アラタカンガタリ〜革神語〜第233話「手術」感想

六ノ鞘シムの迎えに乗って彼の舟に乗った門脇、
しかしアメエノとの戦いでのダメージで倒れてしまう。
普通の人間ではとっくに死んでいる程のダメージ、
そんな中、最後の十二神鞘が到着し…
さて、前回のラストでついに最後の神鞘が登場した訳ですけど…
シムの発言から彼の名はムメイというみたいですね。
ムメイ、でもそれが彼の本当の名なのでしょうか?
ムメイって単語だけで聞くと無名、
名前がないから無なわけですし。
そしてもう1つ気になる事は彼が頭につけてる物、
あれがムメイの劍神なのでしょうか?
もし、そうならムメイが操る神意は…
時間を操る神意の可能性が高いです。
思えばヨルナミやイソラの技で若返らせる術とかは
ありましたけど力の本質は水・言葉と
本質自体が時の鞘っていませんでしたし。
しかしムメイって公の場にはでないんですね。
アニメ版でも十二神鞘が集まってる中、
1人だけシルエットさえもなかったのは
前もって渡瀬先生と打ち合わせしてたからかもです。
原作本編でも最後の1人については全く触れられてなかったですし、
公にされてないのなら話題に出なくても無理ないです。
さて一方の革の方はセオが合流して…
そういえばヤタカは1度会ってますけど、
カンナギとコトハとミクサは出会うのは初めてなんですよね。
コトハも話こそ聞いてても会ったのは初な訳ですし。
まあ重症負った時に出会ってますけどね。
あの時は意識なかったですけど。
まあそれは置いておいて…
革達の浮舟、壊れちゃってたんですか?!!
良く考えたらそりゃそうですよね?!!
あれだけの襲撃受けたんですから
無事だった方が奇跡ですよね?!!!
イキス領から拝借した時は無傷という
奇跡でしたけど、そう何度も続きませんよね!!!

さて一方、シムの浮舟にいる門脇ですけど
アメエノに腕をもがれた現実の悪夢から目覚めて…
ってムナカタの腕が門脇に?!!!
手術とか聞いて嫌な予感してたんですよ!!!
ここでムナカタにも協力って
一番連想しやすいのは
ムナカタに自分の腕を
門脇に移植って事ですし!!!

さて、ムナカタの片腕を移植された門脇、
まあ門脇が取り乱すのは無理ないですね。
門脇はムナカタの主であるハルナワじゃないですし、
自分の片腕をあげる義理までないですからね。
それでも取り乱してる辺り、
やっぱり門脇は鬼じゃないです。
きっと門脇が今も鬼になれないのは
周りの人間の影響が強いんでしょうね。
さて親でもここまでしないと言う門脇、
そういえば門脇って父と仲悪かったんですよね。
だから、尚更この行動は理解できなかったのでしょうね。
そして気になる事が1つ、
門脇は父の事は自分自身の次に嫌いと言いましたけど、
ムナカタの言うあいつと同じ事って…ハルナワ?
ハルナワって冷酷で愉快犯ってイメージ強いですけど、
あのハルナワも門脇と同じ事言ってたって事は、
ハルナワ自身も父親と自分自身が嫌いって事?
もし、そうならハルナワはまだ何とかなる可能性があります。
さて、門脇に対し自分が鞘になった時の事を語るムナカタ、
なるほど、ムナカタは門脇を亡き息子の面影と重ねてたんですね。
てっきり昔のハルナワと重ねてるとばかり思ってました。
そしてその亡き息子を犯罪に走らせてしまったのが
自分だと責めてるわけだったんですね。
父親だからこその悩みをムナカタはずっと背負ってたと。
まあ、罪を犯したのはその息子自身ですし、
原因はムナカタにあっても起こしたのは
ムナカタの息子自身が悪いわけですし、
ムナカタがそこまで気に病む必要もない気もしますけど。
さてムナカタが自分と亡き息子を重ねてると知った門脇、
まあ門脇の性格からしたら怒るのは当然ですけど、
ムナカタは重ねてこそいれど、きっちり門脇は門脇と
ちゃんと理解してるんですよね。
だから門脇は怒鳴った後に怒鳴るをすぐにやめたのでしょう。
さて一方、現実世界にいるハルナワの方ですけど…

ってハルナワと門脇父が接触?!!!
というより門脇父やばくないですか?!!!
門脇父もハルナワは息子に見えてる訳ですし、
ハルナワは知るかぎりでは冷酷な男!!!
下手したら殺されたりする可能性も!!!!
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

状況が変われば殺しにも行きそうですが
今の所は別の思惑がありそうですかね。
  • 2014⁄03⁄04(火)
  • 01:39
  • [edit]

Re: タイトルなし

> 状況が変われば殺しにも行きそうですが
> 今の所は別の思惑がありそうですかね。
その辺がハルナワの行動は読みづらいですね。
生かす策も外道な手段ですし、
躊躇なく殺すのも容易にする男なわけですし。
  • 2014⁄03⁄21(金)
  • 00:55

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2330-0b37e31f