ハヤテのごとく!第532話「全てがあるという場所」感想

かなり時間がかかってようやく泉が塔の中で
迷子になってる事に気づいたハヤテ達、
謎の質問翠晶の問に答え、泉と合流出来たハヤテ達、
一方その頃、咲夜達はクラウス救出の為に
ヒスイの元へ向かっていて…
さて、話はルカがまだヒスイ達の王玉の持ち主候補として
狙いを定めていて、ハヤテとエンカウントする前まで戻っていて…
今まで夜空は特殊な術式を使う術者の人間程度の認識でしたけど、
今回のやりとりから夜空が人間かどうか怪しくなりました。
携帯が便利というのは普通のやりとりとは思うんですけど、
2700年もするととかどう考えても普通の人の台詞ではないです。
彼女は人知を超えた不老長寿なのか、
それとも人の姿をした別の何かなのかはわかりませんけど、
少なくとも、人間の域を超えた存在なのは間違いないと思います。
そして、何気にヒスイと夜空は鋭いですね。
ハヤテと出会う前から愛歌が王玉を持っていた事、
持ってなかったらアテネかマキナのどちらかが持ってると
考える辺り、かなり鋭い洞察力を持っています。
すでに二択に迫られてますけど、
アテネが子供化する前にマキナに王玉を持たせて
姿を隠すように支持したのは間違いじゃなかったです。
もし、そうしなかったらとっくに王玉は
ヒスイの手の内に入っていた可能性も十分にあったわけですから。
さて、話は今に戻り、クラウスからロトの鍵の在り処を聞くべく、
彼を拉致監禁している夜空、
しかしクラウスも誇り高き三千院家執事長としての
プライドがあるようで口を割る気は全く無いようですけど…
って、何、根も葉もないデタラメ言ってるんですか?!!
下半身露出って縛られるのに露出なんて不可ですから!!!
仮に露出してたとしても、それは状況的に
夜空が勝手に脱がしただけになりますから!!!
ただ、綾崎ハーマイオニーがいたら
ガチであり得るとも思いますけど!!!!

さて、そんなクラウスの人としての評価が下がる頃、
ちょうど咲夜がクラウス奪還の為に到着した訳ですけど…
って、もうバレてます!!!
盛大に夜空にバレてますよマキナ!!!
というより、これやばいです!!!
アテネの命が完全に守られてないです!!!
しかも、一番やばい相手のメイドに
気づかれちゃってるんですけど!!!!

さて、夜空には気づかれたもののヒスイには気づかれず、
ヒスイの家の訪問には成功した咲夜、
そんな咲夜は遺産関連も含めてヒスイに説得を…
まあ、手に入れられるなら全部って
考えはわからなくはないんですけどね。
人っていうのはどこまでも強欲な生き物ですから、
別に分ける必要性がないなら、
独り占めしたいというのもわからなくはないですから。
ただ、このヒスイの発言的に遺産関連は
ナギにも譲る気は全くないようですけど、
逆に言えば、別にナギを嫌ってる訳でもないとも取れます。
遺産は自分は独り占めする、これはナギでも譲れない、
それってつまりはナギ相手でも譲れないって事は
ある程度はナギに対して悪意を抱いてる訳でもないと取れます。
まあ、結論から言うと咲夜が面倒見が良い姉キャラなら、
ヒスイは相手を嫌ってないけど
大人げない事この上ない姉キャラってところですね。
しかし、ナギが相手でも譲る気ないなら
ヒスイ相手の説得は簡単には終わりそうにないですけど、
そこにマキナの存在に気づいた夜空が訪れて…
なんか更に堕ちるところまで落ちちゃってるんですけど!!
夜空相手に女王様扱いって折れ過ぎです!!!
口を割らなかったところは
三千院家執事長のプライドは
保持されてると思いますけど、
代わりに人として何かを失いましたよね?!!
人としてのプライド捨てちゃいましたよね?!!!

しかし、これはまずい展開ですね。
クラウス救出は成功と言って良いですけど、
逆にマキナの存在を夜空に知られ、
マキナの存在を気づかれた事を咲夜は気づいてない、
最悪、ヒスイ達も王玉を手に入れる可能性がでてきました。
さて、一方のハヤテ達は時計塔の構図に隠された
暗号の解読に無事完了したようですけど…
可能性的に十分にあるとは思ってましたけど、
よりにもよって一番見つけづらい場所に…
当初は帝がロイヤルガーデンに隠したと思ってましたけど、
ロトの鍵は紫子が生前勝手に持ちだしたという事実が判明し、
帝がロイヤルガーデンに隠した線は完全に消えましたけど、
まさか紫子がロイヤルガーデン、しかも棺の中にとは…
隠し場所がわかったのは良いんですけど、
問題なのはその隠し場所にどうやっていくかです。
負の感情の爆発と王玉で道は開かれますけど、
ハヤテ自身が進んでやる手段でもないんですよね。
相手が雪路とかならしかねないですけど、
それでもギャグキャラなので効果薄そうですし。
ヒスイとかなら躊躇なく実行できる分、
ハヤテの方が明らかに分が悪すぎます。
もちろん、紫子がかつて道を開いたように
神に愛された存在なら道は開けますけど、
そういう存在は間違いなくレア中のレアです。
とにかく、ハヤテサイドが行き詰まったのは間違いないです。
スポンサーサイト
category
ハヤテのごとく!
genre
アニメ・コミック
theme
ハヤテのごとく
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2523-e5b94d4f