ハヤテのごとく!第495話「強い者が勝つのではない。勝つ者が勝つのである」感想

賞金1億5000万を賭けた修学旅行レベル5、その2日目、
2日目のオリエンテーションは動物ウォッチ、
珍しい動物達をいかに良い写真で撮るかを競うもの、
3位までに入れば最低でも3人分は安全なホテルに泊まれる事から
自然とスリーマンセルが決まる中、泉は1人、ぼっちとなっていて…
さて今回のオリエンテーションはスリーマンセルが基本の中、
何故か1人ぼっちとなってしまった泉ですけど何故、泉は1人になったのか…
って、マイペース過ぎでしょう!!!
皆、生死が関わる事なので緊張感全開なのに
1人、危機感なさすぎでしょう!!!
というより泉に限ってはあのオンボロ宿でも
大丈夫な気がしてきたんですけど!!!!
そりゃ、ぼっちになりますよ!!!
誰も泉が1人、昼寝してたなんて知りませんから!!!
誰もこんな状況下で昼寝してたなんて
想定すらしないですよ!!!!

さて、泉が1人寝ている頃、他の参加者達は…
って、確かにカメラの選択肢は虎鉄が
選んだ者が当たりでしょうけど、
それって、そういうの普段使ってハヤテを
ストーキングしてるって事ですよね?!!!
そこに気づきましょうよハヤテ!!!!
それと千桜とカユラは完全に人選ミスですよね?!
伊澄と組んだ時点でギャグ展開になるに
決まってるじゃないですか!!!
というより、野獣達に追われてたのって
完全に伊澄の能力のせいだったんですか!!!
上位入賞できるかどうかより、
それまでに生き残れるかが
大事になったコンビと化しましたよ!!!!
いや!!伊澄と付き合って迷子になるよりはマシ…
って、どっちにしろ伊澄と
組んだら駄目って事じゃないですか!!!!

ヒナギクチームはお金の力で現地の人と協力、
うん、この辺はギャグ要素少ないですね。
まあ、ヒナギクは勝ちに行く以上、
まじめに最善の策で行くタイプなのでギャグにならないのは仕方ないですけど。
そもそもヒナギクなら襲ってきた動物は逆に倒しちゃうと思いますし。
さて、それぞれが行動に移っている訳ですけど、
ハヤテサイドの方はカメラの専門家こと虎鉄がいるのが最大の長所ですね。
ちなみに虎鉄のパロディ的説明は良くわからないです。
さて、そんなこんなで、それぞれ準備を終え写真が続々、
審査員ワタルの元へ送られ始め…
うん!!紛うことなくヒナギクチーム噛ませですね!!!
ピンクイルカが珍しかろうとも珍獣だろうとも、
結局はそれだけ!!インパクトが足りないです!!!
だって雪路の野生児っぷり釣りとか
千桜が完全にギャグキャラポジに落ち着いた
噛まれちゃってる写真とかの方が強いですから!!!
ハヤテの写真もインパクトありますけど、
ギャグ目線で言ったら千桜噛まれる写真が
間違いなくトップクラスですよこれ!!!!
ギャグマンガなので死ぬ事はないと思いますけど、
もうクールで知的キャラには絶対に戻れないですよね?!!
ハヤテとか同様生命力強い
キャラポジ入り果たせそうですよね?!!
って、そんな中で泉が参戦?!!!!
ついていけないってそりゃそうです!!!
普通の修学旅行は絶対にこんなんじゃないですから!!!

まぁ、確かに泉はこのイベントには向いてないですね。
ハヤテ達のように超人的肉体持ってるわけでもなく、
特別頭が良いわけでもないですから。
でも、一つ言わせてください…

異常な光景を異常と思えないのは
ある意味、泉の強みですよね?!!!
というより、それライフセイバーズ編の半魚人!!!
なんかちっこくなって増殖してる気がするんですけど!!!
まさか、あの後、海を渡って独自に生態系作ったんですか?!!
というより、これのどこが可愛いお魚ですか!!!
どう考えても気持ち悪い魚の間違いじゃないですか!!!
恐ろしいのはあの光景を異常と思わず、
優勝自体諦めてたところですよ!!!
なんか泉も優勝候補になりかねなくなってきましたよこれ!!!
スポンサーサイト
category
ハヤテのごとく!
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2435-3af13b29