少年メイド 第11話「少年よ大志を抱け」感想

お彼岸に行ったその帰り、
度々会っていたお婆さんと出会った千尋
お婆さんの正体は円と亡き千代の母親にして
千尋の祖母にあたる鷹取一砂だった
思いがけない形で祖母の事を知った千尋
そして円の方も一砂とは仲が悪いようで、
2人共、心は大きく乱れ始めていて…
さて今回は円の子供の時の出来事の夢からはじまる訳ですけど…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
まあ、円からしたら熱でちゃった自分を桂一郎に任せて
お客様を優先する母を見て育ったら嫌いになるのも無理はないです。
でも、一砂は一砂でパーティーを開いた側としての責任や
お客様を心配させたくないという気持ちも無理はないとも思います。
母親として考えると熱で寝込んだ円の介抱、
他の誰かに心配かけないという意味では
一砂の言う事も間違いではない、
間違いではないんですけど、そういう積み重ねが
今の一砂と円の仲違いを生んでるんでしょうね。
円からしたら母に看病して欲しかったと思うでしょうし、
一砂からしたら円も大事だけどお客様も大事、
だから信頼できる桂一郎に任せて
パーティーの続きといったところでしょう。
両方取ろうとした結果、円からは子供より
お客様が何より大事な薄情な母に見えたんでしょうね。
これは千尋と千代の家族と逆とも言えます。
昔、千尋は母の仕事の事も考えて保護者参観の事を黙ってました。
対する千代は、知ってたら仕事を休んで来ていたと言いました。
円の方はどちらかというと甘えたかったって感じで、
対する一砂は円が熱でも仕事の方を取るタイプ、
もちろん、それは桂一郎を信頼してるからこそなんでしょうけど、
幼い円にしてみれば、冷たい母と思われても無理はないです。
円と一砂、2人の関係は2人の過去の積み重ねもあって
結構難しい関係とも言えるんです。
正直なところ、9巻の時点でもこの2人の関係は修復されてないです。
円は一砂の事を仕事優先の酷い母親と思ってますし、
一砂も一砂で自覚はあるんですけど素直にはなれない、
両者、根は良いのはわかってるんですけど、
どうすれば2人の仲が良くなるかはわからないです。
さて、一方の千尋は円用のお弁当を作ってから
学校へ登校したわけですけど、千尋の方も前の一件で
心ここにあらずな心境で不安定で…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
原作では日野にお祖母ちゃんと会った事と
前に会ってた相手がお祖母ちゃんだった事を相談という展開でしたけど、
アニメの方はすぐに相談じゃなく、その一件がきっかけで
千尋が本調子じゃないという描写が追加されてました。
この辺は原作以上に千尋の心境は深刻なのを物語ってます。
勉強もできて掃除大好きな千尋が勉強に集中できず、
大好きな掃除に関しては凡ミスしてしまうのは
普段の千尋を知ってる者からは考えられないです。
だからこそ、掃除で一緒になった子達も驚いてましたし、
古い付き合いの日野も何かあったと悟ったんでしょうね。
でも、そんな日野でも千尋を元気づけるどころか
逆効果の結果になるとは、よっぽど参ってますね…。
さて、日野でも力にあまりなれなかった訳ですけど、
そんな日野の前に女子コンビが千尋の事で問い糾しに来て…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、アニオリで女子トリオの出番?!!
ここでアニメからの視聴者については
誰?と思うので説明します!!
この2人は千尋達と同じクラスメイトで
主に乃村夕と仲が松木と中島!!
地味に授業参観回で背景に映ってたりします!!
そして、今回の話で影に隠れてる乃村夕、
第1話ではちょい役、
第9話で作文を読んでたキャラですけど、
今回はじめて観る方でもわかるように
千尋の事が好きな奥手な女子キャラです!!
以前、乃村は将来の夢の作文にお嫁さんと
書いて朗読してましましたけど、
正確には「千尋の」お嫁さんというのが正しいんです!!
なお、乃村が目立つバレンタインデー回は
アニメでは地震の影響で話数ずれた事で
完全にカットされた話だったりします!!
なので、アニメ化されるとしたらBD&DVDに
収録される8.5話に入る可能性があります!!
なお、前に千尋は桂一郎の事を鈍いと思ってましたけど、
ぶっちゃけると千尋も大概なので人の事言えないです!!
まあ、これに関しては乃村が奥手過ぎるのも理由ですけど!!

