ベイブレード バースト 第37話「オレたちの決勝戦!」感想

全国大会団体戦はベイクラブとライドアウトの対決に決まった
そんなある日、放送部のインタビューにのったバルト達
そこで向かったベイアリーナでライドアウトと遭遇
バルトは白鷺城ルイと遭遇し、
打倒ライドアウトに闘志を燃やし始めて…

団体戦決戦、ついに開幕!!!
さて、打倒ライドアウトに向けてトレーニングするバルト達、
ワキヤがトレーニング道具を持ってきた事で
それを駆使して激しいトレーニングをするものの
肝心のベイバトルでは本調子が出せなくなってしまい…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
まあ、今までの特訓の事も考えるとバルト達の
特訓は極端というのは至極当然の感想ですよね。
トレーニングするのは大事ですけど、
やれば良いってものじゃないですからね。
シュウはただ闇雲にやるんじゃなく、
ペース配分とか色々考えてるのも強さの秘訣と思います。
まあ、肩痛めた時に無理した人が
言ってるので説得力少しないですけどね!!!
しかしバルト、シュウの言う事は驚く程、
素直に言う事聞くんですよね。
もうシュウはバルトの母親的な
立ち位置で良いと思います!!!!

そんな事で、ベイクラブは一日休む事になった訳ですけど、
バルトもワキヤも乱太郎も休む事に慣れてないようで…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
うん!!ワキヤがだんだん
ポンコツ化してますね!!!
練習禁止なのに練習しようと
思ったらトレーニングマシンを
学校に置きっぱなしって!!!
てっきりホウジがどっかに隠したとばかり
思ってましたけど、
単なる自分のミスって、
以前と比べてポンコツ化が
進んでますよね絶対?!!!

しかし、この練習禁止はバルトと
乱太郎とワキヤがきつそうですね。
この辺は闇雲に練習するタイプですし、
一日休む事を重視するの慣れなさそうです。
そんな中、きっちり休んでる印象が強いのはダイナ、
ソウタの退院決定の事で心配もなくなったのか、
今回の一日休みというのは良い機会だったのかもです。
ワキヤと乱太郎はいつも口喧嘩してたりしますけど、
感情的になりやすいところが似ているのか、
割と息がピッタリなところもありますね。
今回の女の子の風船を木に登って取りに行くところは、
二人共、完全に感情任せでの行動でしたからね。
ワキヤに至っては自分の高所恐怖症忘れてましたし。
ベイブレードバーストにタッグバトルとかもしあるなら、
ワキヤと乱太郎のタッグとかみたいかもです。
さて、一方のシュウは公園で休んでようですけど…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
休む事も大事という事を言った張本人ですけど、
シュウもちゃんと休んでいるようで何よりです。
シュウって過去に怪我してるのに無理して
練習したり公式戦に出たりと前科あるので
ちゃんと休んでるか半信半疑でした。
まあ、言った本人が練習したら
説得力皆無になっちゃいますしね。
そしてシュウ、途中まで拒否しまくってたものの
本心ではバルトがベイクラブに誘ってくれた事を
嬉しいと思っていたとは…
ツンデレですか?!!
ツンデレのデレ発動
しちゃってるんですか?!!
ベイクラブ入る前の入らない宣言は
ツンデレのデレを隠すためだったんですか?!!
シュウも本当に素直じゃないです!!!!
あと、さらっとダイナに女子力が?!!
まさか、あんな女子力全開の
エプロンを装備するとは!!!
いや!!問題はそこじゃないです!!!
問題はあのフリルエプロン、
ダイナの自前なのか、
シュウの家にあったものなのか、
そこが非常に大事です!!!
シュウの女子力アップなのか、
それともダイナの女子力発動なのか、
どっちなんですか?!!!
そしてシュウのナポリタンに笑みを
浮かべる犬助の可愛さも
半端ないんですけどぉおおお!!
その満面な笑みは反則ですよぉおお!!!
あとシュウ、ベイだけに限らず、
料理でも両利き、しかも二刀流って!!!
まさか、シュウの両利きの原点って
バルトを始めとする大食いが
たくさん食べるから生み出された
フライパン2刀流から発展させたんじゃ?!!

