ハヤテのごとく!第461話「たまには映画もね」感想

兄・イクサの記憶やらお屋敷に戻る為の王玉を巡って
繰り広げられたライフセイバーズ編、
その結末は王玉は壊されたもののハヤテとイクサ、
2人の仲を取り持つ事には成功し終わった。
とは言え、結局、王玉関連は振り出しに戻った訳で…
さてハヤテと兄の和解で良い風に終わった前回、
しかし王玉関連は結局振り出しに戻ったわけで…
まぁ、何者かによって破壊されたわけですし、
敵がどこかに潜んでるという考えは当然ですね。
もっとも実際破壊したのは
敵じゃなく味方ですけど(笑)!!!

さて、そんなこんなで行き詰まったわけですけど、
そこで助け舟を出したのは実は王玉破壊の依頼人だったりするアリス、
王玉のありそうな場所に心当たりがあるみたいですけど、
アリスの目的と意図が全く謎なんですよね。
ライフセイバーズ編では伊澄に王玉破壊の依頼したの彼女ですし、
かと言って、ハヤテ達の目的を単に邪魔したい訳でもない、
ライフセイバーズ編の王玉は破壊する理由があって、
アリスの心当たりにあると思われる王玉は破壊する理由がないと
考えるべきなのでしょうか?
それともその心当たりの場所には王玉以外に別の何かがあって、
そこにハヤテ達を導くのがアリスの目的なのでしょうか?全く謎です。
まぁ、それはともかくとして…
光の速さでダメ人間に戻ってるんですけどナギ!!!
自分がお屋敷に戻れるかどうか大事な話でも
やる気なくしたらとことんだらける!!!
そういえばそうでしたよね!!!
こういうダメ人間っぽいのが三千院ナギでしたよね!!
むしろ同人誌編決着からライフセイバーズ編
ラストまで一応は保った方が奇跡に近いですよ!!!
そしていら立ち全開のアリス!!!
はい!!もうこの流れ的に諦めましょう!!!!
アリスはシリアス部分中心のキャラです!!!
でも、周りをよくみてください!!!!
・ナギ、思いつきやその場の勢いで動くダメお嬢様
 一度だらけるととことんだらけるマイペースっぷり
・マリア、話の本筋より家事とか優先なマイペースなメイド
・ヒナギク、恋愛関連はピエロな生徒会長
 生徒会長なので夏休みでもそっち関連が最優先
・ハムスター歩、基本普通、いてもいなくても大差なしなマイペース
・千桜&カユラ、欲望に忠実なマイペース
帝相手ならともかく、いるのはギャグ要員ズ!!!!
真面目な話が続くなんてありえないですよ!!!!!
ハヤテも基本流されるタイプですし!!!!
それにアリスは一つ勘違いしてます!!!
話の最優先事項が王玉っぽい事になってますけど
それは違うと断言します!!!!
ハヤテにとって再優先事項!!!!
それは話そっちのけで突然始まるギャグ展開!!!
シリアスだろうが関係なくギャグと化す
それがハヤテクオリティですから!!!!!

まぁ、そんなこんなでスネたアリスも含み、
ゴジラを観に映画館に行く事にしたナギ達ですけど…

まあ、三千院家のお屋敷に映画館云々は当然ですよね!!!
何故ならあのお屋敷周辺には遊園地もあるんですよ?!!
今更敷地内に映画館もあっても不思議じゃないです!!!
あと、何気にハヤテ、こだわり強いんですね!!!
ちなみに僕は映画は2Dの方です!!!
理由は3Dの方は若干高めの値段だからです!!!
それと前の方の席狙いは個人的にはちょっとです!!
席と言えばやっぱり真ん中辺りの足伸ばしても
前の席に絶対にぶつからない前の席との道が
結構広い中央付近でしょう!!!!
あそこがそこそこ良い感じで観れますし、
よほど身長がかなり高い人じゃない限りは
足伸ばしても前の席に当たる事もないので良いんです!!!
そしてアリス、それ絶対にフラグ!!!!
そもそもゴジラってハートフルでしたっけ?!!
詳しくはしらないですけど作品次第で
ゴジラって人類の敵とかのケースもあるんですよね?!!
毎回、ハートフルとは限らないですよね?!!
これ絶対、ハートフルと間逆な方ですよね?!!
これは次回のアリスの反応が楽しみです(笑)
スポンサーサイト
category
ハヤテのごとく!
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2374-354e4721

今週のハヤテのごとく!第461話

第461話「たまには映画もね」 ライフセイバーズ編もひと段落。 もうちょっと宗谷の出番があってもよさそうでしたが、 美海にいたっては出番なし……。 (声と後姿だけ、どっかで出てた気がしますが……33巻あたりで……) さて、とにかく新展開。 はりきっていきましょー! ハヤテのごとく!第461話、 ネタバレ注意で、このあとすぐ! ハヤテのごとく!(42) (...
  • 2014⁄08⁄20(水)
  • 20:43
  • 非日常に憧れて