ベイブレード バースト 第18話「燃えるぜ!チームバトル!!」感想

怪我の治療中のシュウに会う為に灼炎寺道場を訪れたバルト達
そこでシャカ率いるチーム「ソードフレイムス」のユーゴ、
そしてシャカとベイバトルをしたバルトと乱太郎、
そんなバルト達は後日、シャカ率いる「ソードフレイムス」と
合同チームバトルの誘いを受けて再び灼炎寺道場を訪れて…

静かなる影がダイナに迫る!!!
さて、シャカとチーム合同バトルの誘いを受けたバルト達、
早速、翌日にバルト達ベイクラブは再び灼炎寺道場を訪れて…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、皆のベイブレードパン?!!
無駄に大きいですけど、
良く出来てます!!!
でも、持ってくるなら
もうちょっと運び方に注意しましょう!!!
直にカバンに詰め込むのは、
色々問題ありまくりですから!!!
せめて、袋に入れて、
その後にカバンに入れましょうよ!!!
あと、バルト、絵心が残念過ぎ!!!
特徴を捉えてるのは評価出来ますけど、
絶対に芸術評価低いですよね?!!
そして、完全にハブられるユーゴ!!!
ランブーベイの使いだからですか?!!
ランブーの当たりベイ使いの扱いは
後々悪くなるパターンに
今入っちゃってるんですか?!!

さて、チームバトルの為に灼炎寺道場の
ベイブレード場に入ったバルト達、
しかし、相手の「ソードフレイムス」のメンバーは
シャカとユーゴの2人しかいないようで…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、僕好みの美少年キャラ来ました!!!
彼こそはソードフレイムスの3人目であり、
忍の如く、存在感を隠す雪吹右京!!!
ちなみにホウジ同様に原作にはいない、
アニメオリジナルキャラ!!!
と、思いきや、森多ヒロ先生のツイートによると
単行本2巻に収録の7話に地味に出てきてる?!!
チョイ役からソードフレイムスのメインの
一角までのし上がったキャラじゃないですか!!!
おまけに驚きなのは右京の声が、
少年メイドの千尋の声の藤原夏海さん!!!
千尋のような明るく活発な男の子キャラの声が
印象的だったのであんなクールボイスも
出来る事に驚きを隠せないです!!!!
それと右京、その場にいたって、
それ人知れず偵察とかじゃないですよね?!!
ただ単に影が薄いキャラなだけですよね?!!
でも、そういう影が薄いキャラって
だいたいカッコいいキャラが多いから困ります!!!
そして、さらっとナルシスト性質まで!!!
本人に悪気がないのはわかりますけど、
相手からしたら面倒くさいタイプって思われますよ!!

さて、バトルの方式は勝ち抜き戦、
ただしソードフレイムスの主力は3人しかいないので、
4対3の変則勝ち抜きバトルと言う事になります。
人数だけで言うならベイクラブが有利ですけど、
圧倒的な強さを誇るシャカ、
全国区の実力を持つユーゴ、
実力未知数の右京と人数不足の差を補ってる部分があります。
そんなソードフレイムス相手にベイクラブの一番手はダイナ、
ソードフレイムスの方は右京が試合に出て…
画像1
右京が使うのはアンロックユニコーン・D・N!!!
今度の土曜に発売される新型ベイです!!!
なので僕もまだ持ってないです!!!

さて、そんなこんなで1stバトルが始まり…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
アンロックユニコーン!!!
ダークデスサイザーの攻撃を耐え抜く姿は
まさにディフェンスタイプの王道スタイル!!!
アンロックユニコーンのドライバーはニードル!!!
軸先がスパイクになっており、
それで地面をきっちり捉えて簡単には動かない!!
ただし、それ故にスタミナ消費も激しく、
スタミナを犠牲にした防御系のドライバーです!!!
アンロックユニコーンレイヤーは、
立上の9枚刃で相手の攻撃力を分散させ
威力を弱まらせるデュアルレイヤー!!!
そして右京はその防御力と相手の起動を読み、
先回りしてるかのうようにカウンター!!!
元々アタックタイプはディフェンスタイプに
相性的には弱いんです!!!
しかし、不規則な動きで攻略するダイナ!!!
正直、未知数の実力者相手だったので
先制点を先にとられるとばかり思ってました!!!