一方のルイの方はあのマシンで練習と
バルト達とは対照的ですね。
チームについても全て豪に任せてるみたいですし、
ベイクラブと違い、チームに所属しながらも
チームのメンバーの事を仲間と
思ってないのかも知れないです。
さて、いよいよ団体戦決勝当日が来て…
画像1画像2画像3画像4
うん!!3戦で決着がつかなったら
延長戦に突入って延長戦やる
フラグじゃないですか!!!
完全に延長戦に入りますよね!!!
間違いなく延長戦に突入しますよね?!!
そしてバルト、完全にノリでメンバー選びましたよね?!!
深い意味とか完全になく、勢いだけで
メンバー決めましたよね?!!!
自分入れ忘れたって言ってる
時点で勢い任せで来ましたよね?!!!

そんな事でベイクラブの参戦メンバーは
乱太郎・ダイナ・シュウの3人、
ベイクラブは初戦は乱太郎が出陣し…
画像1画像2画像3
得意のラグナロクゾーンで圧勝!!!
相手が新規系のベイ使いじゃなかったのもありますけど、
個人戦には出られない分、より燃えてた
乱太郎はいつも以上に実力をだせたのかもしれないです。
まずはベイクラブが1ポイント先取、
問題の2stバトルですけどライドアウトからは豪が出陣…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
2stバトルはダイナVS豪のバトル!!!
ダークデスサイザーはレイヤーが偏った重心、
ギガントガイアはディスクが偏った重心、
つまりアンバランス同士のベイ対決!!!
しかも豪は知略も冴えてます!!!
単純に同じ戦法は使わず、
対策されてる前提で別の戦術で来る姿勢!!!
ダイナの敗因は戦略の読み間違えでしょう!!!
とは言え、それでも紙一重の差だった事から
裏を書く事が成功してたら
十分に勝ててたと思います!!!
ソウタの前で勝利を見せられなかった事は
残念でしょうけど団体戦はチームバトル!!!
ソウタもそれをきっちりわかっていて、
ダイナ自身が言ってたチーム戦は
チームで勝てば良いというのが
そっくりそのまま自分へのフォローに帰ってくるとは!!
ダイナのチームの考え方は無駄じゃなく、
きっちりワキヤにも伝わっていて
ベイクラブのチームワークも
十分に良くなってます!!!
それだけで十分にダイナは
チームとして貢献出来てると思います!!!

さて、次はいよいよシュウの出番な訳ですけど…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
ついに左打ち大会解禁来ました!!!!
シュウは元々強いので負ける心配皆無ですけど、
それに加えて左打ち会得で更にパワーアップですから、
負ける要素がどこにも見当たらないです!!!
そりゃ、相手じゃなくても勝てないと思いますよ!!!
でも、そう思わないのがルイ!!!
ついにルイが参戦するんですね!!!
ルイは味方にも相手にも厳しいです!!!

ルイが味方に対してダメなブレーダーと言ったのは、
どうやって勝てるか悩んでたからだと思うんです。
ルイの考えはきっと勝てない事に悩むようなブレーダー、
調子に乗っちゃうタイプのブレーダー、
ルイの事をすごいと感じるブレーダー、
こういうのはひとくくりにダメなブレーダーと
判断してるんじゃないかと思うんです。
ルイにとってダメじゃないブレーダー、
向上心が高く、一切悩まずに高みを目指す、
そんなブレーダーをダメじゃないブレーダーと
考えてるんじゃないかと個人的には思うんです。
さて、決勝は5ポイント制でここからは両チーム、
誰が出場しても良いルール、
次はルイが間違いなく出るでしょうから、
ルイ相手にバーストフィニッシュ、
もしくは2連勝しないと優勝は厳しいです。
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2584-d163bc87

#37「オレたちの決勝戦!」ベイブレードバースト・名言

バルト「休もう!」 バルト「休むのも練習のうちってな」 バルト「あ~…ああは言ったけどさ。 やっぱ俺、練習してえよ」 無意識のうちに疲労がたまって練習に支障をきたしていたバルトたち。 そりゃ普通の小学生なら筋トレのしすぎは体に毒だし。 プロのアスリートにし…
  • 2016⁄12⁄13(火)
  • 01:19
  • アニメ偉言