ベイブレード バースト 第17話「豪傑(ごうけつ)のエクスカリバー!」感想

シュウに会うべく灼炎寺道場を訪れたバルト達
そこでシャカのチーム「ソードフレイム」のメンバーである
南翠ユーゴと灼炎寺スペシャルでバトルする事となる
ユーゴのイェーガーユグドラシルと初めてのスタジアムである
灼炎寺スペシャルに苦戦を強いるバルトだったが、
持ち前の明るさと前向きさで順応しバースト勝利を収める
しかし、続くシャカとのバトルではあっという間に
オーバーフィニッシュを決められて…
さて、前回のラストでシャカとのバトルを開始したバルト、
しかしシャカのゼノエクスカリバーを前に一瞬で
オーバーフィニッシュさせられてしまい…
灼炎寺カイザ!!!通称シャカ!!!
シュウに続く四転皇の1人であり、
最強クラスのパワーを持つブレーダー!!!
その強さはまさに一撃必殺!!!
それ故に破壊者という噂まで流れていたとは!!
うん!!原作だとソードランチャーを使う前は
通常のライトランチャーは使う度に
シャカのパワーに耐え切れず
破壊しちゃってたので間違ってはないです!!!
むしろ、最初からソードランチャーのおかげで
無駄に破壊活動にならないだけマシです!!!

まあ、でもそれでビビらったり
プレッシャーを感じない辺りはさすがバルトですね。
幼なじみなので心を開いてるのもあるでしょうけど、
それでもシャカのパワーにプレッシャー感じず
シャカとのバトルを楽しむ姿勢は尊敬できると思います。
対するシャカもバルトを褒めてましたし、
外見がいかついだけで良い少年キャラなんですよ。
同じチームのユーゴはまだバルトの実力認めないっぽいですけど、
シャカの言うようにエクスカリバーの一撃で
バーストしなかっただけでもすごいと思います。
シャカは作中屈指のパワーブレーダーなので
オーバーフィニッシュされてもバーストしてないなら
十分にすごいブレーダーって事なんでしょうね。
さて、そんなこんなで2stバトルに突入したわけですけど…
画像1画像2画像3画像4
1stバトルに続きラッシュシュート!!
今度は1stバトルの経験も活かし、
ゼノエクスカリバーの一撃を交わしつつ
攻めまくる姿勢ですけど、
やっぱりシャカはあまくないです!!!
ゼノエクスカリバーはアタックタイプの中でも
最も攻撃に特化したベイで起動力も最速!!!
そしてシュート時にランチャーの角度を変え
起動を変えて死角を突いてくる辺り、
単なるパワーブレーダーじゃないです!!
おまけに灼炎寺スペシャルのスパイクゾーン
もヴァルキリーにダメージを与えてます!!!
ただ、ゼノエクスカリバーは
そのスペックを全てアタックに全振りしたベイ!!
短期決戦なベイ故に持久力は最弱!!!
2stバトルはドローで終わりましたけど、
ゼノエクスカリバー唯一の弱点と
スパイクゾーンを耐えた際に回転力が
落ちた事で上手く回避出来たわけなので
これらの事が合わさらなければ
ゼノエクスカリバーがスピンフィニッシュになる前に
逆に負けていたと思います!!!
それとシュウ、なんかウズウズしてますけど、
抑えてください!!今、治療中の身ですから!!
シュウの場合、ベイバトルを観て
抑えきれずに無茶しそうだからやばいんです!!

さて、続く3stバトルですけど、
シャカはソードワインダーの向きを変えてきて…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、ここに来てラッシュシュート失敗?!!
最近は成功率高いんですけど、
まだ失敗する事もあるんですか?!!
でも、その失敗のおかげで
最初の一撃は回避出来た辺り、
何気にバルトの運は強いです!!!
でも、それ以上にシャカが強いです!!!
最初の一撃こそ失敗のおかげで回避出来ましたけど、
その後の一撃はまさに一撃必殺!!!
スタミナさえ残っていたら十分に
バーストフィニッシュ出来るのが恐ろしいです!!
そのパワーはシャカのパワーと
ゼノエクスカリバーの攻撃特化はもちろん、
ソードワインダーにもあります!!!
ソードワインダーは使う向きによって
性能が変わるワインダー!!!
通常時は普通のワインダーと差はないですけど、
逆にする事で、通常のワインダート違い、
先端部分まで刃がついてる事で
よりパワーを伝えやすいんです!!!
しかし、バルト、マジ感情表現わかりやす過ぎです!!
ラッシュシュートの失敗を残念がってたと思えば
ソードワインダーに興味津々になったりと
なんかハンターハンターのゴンに通じるものがあります!!
良く言えば何でもマイペースで何でも吸収する!!
悪く言えば感情的になり暴走しやすいって事です!!!