しかし、先制点を取られても焦りを見せない右京、
確かに攻める事より守る事は難しいというのは正しいです。
攻撃は最大の防御という言葉もありますけど、
それは圧倒的な力を持っていればの話、
実力に大差なかったり、相手の方が格上だった場合、
防御に回らざる終えない状況だって出てきます。
そこでその防御ラインを突破されたらあっさり逆転されます。
強さというのは単純なパワーというわけでもないんです。
守りに徹してるからこそ厄介ってパターンもあるんです。
それにバルトみたいにやられても、追いついてくる
パターンもあるのでより守りが大事なのがわかります。
バルトの場合は対戦相手が格上ばかりなので、
先制点を先に取られやすい反面、
そこから逆転勝ちしやすいキャラでもあります。
そこから考えると圧勝がどれほど難しいかわかります。
追いつかれたら最終バトルで決着、
そこで逆転負けも十分にあるので、
攻めるより守るのが難しいのは心理とも言えます。
あと僕もアタックよりディフェンスとかスタミナの方が好きですしね。
さて、続く2stバトル、様子見だったダイナと右京、
それぞれ勝ちを狙いに来て…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
完全にアンロックユニコーンのカウンター勝利!!!
これが攻める事より守る方が難しいの理由!!!
ダイナは守りに入らず攻めに行く姿勢でしたけど、
相手の防御がそれを上回っていた場合、
逆にカウンターでバーストされる可能性もあります!!!
最初に点をとっても攻めに急ぎすぎたり、
判断を誤ればあっという間に逆転されます!!!
とは言え、それまでは互角のバトルだったので、
実力差はそこまでかけ離れてるわけでもないです!!

アタックタイプなので守りが苦手なのはわかりますけど、
そこを克服が今後のダイナの成長に繋がると思います。
より攻撃性を高める道を行くのも良し、
変化球の如く多彩な攻撃方法で強くなるも良し、
ダイナが越えなきゃいけない部分が見えたと思います。
さて、負けた事で放心状態気味なダイナ、
そんなダイナの仇を討つべく乱太郎が二番手を名乗りでて…

画像1画像2画像3画像4
って、乱太郎の父って刑事だったんですか?!!
乱太郎の見た目的に父親が刑事って
すごく意外なんですけど!!!
てっきりヤクザとか組長とか
その辺の職とばかり思ってました!!!
でも、微妙に納得してたりもします!!!
乱太郎のふざけてる時はふざけても
真面目な部分はとことん真面目なのは
父親が刑事というので納得しました!!!
さて、次は乱太郎VS右京ですけど、
相性ではスタミナタイプの乱太郎が有利、
ただし、右京は必殺技をまだ出してない分、
どっちが勝利するかわからないです!!!
ここで勝てばソードフレイムスはあと2人、
ただし負ければバルトと犬介だけで
ソードフレイムス3人を相手にしないと
行けないのでここで勝たないとやばいです!!!
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2544-3f7c237f

#18「燃えるぜ! チームバトル!!」ベイブレードバースト・名言

シャカ「オバケか。まあ似たようなもんだ」 右京「私は人呼んで影踏みの右京」 日夏「ホントに影みたい」 常夏「というか今度は忍者?」 シャカ「侍に忍者。 うちの道場、面白ぇだろ?」 シャカ率いるソードフレイムス。 その3人目が姿を現した。 雪吹右京(いぶき うき…
  • 2016⁄08⁄01(月)
  • 21:28
  • アニメ偉言