ハヤテのごとく!第504話「それは友情の話」感想

1億5000万をかけた修学旅行レベル5、
しかし、それは金庭がロイヤルガーデンへ向かう為、
敗れた敗者から王玉を持つべき適合者を見つけ出す為の策だった
そんな修学旅行レベル5の数日前、
金庭は三千院帝の元を訪れていたようで…
さて、今回は伊澄が初めてナギの母、紫子を見た時の過去から始まって…
ナギの母、紫子は神様みたいやら特別な存在として
印象付けられてますけど、伊澄もまた例外ではなかったんですね。
この事から、この出来事はナギと初めて出会った
紫子の退院パーティーと考えた方が良さそうですね。
しかし、ここで神様みたいという単語が出てきた以上、
入院してた事は病弱設定の方とは無関係と思えてきます。
さて、時間軸は修学旅行レベル5の数日前へ移り、
金庭は三千院帝の元を訪れ、ある推理をし始めて…
やはり、帝は亡き娘の紫子が王族の力を手にしていた事は
全く気づいてなかった上に、考えすらしてなかったみたいですね。
まぁ、ロイヤルガーデンへの道を開くには王玉が必要な事、
加えて負の感情の爆発が必要な以上、
どっちの条件も満たせてない紫子が
王族の力を持っていたなんて考えるのは無理でしょう。
加えて帝は娘にはすごく甘い性格なのも要因でしょう。
しかし、美琴はわかってましたけど、
初穂の方もまた王玉を持っていたんですね。
それで過去の話に美琴は3人だけの秘密の石と伝えたんですね。
てっきりワタルと自分、亡き紫子との秘密の石と思ってました。
とにかく、これでロイヤルガーデンに行く為の条件である
王玉を持っている事は紫子は満たしていた事になります。
そして、新たに明かされた事、それは、ゆかりちゃんハウスで
紫子は姫神と王族の力を一度使ったという事、
ナギが見た夢の続きは姫神の誘導で
紫子は王玉を一度使ったんですね。
でも、そうするとロイヤルガーデンに行った時に持っていた王玉は…
さて帝の方はどうやって王族の力を知ったか、
それは後に姫神と出会った事で彼から知ったわけですね。
ここまでの流れから察すると王族の力、
それは三千院家の遺産というわけでもないという事です。
ただ、王族の力を手にするのに必要な王玉が
三千院家の宝物庫にあっただけですしね。
だとすると、一番厄介な存在はまだ見ぬ、
今の姫神葵なのかも知れないです。
彼から王族の力の事を聞いたとするなら、
姫神が王族の力に関する全てを話したとは考えづらいです。
帝に全てを話すメリットは姫神にはないです。
それなら最重要な部分だけを伏せて、
言っても問題ない部分だけ話した方が相手を騙せると思うからです。
相手が勝手に勘違いする可能性もありますから。
前にアテネは自分も姫神も帝に利用されてただけと語ってましたけど、
真実はむしろ逆だと思えてるんです。
姫神の手に平で帝も踊らされていたと思うんです。
それに今の帝はミステリアスのある謎の老人より、
周囲に振り回されるタイプのギャグキャラと化してますから。
さて、姫神と出会い、王族の力の事を知った帝は
王族の力に関する事を調べ、
アテネの負の力を利用しロイヤル・ガーデンへの道を開き…
この話の流れを見る限り、アテネが帝に利用されてた
という以前の発言はあながち間違ってなかったみたいですね。
父親の死や遺産相続関連の揉め事とか
当時5歳の少女が絶望するには十分ですし、
ミダスの事が想定外だったとは言え、
これ、過去にアテネがロイヤルガーデンから出られなく
なったのってどう考えても帝が原因じゃ…
って、当初は王玉は呪われてなくって
最初にロイヤルガーデンへの道が開いた時に
ミダスから呪いを受けたって
完全に帝の失態じゃないですか!!!
そして、王族の力を奪った犯人疑惑を
ハヤテに向けてたって眼力設定どこ行きました?!!
想定外の事や読み間違いのオンパレード!!!
当初の眼力設定どこ行きました帝!!!!

まぁ、それは置いておいて推理を続ける美琴、
美琴が上げた事はどれも僕も疑問に思ってた事ですね。
紫子は負の感情とは無縁だから王族の力が彼女を選んだ可能性、
紫子自身そうとう恵まれていて欲する理由がない、
そこまで推理出来てるのに何故、
負の力の爆発で道を開こうとしてるんでしょうね?
王族の力に選ばれたのもあると思いますけど、
負の力と真逆の力でも道は開く可能性もあるというのに。
その理由は戦部大和です。
紫子は王族の力に選ばれたから例外と考えても、
大和もまた負の感情とは無縁なんです。
当時、アテネを救う為に単身乗り込んで負の感情もなかったですから。
さて、ここで王玉の現状の数を振り返ります。
過去に紫子は自分の王玉、後に初穂の王玉を使って輝きが消えた王玉
当初、ハヤテが帝から渡された王玉はナギが破壊、
大和の持っていた王玉も伊澄が暗躍して破壊、
帝が隠し持ってた王玉も帝の油断を狙い破壊、
アテネが持ってた王玉も使った後は光を喪失、
そして新たに判明した事ですけど…
帝、自分自身で一度壊しちゃってたんですか!!!
呪いを解く為と言って壊すってうっかりし過ぎでしょう!!!
一応、貴重品ですから!!!!
重要なアイテムですから!!!!
伊澄とかに破壊されたならともかく
間違って自分で壊したってドジっ子ですか!!!

とりあえず、7つは使い物にならない、
つまり使える王玉は残り5つという事です。
1つはワタルが持ってる王玉、
これはワタルとサキと美琴しか知らず
誰もワタルが持ってるとは思ってないのでノーマークです。
続くはアテネがマキナに隠し持ってるように渡した王玉、
アテネが隠してる事は気づいても
どこにあるかまではわかってないのが大きいです。
ただ、美琴と違って、どこかに隠してるという感じなのが違いです。
美琴の方は彼女自身が持ってると思われてる可能性の方が高いですから。
3つ目は金庭が持つ王玉、持ち主はわかっていても
金庭自身、帝に返す気0で厄介な性格の持ち主、
そして残り2つの王玉を託した人物も厄介な性格らしい…
もう帝、色々失敗しまくってるじゃないですか!!!
帝が王玉を手に入れるチャンス0ですよ!!!
もう本気でアテネとの交渉に応じないと
王玉は手に入らないような気がしました!!!!

さて、ここで気になるのは帝が2つの王玉を渡した相手です。
1人は可能性から考えるとヒスイでしょうね。
ヒスイのメイドである夜空は以前、
ロイヤルガーデンへの道を開ける人材を探してましたし、
人材が居ても、王玉がなければ意味がないので
ヒスイが王玉を持ってる可能性は高いと思います。
問題は最後の1つの持ち主の方です。
個人的にはまだ見ぬ5人の理事の2人のうち1人と思いますけど、
残り2人の理事がどんな人物かわからないです。
しかし帝、奥の手を使うみたいですけど、
もうギャグキャラ補正しか働かない気が(笑)
スポンサーサイト
category
ハヤテのごとく!
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2461-107335c1