さて、そんなこんなで女子コンビに迫られる日野に
竜児から仕事がバラけたから遊ぼうと言う電話がかかり、
そこで日野は竜児に千尋を元気づけようと考えて…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
うん!!そりゃそうなりますよね!!!
そりゃ竜児の勢いは良いですけど、
繊細な部分に関しては効果ないですから!!!
癒し系だろうとなんだろうと、
ノリ自体は暑苦しい熱血系に近いですからね!!!
そして日野、素で酷い言いようですね!!!
しかもプランBって完全に失敗した時用の
保険のプラン用意されてる時点で完全に
信頼されてないじゃないですか!!!

そんなわけで日野は今度は美耶子に協力をしてもらって…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
まあ、美耶子は円と長い付き合いですし、
竜児みたいに門前払いされる事もないですからね。
うん!!竜児に頼むより最初から美耶子に
頼んだ方が良かったですね!!!

とは言え、門前払いまではいかなくても、
美耶子でも今の千尋と円の心を開く事ができないとなると、
2人共、かなり重症っぽいのは間違いないでしょうね…。
そして、円の事に関しては完全に想定外みたいですね日野。
まあ、千尋に関しては付き合い長いのでわかりますけど、
円に関しては遊びに行かないと顔を合わす機会がなく、
交友関係を築けていると言っても、
美耶子ほどの付き合いでもないですからね。
こう考えると千尋の良き理解者が日野で、
円の良き理解者が美耶子って似た者ポジですね。
2人共、共に付き合いが長い相手に対して
様子がおかしい事に気づけますし。
さて、千尋と円を元気づける策に悩む日野と美耶子、
そんな日野の眼に姉2人が観てる桜のニュースが目に映り…
なるほど、原作では目の前のお花見雑誌で
お花見のアイディアが浮かんだのに対し、
アニメでは葉子と美枝が観てるニュースで
お花見のアイディアが思い浮かぶ事に改変ですね。
最終回1話前なのかオールキャストにしてるっぽいですし、
それを前提に考えると姉2人の出番も確保する為の改変ですね。
さて日野のアイディアから翌日、さっそく美耶子は
千尋にお花見しようと言い出しますけど、
円が人混み苦手な事とか庭に桜がない事など
あっさり問題点を指摘されて…
画像1画像2画像3画像4
もう完全にやけくそじゃないですか!!
桜の枝樹持ってくるって完全に力技!!!
そりゃ、千尋でも様子がおかしい事に気づきます!!

しかし、アニメでの千尋や円を気にかけてくれる人が
たくさんいるってくだりは原作以上に意味をなしてると思います。
原作ではこの話に乃村達3人に竜児の出番はないんですけど、
乃村達に竜児も心配してる策に協力したりしてるので、
より千尋と円の力になりたい人が
大勢いるって事に説得力が出てると思うんです。
とは言え、竜児に関しては完全にあしらわれてましたけどね。
さて、美耶子が帰った後、さっそく円に
お花見の事を相談して了承してもらったわけですけど、
千尋は自分は円の事をあまり知らない事に気づき始めて…
画像1画像3画像4
画像5画像6画像1
それに気づけたのなら千尋はもう大丈夫ですね。
さっきまでは心ここにあらずで皆が心配してる事に気づけなかった、
それはお祖母ちゃんの事で頭の中が
いっぱいいっぱいだったからと思うんです。
でも、今は自分の事で頭がいっぱいじゃなくて
円の様子もおかしい事に気づけました。
後は円にも心配してくれる皆がいる事に気づいてもらえれば、
また、いつもの日常に戻れると思うんです。
さて、そんなこんなでお花見する事が決まり、
日野と美耶子は色々な人達をお花見に誘い、
お花見の日が訪れたわけで…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
ここでちょっと不満なのは有頂天ボーイズも
参加メンバーに加わってる事ですね。
別にお花見メンバーが原作よりメンバーが
増える事自体は特に構わないと思うんですけど、
来るメンバーに伊吹が加わるとなると
もし二期があるなら修学旅行の展開どうなるんだ?と
不安要素が出てくる気もするんです。
もちろん二期があるかもわからないですけど、
きちんと伊吹と会うのは別の話なので、
ここでメンバーに加えると、
もし二期があって修学旅行回やるとかだったら、
伊吹との出会いのやり取りの改変は回避できないので、
そこが結構不安な要素と思うんです。
もちろん二期があるかどうかわからないですけどね。
しかし、円は仕事で花見には不参加、
いくら人混みとか苦手でも千尋関連だと無理してでも
頑張るタイプでもあるのに、降りてこないとなると
やっぱり千尋以上に円の心境は不安定なんでしょうね。
さて、お花見を開始するところですけど、
そこに日野のお爺ちゃんと耕司も到着して…
画像1画像2画像3
って、原作より規模上がりすぎ!!!!
リアル桜の木持ってくるって!!!
なんか原作以上に豪華になってません?!!
お花見の規模確実にパワーアップしてますよ!!!
ちょっと賑やか過ぎる?!!
完全に原作以上の賑やかさになってます!!!
というより、有頂天ボーイズについては
日野とか美耶子はともかく、
竹井と天原くらいは少しは反応しましょうよ!!!
アニオリ追加とは言え、
初のエンカウントですから!!!
日野のお爺ちゃんについては
間違いなく有頂天ボーイズの存在自体、
知らない気がするのでそこは問題ないですけど!!!

