですけど、
どうやらナサケは現代の人間、つまりアメエノと
天和国の人間とのハーフみたいですね。
この分じゃ自分の父が別世界の人間って事は知らないっぽいです。
ただ1つ以外だったのはアメエノが鞘になったのは
ナサケが生まれた直後という事、
ナサケがかつてアメエノが本当に見えてないのは心、
と言っていたのでナサケがある程度、
育ってからと思っていたのでこれは意外でした。
そうなるとあの言葉の真意はもしかすると
母の遺言とかの可能性が強くなります。
ナサケ自身は父のアメエノを憎んでるけど
母は最期まで夫のアメエノを信じていたとかそういう感じで。
そしてここから気になるのはナサケが属鞘になれた理由、
劍神「贔恋守」がナサケを鞘に選んだ理由って?
さて物語は再び門脇VSアメエノですけど
勝負は完全にアメエノのワンサイドゲームと化していて…
カンナギ達が属鞘を倒している事でアメエノの視力は
確実に無くしているみたいですけど
本当にアメエノにとってそれは多少のハンデ、
門脇からしたら気休め程度にしかならなかったみたいですね。
というよりそれだけアメエノが強いって事です。
イキスとの戦いよりは動きが悪くても
それでも十分過ぎる程の圧倒的強さ、
向こうにハンデがあってもこれはハンデにすらならな…
ってボロボロの門脇を人質に革を降す気ですか?!!
アメエノの言葉に耳を貸したらダメです!!!
アメエノは非常で冷酷な男!!!
革が降って約束を守る保証はないですし、
むしろ降った後に門脇を甚振って
門脇も降すに決まってます!!!!!
でも、それを許す門脇じゃないです!!!
門脇は本来の早さ出せなくなって
走る事で決着をつける事はできなくなった、
でもそれは革を憎んでいるって言う意味じゃなく
走れないなら別の形で決着をつけたい、
門脇は本当に革と決着を着けたいだけ…

って革の視力が回復した矢先に見えた光景って…
門脇ぃぃぃいいいい!!!!!!!
まさか右腕を失う結末ですか?!!!!
というより革に酷な展開なんですけど!!!
そりゃ門脇とは敵対関係ですけど
こういう光景に平気な男じゃないです!!!

それにしても本当にヤバイんじゃ…
この戦いが決着着けば革はコトハに
門脇の腕を治してくれと頼むんでしょうけど
あの門脇の事です。
敵の施しは受けないとか自分で受けた傷は
自分の責任とか割り切って考えて腕無くしたまま
これから戦い続けるに決まってます。
僕の知ってる門脇というのはそういう男ですから。
だからこそ心配なんです。
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

贔恋守の力はこの危機を脱する重要な鍵って事ですかね~
  • 2013⁄12⁄23(月)
  • 20:39
  • [edit]

Re: タイトルなし

> 贔恋守の力はこの危機を脱する重要な鍵って事ですかね~
決着後に活躍するかもです。
  • 2014⁄01⁄13(月)
  • 23:07

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2299-a5147e12