ベイブレード バースト 第21話「友情のバトル」感想

シャカ率いるソードフレイムスとのチーム混合練習試合
ダイナと乱太郎を打ち破った右京とのバトルに臨んだ犬介
途中、空回りする事もあったものの焦りからの失敗と
バルト達、仲間の存在の力により右京を撃破、
更にユーゴにも勝利し快進撃を進める
そして、ソードフレイムスのリーダーにして
四転皇のシャカが出てきて…
さて、怒涛の快進撃でシャカを引きずり出すところまで来た犬介
そんな犬介に対し、シャカもやる気全開な中、
犬介はバルトに繋げるバトルをしようと考えていて…
画像1画像2画像3
確かにバルトに繋げる為のバトルも大事ですけど、
ここまで快進撃を決めたのなら、
全力でシャカにぶつかってほしいですよね。
勝てるかどうかは置いておいて
繋げる為のバトルとは言え、
勝ちにいかないのも正直どうかと思いますしね。
さて、バルト達の後押しもあり、
全力でシャカとのバトルに臨む事にした犬介、
そんな犬介とシャカの1stバトルが開始されて…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、シャカの方が失敗シュート?!!
でも、失敗なので速度や威力が
そこまで衰えてない辺りがヤバイです!!!
シャカほどの実力者でもパワーサイドなら
シュートを100%成功という訳でもない
ギャンブル要素もある仕様ですけど、
ミスでも並以上の攻撃力を持つのが
ゼノエクスカリバーの厄介なところ!!!
ゼノエクスカリバーは簡単に言うと
ステータスの大半を攻撃力に振り切った
超絶アタックタイプのベイ!!!
ミスでも十分過ぎるほどのパワーを
秘めてます!!!!
1stバトルこそドローでしたけど、
やっぱりゼノエクスカリバーの
火力はチートすぎでしょう!!!
短期決戦タイプとも言える超火力、
失敗シュートで互角って事は
当然の如く、パワーサイドでの
成功シュートはまさに一撃必殺!!!
2stバトルであっさり犬介に勝利とは!!!
とは言え、犬介は十分過ぎる程活躍しました!!!
ダイナ・乱太郎を破った右京に勝利し、
続くユーゴにも勝利してチームバトルで
大きく勝ち星をあげたんですから
落ち込むどころか誇っても良いくらいです!!!

さて、いよいよ両チーム共に最後の1人、
そこでシャカは最後は3ポイント制を持ち込み、
バルトもそれに了承し1stバトルが始まって…
画像1画像2画像3画像4
って、ヴァルキリーの様子がおかしい?!!
これ、失敗シュートなんかじゃないです!!!
乱太郎達は失敗シュートと思って
相手のシャカも好戦的な台詞で
バルトに全力を出させようとしてますけど
そうじゃないです!!!!
これはシュート自体は成功なんです!!!
ならヴァルキリーが壊れたのか?!
それも違います!!!
ビクトリーヴァルキリーには
今までのベイには搭載されてなかった
ギミックが仕込まれてるんです!!!!
それが今、ようやく目覚め始めたんです!!!
でも、その事に誰も気づいてないです!!!
シュウですらこの時点では違和感は
気づいても何故、そうなったのかは
気づいてないですから!!!!

そんなヴァルキリーの異変の秘密に気づかず、
ラッシュシュートが上手く行かず1stバトルでポイント取られ、
続く2stバトルではフラッシュシュートも上手く行かず
2stバトルでもポイントをとられたバルト、
ヴァルキリーの異変に戸惑いを感じていて…
画像1画像2画像3
こういう時に支えてくれるのが仲間なんですよね。
犬介を中心にバルトを支えるベイクラブの皆、
バルトがここまで悩んだり、調子でなかったりで
ピンチになってた時もどうにか乗り越えてこれたのも
仲間達の存在もあったからなんですよね。
とは言え、「今の」ヴァルキリーの性能を
理解してないと厳しすぎるとは思いますけどね。
さて、そんなこんなで3stバトルへ突入して…
今度は上手いです!!!!
スタジアムの端をいつもより狙う事で
ヴァルキリーの力を十分に引き出す訳ですね!!!
でも、やはりまだ不完全!!!
途中加速できたからオーバーフィニッシュ
決める事が出来ましたけど、
その加速の意味と何が起きてるのか
それを理解しないと今後が厳しいです!!!

さて、続く4stバトル、シャカも超本気で
パワーサイドの方を使ってきて…
画像1画像2画像3画像4
って、ここでヴァルキリーまた本不調!!!
最後はあっさり決まりすぎでしょう!!!
シャカの本気中の本気+
ヴァルキリーの不調の連続じゃ
バルトに勝ち目は全くないです!!!

さて、何故、ヴァルキリーは力を出せなかったり
一瞬今まで以上の超加速が出せたのか?
ベイブレードバーストやってる方は
すでにわかってると思いますけど、
ホビーをしてない方にはヒントを言います。
今回の話でヴァルキリーのある部分を
映してるカットが少ないんです。
そして数少ないある部分の微妙な
変化を見つけ出したから答えはわかります。
さて、チーム戦の結果を考えると犬介大活躍だった反面、
他のメンバーはあまり活躍出来なかった印象が強いです。
ダイナは初戦で破れて、バルトはヴァルキリー本不調、
かろうじて負けたもののある程度活躍したのは乱太郎でしょうか?
とりあえず、バルトに課せられた課題は
ヴァルキリーの進化に気づけるかどうかです。
それに気づけない限りはエリア選抜も厳しいです。
さて、チーム戦も終えていつもの日常に戻ったバルト達、
しかし、犬介との別れの日は刻一刻と迫っていて…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
やっぱり犬介、転校してしまうんですね…
学校で会えなくなるだけって言っても
やっぱりきついです…
それに転校先次第じゃ学校外でも
簡単に再会出来ない可能性だってあるわけですし…。
離れていても友達で仲間というのはよくわかります…。
でも、ここで犬介がメインキャラから外れるのは
わかってはいても精神的に来るものがあります…
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2550-000a774a

#21「友情のバトル!」ベイブレードバースト・名言

犬介「シャカのすべてを見せるよ。 僕はバルトに繋ぐ戦いをする。 だからあとは…」 バルト「繋がなくていい! 勝ちに行けよ犬介! 全力バトルだ!」 ついに敵の大将、シャカ出陣。 その迫力に気圧された犬介は負けること前提の試合運びを考えたが、 バルトに励まされて勝…
  • 2016⁄08⁄28(日)
  • 16:28
  • アニメ偉言