さて、そんなお花見の中、桂一郎は一砂の事で謝罪を…
まあ、千尋はそういう事を気にするタイプではないんですけど、
桂一郎も真面目なので謝りたかったんでしょうね。
本人は聞かれたから一砂にお墓の場所を教えただけと言っても、
それで千尋の心境にも影響を与えたわけですから、
結構気にしていたと思うんです。
桂一郎は立場で言うなら中立です。
円の秘書で付き合いも長いですけど、
円と違って、一砂とは仲が悪いわけでもなく、
一砂が冷たいだけの人間じゃない事もわかってる、
それ故に彼なりに辛い立場になる事もあるんですよね。
そして千尋も出会いが出会いなだけに一砂お祖母ちゃんが
冷たいお祖母ちゃんじゃない事はわかってます。
ただ、円の方は長い付き合いで良い印象持ってないので
そこが難しいところなんですよね…。
さて、一方の有頂天ボーイズはそろそろ次の仕事という事で帰る事に、
そんな有頂天ボーイズとすれ違う形で乃村達が訪れて…
画像1画像2画像3画像4
さすがに女子陣には有頂天ボーイズが
円の知り合いの事は内緒みたいですね。
まあ男子アイドルについては男子より女子の方が
興奮したり情報通だったりするので妥当ですね。
葉子と美枝は有頂天ボーイズのファンなので、
円の知り合いなんて知ったら必要以上に円の家に
出かけようとしても違和感ないので
教えなかったのはある意味正解かも。
後は女子トリオ相手に千尋のメイド服関連を
誤魔化す辺りはさすがです。
千尋のメイド服に関しては原作でも女子陣は知らないので、
その衣服でアニオリで遭遇するとなると、
必然的に何か誤魔化さないと色々矛盾とか起きそうですからね。
さて、これでお花見に呼んだ皆は一通り来た訳ですけど、
円は未だにお花見に参加せずに部屋に閉じこもっていて…
画像1画像2画像3画像4
画像5画像6画像3画像4
結局、円の心を一番開けるのは千尋なんですね。
でも、端から見たら千尋の卵焼きに釣られて
出てきたみたいにも観えますけどね!!!
確実に千尋の卵焼きが決め手っぽいですし!!!

でも、ようやくいつもの円に戻ってきた感じです。
完全とは言い難いですけど、やっぱり円は
明るくて天然で流されてる方が円らしいです。
それはそれとして…
なんか桂一郎の酔が原作
以上になってるんですけど!!!
原作では日野が酒飲まないようにと
守るために飲んで酔っちゃいましたけど、
アニメでは日野のお爺ちゃんが原因!!!
どっちにしろ日野家に
振り回されてるじゃないですか!!!
しかも頭にネクタイと原作より酔酷いですし!!!
そして松木と中島はノリは
完全に日野よりなんですけど!!!