さて、シャカの腹も減った事でご飯となったわけですけど、
その後で乱太郎はシャカにバトルを申し込んで…
画像1画像2画像3
って、今更、乱太郎がクミチョーって呼ばれてる理由?!
いや!!どう観ても見た目が組長っぽいからでしょう!!
そして乱太郎、意外に実力者ポジでした?!!
バルト同様に感情的な部分強かったり
意外にバルトと同レベルなところあったり、
最初にバルトに負けたキャラだったりで
普通に実力者だったとは思いませんでした!!!
ついでに言うと現実のライジングラグナロクは
ぶっちゃけると弱い方のベイでもありますし!!!

しかし、犬介ってバルトとシャカの関係を
羨ましいと思ってるんでしょうね。
犬介は家の都合で転校が多かったみたいですし、
幼なじみと言える相手がいないので
そういうところに憧れてる部分があるんでしょうね。
さて乱太郎にバトルを挑まれたシャカですけど、
バトルはするものの先に日課のフィールドトレーニングを
やるようでバルト達もそれに付き合うようで…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、殆どが普通のトレーニングじゃないです!!
でも、ベイブレードのアニメだと普通の特訓!!!
これですよ!!これ!!!
こういうの観るとキョウヤとかの
特訓方法思い出します!!!
歴代のベイブレードのアニメだと
今回のシャカの特訓方法みたいなのが
強キャラの特訓方法のデフォだったんですよ!!!
バーストのアニメは現実寄りなので
この辺は難しいと思ってましたけど、
シャカ、良くやりました!!!
さすが、人間離れしてる身体能力キャラ!!!
というより素手で丸太玉砕だったり、
崖から飛び降り帰ったり半端無いんですけど!!
あと、丸太は無理でも崖から飛び降りて
なんとか着いて行く辺り、
バルト達も歴代ベイブレードの強キャラ達と
並べる才能はあると思います!!!
あと、意外にも乱太郎って虫苦手だったとは!!

さて、ふんだり蹴ったりな乱太郎ですけど、
シャカの特訓も終え、ようやくバトルの時が来て…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
バルトは本能的にバトルするブレーダーなら
同じ熱血系でも乱太郎は熱くても冷静さは
失わない熱くて落ち着いたブレーダー!!!!
性格こそ似ていてもバトルスタイルは全く違うんです!!
シャカのゼノエクスカリバーの起動力を利用し、
あえてスピードを落とす事で回避!!!
これはバルトもやった事ですけど、
バルトはラッシュシュートの失敗や
ゼノエクスカリバーの攻撃でそうなっただけで、
乱太郎は最初からそれで勝ちに行ってます!!!
でも、やっぱり相手が悪すぎます!!!
いくら、攻撃回避で時給勝負に持ち込むって
言っても、シャカがそれを許すほど甘くないですよね!!
ゼノエクスカリバーの一撃は超強力なので
一度でも当たったら防御力のない
ライジングラグナロクは一発でバーストは当然です!!!

さて、バトルはシャカの圧勝で終わったわけですけど…
画像1画像2画像3画像4
うん、バトルは一瞬でも面白いというのはわかります。
長く続けばそれも面白いというのもわかりますけど、
一瞬の煌きとか刹那という感じのバトルもまだ
激しくクールなバトルで面白いと思います。
まあ、それはそれとして…
犬介、バルトと乱太郎をさらっと
酷い扱いしてるんですけど!!!
確信犯ですか?!それとも天然なんですか?!!
死んでませんから!!ベイバトルで死人でませんから!!
少なくともベイブレードバーストでは!!!
過去のベイブレード作品なら話別ですけど!!!

さて、遅くなったので帰る事になったバルト達ですけど、
その前にシュウから敗者復活のチャンスがある事を知って…
画像1画像2画像3画像4
やはり、原作通りに敗者復活戦もやるんですね。
ただ、アニメの方はホウジもいるので
原作より強敵が多くなりそうな感じです。
原作でも強敵のワキヤ・オロチも出場するでしょうし、
まだ見ぬアニオリの強敵も参加する可能性もあるので、
敗者復活戦も簡単には行かないと思います。
エリア選抜大会も油断ならないのは間違いないです。

そして、チーム対抗の練習試合来ました!!!
原作だとあっさり終わった練習試合ですけど、
アニメだと各見せ場作ってくれそうですし、
チーム戦となるとシャカの方にアニオリキャラも
参戦する可能性もたかいですし期待です!!!
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2542-a69c73b1

#17「豪傑のエクスカリバー!」ベイブレードバースト・名言

ベス「今、思い出した」 ケル「シャカはすべてを破壊する」 ベス「そんな噂があるんだよ」 破壊神シャカ? しかもエクスカリバー使いでシュラ要素プラス。 だからと言ってビルスの足元には及ばない。 たとえゴールドな闘士のほうのシャカやシュラであっても― ベイブレ…
  • 2016⁄07⁄27(水)
  • 13:19
  • アニメ偉言