ベイブレード バースト 第13話「シュウの試練!」感想

地区大会準決勝第1試合、バルトVSワキヤはバトルの中で、
常に自分のペースを崩さず楽しんで成長していったバルトの勝利で終わった
続く準決勝第2試合は紅シュウVS銀刃オロチだが、
これまでシュウが戦ったどの相手より強いオロチを前に
1stバトルはドローという結末で終えてしまう
ただでさえ強いオロチ、
おまけにシュウは肩の負傷というハンデも抱えており…

全ては親友(ライバル)との約束の為に!!
さて1stバトルはドローという結果で終わってしまったシュウとオロチのバトル、
続く第2stバトルへ移行するわけですけど、そんな中、
オロチは突然、エンタメ的な演出台詞を言い始めて…
画像1画像2画像3画像4
なるほど、オロチはエンターテイナータイプのブレーダーなんですね。
自身のバトルと口調で自分のペースを作り出し、
自身にとって最高の状況を作り出し、
なおかつ、相手のペースを崩させる状況も作る、
アークファイブで言う遊矢みたいなエンタメ気質ですね。
まあ、それはそれとして…
本当に何故、トライアングルなんですか?!!
バルトじゃなくても疑問に思いますよ!!!
楽器は他にも色々あるのにそこから
何故、シュウをトライアングルに例えました?!!
微妙に気になるじゃないですか!!!!

さて、いよいよ2stバトルが開始されて…
画像1画像2画像3画像4
オロチのオーディンの強みは
体勢を立て直しやすい事!!!
安定性のあるアタックタイプと言えます!!
それに加えてカウンターブレイクを
出させないように攻撃を仕掛けてきてるので
ただ闇雲に仕掛けてるわけでもないです!!!
でも、シュウも簡単にカウンターブレイクを
封じさせてくれないです!!!!
カウンターブレイクを出せる隙を見逃さず
きっちりカウンターブレイクでオーバーフィニッシュ!!
しかも恐ろしいのは元々は
オーバーフィニッシュ狙いじゃなく、
バーストフィニッシュ狙いだったって事!!!
あと1秒早くバーストしてたらバーストフィニッシュで
シュウの勝利となってましたから!!!

とは言え、ここからが正念場なのは間違いないでしょう。
後がない分、オロチも本気中の本気で行くでしょうし、
土壇場に追い込まれた事で限界以上の力を出せる場合もあります。
後はバルト達は気づいてないですけど、
シュウの怪我はまだ治ってないので
試合が長引けば長引く程、状況は悪くなります。
でも、それでもシュウは勝ちに行くんでしょうね。
バルトと決勝で戦う為に、決勝で戦うという約束の為に。
シュウは好戦的なワイルド系なライバルというわけじゃないですけど、
戦いたい相手と戦いたい想いは特に強い、
正統派ライバルタイプなんでしょうね。
そしてバルトもシュウが勝つと信じてる、
それはシュウの実力だけじゃなく、
自分との約束があると信じて疑わないから、
好戦的ではないですけど互いに互いを信じ、
意識して高め合う、間違いなくバルトとシュウはライバルです。
さて、必殺技「ブラストビート」を先に宣言し、
一発逆転を狙うオロチにここで勝負を決める気でいるシュウ、
その運命を決する3stバトルがついに開始され…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
ブラストビート!!起動はラッシュシュートに近いですけど、
ラッシュシュートが不規則な動きで中央を集中攻撃に対し、
ブラストビートはスタジアムの周辺を不規則に動く事で
バランスタイプやアタックタイプに当てやすい
必殺シュートという感じです!!!
そしてシュウはやはりカウンターブラスト!!!
不規則な広範囲攻撃VS敵の攻撃を利用するカウンター!!
それでもやはり、強いのはシュウ!!!!
1stバトルではドローという結末でしたけど、
そこからは見事ストレート勝利というのは
まさに実力者の貫禄を感じます!!!
目の前の対戦相手よりその先の相手を観る事は、
場合によって足元をすくわれる事もありえますけど、
シュウの場合は戦いたい相手がいるという
執念と想いが勝利に繋がってます!!!