さて、そんなこんなでお花見も終わり、
円は日本酒で少しダウン気味のようですけど…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
円は円で一砂とああいう形で
会う事になった事を謝りたかったんですね。
円がらしくなかったのは単に
一砂と仲が悪いだけと思ってましたけど、
それ以上に千尋に最悪の形で出会わせてしまった事に
罪悪感を感じていたんでしょうね。
ここで重要なのは円自身は一砂は嫌っていても、
千尋にとっては良いお祖母ちゃんという事を否定しない事ですね。
千尋の事を考えて、悪い風に
言わなかっただけかも知れないですけど、
もしかしたら心の何処かで不器用なだけの
母親とわかっているのかもしれないです。
画像1画像2画像3画像4
さて、時間も時間なので皆も帰るようでお見送りをした訳ですけど、
原作よりお花見の参加メンバーが増えた事で、
いかに千尋と円が皆に愛されてるかわかります。
原作でも日野や天原達に美耶子と支えてくれる人達が
お花見に参加してくれてますけど、
原作の方では途中までとはいえ有頂天ボーイズ、
千尋の事が好きな乃村とその取り巻きの中島&松木、
お花見するという事で楽しんでくれた日野家一家全員、
原作以上にキャストは増えちゃいましたけど、
それと同時に原作以上に円と千尋がどれだけ
周囲に愛されているかも良くわかるんですよね。
前回、ラストの話でシリアス展開にそこまで
心配がなかった理由がこれなんです。
千尋と円の心を揺れ動かす何かがあっても
2人の事を心配してくれる人達や
何も考えず騒がしく巻き込んでくれる知人達、
そういう人達が千尋と円の周りにはたくさんいる、
だから、心配する要素がないんですよ。
とは言え、次回予告の段階で原作と違い
オールキャストに改変とは思ってましたけど、
ガチでここまで規模を大きくするとは思ってませんでしたけど。
さて、その日の夜、円は再び昔の夢を見ていて…
画像1画像2画像3画像4
この辺はアニオリですけど、
原作へのフォローを兼ねてる印象がしました。
最初の方のお客様優先というのだけだと
円から見たら自分よりお客様が大切な悪い母ですけど、
アニオリとは言え、そういうのが終わった後は
居眠りしつつも円の側にいたりと
原作へのフォローって感じがしました。
まあ、一砂お祖母ちゃんは不器用なキャラなので、
円が知らない間に側にいてたというのはなくもないです。
ただ、一砂の性格的にそれを表に出す事はないですけどね。
さて、そんなこんなあったものついに1年が経過し、
千尋達は5年生から6年生に進級し、
花は小学校に入学となって…
画像1画像2画像3画像4
この流れ的に新入生との出会いはカット?
でも、出会うタイミングをずらしても
出来そうな話でもあるので、
その辺はむずかしいところですね。
とは言え、新入生との出会いの話をやるならやるで、
序盤の展開は確実にカットされいくつか省略はされそうです。
まあ、それはともかく…
次回予告がメタ過ぎません?!!
亡くなってる千代が予告に出てきたり、
原作の話がいっぱい残ってるとか!!!
これ、もしかして二期期待して良いですか?!!
分割という形とかそういう形式の!!!
スポンサーサイト
category
少年メイド
genre
アニメ・コミック
theme
少年メイド
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2530-c47598a6

少年メイド TBS(6/23)#11

第11話 少年よ、大志を抱け 急に祖母と会って元気のない千尋。それは円も同じだった。円は母親とは幼い頃から折り合いが悪かった。 学校でもミスばかりで上の空の千尋。日野が気にして尋ねると祖母のことは少し気づいていた。円さんと顔が似ていたから。千尋の原因は理解できたので、元気づけるために頑張る。有頂天BOYSの竜児が暇なので遊びに誘ってもらうがダメだった。それならばと美耶子に旅行に誘ってもらう。...
  • 2016⁄06⁄25(土)
  • 06:19
  • ぬる~くまったりと

少年メイド 第11話

少年メイド 第11話 『少年よ、大志を抱け』 ≪あらすじ≫ ショックのあまり、授業も大好きな掃除も上の空な千尋。 心配した友人達が千尋を元気づけるため奮闘するが、ことごとく効果がない。 そんな中、日野があることを思い付く。 一方、幼い頃の夢を見る円。その表情は淋しげで・・・ (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ 「少年よ、大志を抱け(boys be amb...
  • 2016⁄06⁄25(土)
  • 12:16
  • 刹那的虹色世界