勝敗を左右したのはオロチの言うように
勝負の先に見ていた何かでしょうね。
オロチも十分に強くシュウ相手に本気で戦ってました。
でも、オロチはシュウに勝つ事で更なる高みを目指そうとしただけで、
それ以上のものは持ってなかったんですよね。
強敵のシュウに勝つ事は自分が更に高みを目指すきっかけ、
オロチもオロチでシュウをきっちり見てなかったと思います。
結果、シュウの執念と彼の目に映るその先を
見据える事が出来ずに敗北したのでしょう。
しかし、意外だったのはオロチは握手するまで
シュウの怪我に気づいてなかったんですね。
病院から出てくるのを目撃してたので
てっきり気づいてるとばかり思ってました。
さて、これでついに決勝に進んだ2人が決まった訳ですけど…
画像1画像2画像3
バルト緊張しすぎでしょう!!!!
決勝で戦うってシュウと約束したのに
いざ決勝という舞台でスポットが当たるとなると
こういう扱いに慣れなく緊張するって
もしかして大舞台で取り上げられるの
考えてなかったんですか?!!!
いや!!バルトなら十分にありますけど!!!

さて、決勝で戦う事が決まったバルトとシュウですけど、
シュウの方はやはり肩の具合を気にしてるようで、
そんな時に控え室にバルトが入ってきて…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
あぁ…シュウの肩の事には気づいてないんですね…。
バルトの頭はシュウと決勝で戦える嬉しさと
2人共決勝に進んだ祝勝会の事で頭いっぱいのようですね…。
とは言え、気づいてないなら気づいてないで良いとも思います。
バルトの事ですから知ったら、絶対に本調子出せなくなるでしょうし、
シュウがそんな事を望むのもありえないので、
ここまで来たらシュウの怪我は決勝終わるまで
誰にも知られない方が良いのかもです。
さすがに決勝が終わればしばらくは安静にするでしょうし、
シュウが意外に無茶するタイプなのはもうわかったので。
さて、ベイクラブに後でよる事を言い帰るシュウですけど、
そんなシュウの前に犬介が話しかけて来て…
画像1画像2画像3画像4
って、犬介が直接しゃべりましたぁああ!!!
もう見た目とのギャップが激しくて
可愛すぎなんですけどぉおおお!!!!
ケルが天然、ベスがワイルドって感じでしたけど、
やっぱり犬介自身の恥ずかしがり屋な感じと
永代翼さんの声が相まって破壊力抜群ぅうう!!!
しかも、そんな恥ずかしがり屋なのに
勇気を振り絞ってケルとベス使わずに
自分の口でうちに秘めた想いを暴露したんですから
もぉおお萌えちゃいますよぉおお!!!!!
恥ずかしがり屋の男の子キャラは最高ですぅうう!!!

さて、そんなこんなでベイクラブで祝勝会の時間、
しかし、もう1人の主役であるシュウは一向に姿を見せず…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
あの時は喜びで頭がいっぱいでしたけど、
ここでようやく控え室でシュウが腕を抑えていた事を思い出しましたね。
とは言え、これに関しては気づかなかった方が幸せだったかも知れないです。
知ってしまった以上はバルトはシュウの
ベイブレードの生命の事を考えるでしょうし、
バルト自身はシュウと決勝で戦いたい想いが強くても、
シュウに無理してほしくない想いも強い、
そんな心境じゃ全力は間違いなく出せないですし、
シュウもそんなバルトは望んでないと思うんです。
でも、バルトは不器用なので難しい問題ですね…。
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2531-233352e4

#13「シュウの試練!」ベイブレードバースト・名言

オロチ「オーディエンスのみんな!」 バルト「オ、オ…なんだって?」 ダイナ「オーディエンス。大勢の観客だ」 バルト「じゃあそう言えばいいのに。 カタカナ使えばカッコいいと思ってんな!」 ケル「カタカナじゃなくて英語だろ」 ベス「わからなくても仕方ないか。バ…
  • 2016⁄06⁄28(火)
  • 17:21
  • アニメ偉言