ベイブレード バースト 第42話「毒蛇!ジェイルヨルムンガンド!!」感想

ナオキの実験のせいで試合時間ギリギリで到着したバルト、
そんなナオキ相手に苦戦をするも、
シュウとの約束を思い出す事で落ち着きを取り戻し、
辛くもナオキ相手に逆転勝利を収める
次はシュウの対戦なわけですけど、
ナオキの情報によるとジンは手段を選ばないブレーダーらしく…

赤き天才に毒蛇の毒牙が迫る!!!
さて前回、ナオキからの情報でジンは
手段を選ばないブレーダーだと知ったバルト、
そんなジンからシュウを守るべく、
バルトは乱太郎と共にシュウの
ボディガードをする事に…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
シュウを心配するのは良いですけど、
どっからどう観てもうざがられてますよね?!!
完全に練習の邪魔になったり
気が散る要因になってますよね?!!
下手したらバルト達の方が
シュウに迷惑かけてますよ!!!
というより、ナオキ絶対なんか企んでます!!!
シュウがいなくなったらとか考えてる辺り、
絶対に良からぬ事考えてますよね?!!

さて、そんなナオキが暗躍もある中、
個人戦1回戦2日目が来て…
ザック・ベン・犬介と強豪ブレーダーは
やっぱり並の相手には負けないですね。
彼らはバルトと当たるのかそれとも
シュウやワキヤと当たるのかが気になるところです。
そして、ついにシュウVSジンの試合の時が来て…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
ジンの使うジェイルヨルムンガンド・I・sy!!!
ジェイルヨルムンガンドレイヤーは
攻撃をいなしつつ、アッパー攻撃も狙える
スタミナタイプのデュアルレイヤー!!!
これにより、スタミナタイプでも
カウンター攻撃が可能に!!!
注目すべきはサイクルドライバー!!!
フリー回転するディスクがベイが傾いた時に
立て直らせ粘り粘るドライバー!!!
うん!!ぶっちゃけスタミナより
ディフェンスタイプのドライバーですね!!!
スタミナタイプという名の
ディフェンスタイプじゃないですか!!!
そんなサイクルドライバーにより
粘り粘る戦術「アンデットシュート」!!!
さすがに個人戦の全国区実力者は簡単には…
ってシュウがバーストフィニッシュ!!!
アッパーシュートで決められずとも、
何度も何度も使う事でダメージを
蓄積させてのフィニッシュ!!!
強力なカウンターも強みですけど、
それで決められないなら
攻撃の手数で決めにかかる!!!
まさに臨機応変です!!!

さて、全国大会でもその実力を遺憾なく
発揮するシュウですけど…
画像1画像2画像3画像4
って、シュウがシュートミス?!!
まさかジンが何か卑怯な手段を?!!
いくらシュウでもシュートミスでは
全国区のブレーダーには勝てない!!!

そんな予期せぬ事でピンチになったシュウですけど…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、眼を閉じてシュートを決める気ですか?!!
左利きに変えた事で安定性は増しますけど、
だからと言って目をつぶってシュートは
感覚だけでシュートしないといけない分、
難易度が上がります!!!
でも、それでもこなしてしまう辺りがシュウ!!!
でも、これは天才だから出来る事じゃないです!!!
日頃の練習の成果で身体にシュート体勢が
染み付いているからこそ出来る技術!!!
目眩ましさえ効かないなら
シュウの方が強いです!!!!

さて謎の妨害をも乗り越えて2回戦に
進出したシュウですけど、
どうやら妨害したのはジンではない様子で…
画像1画像2画像3画像4
って全部、ナオキが仕組んだ事だったんですか!!
これ、完全にジンとばっちりじゃないですか!!!
ジン自体、悪い奴じゃなくて
自分の実力に自信とプライドを持ってる
全国区に相応しい人格者!!!
シュウの負けた事もシュウの
実力を認めた上で納得してる姿!!
疑ってしまってすみませんでした!!!
しかし、本当にやり過ぎですナオキ!!!
実験の為だけにバルトを
時間切れギリギリに追い込んだり、
卑怯な手段も使わずむしろ
誇りを持ってるジンに汚名を着せようとした、
そりゃ、バルトじゃなくても怒りますよ!!!

そんなナオキの本性に怒りを露わにするバルト達、
そんな中、シュウはブレーダー同士、
バトルで決着をつける事を提案し…
画像1画像2画像3画像4
って、バルトが自分から
感情的になる事を
制御しました?!!

バルトの大きな弱点の1つは
感情的になりすぎて
空回りしちゃうことですけど、
今までは仲間達の力で落ち着けてましたけど、
自力で冷静さを取り戻すのって初めてなんじゃ…
ここに来てようやくバルトの精神面も
成長してきてます!!!!
落ち着いて空回りせずにバトル出来る
バルトの敵じゃないです!!!!
全国大会では紙一重の差で勝利でしたけど、
今回は完全に圧勝完全勝利です!!!

さて、そんなまたもやバルトに負けたナオキは
自身のデータにも自身がなくなったようで…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
天才ゆえに周りに理解されず、
それが逆に孤立させる要因となっていた、
そこからナオキは歪んでいったわけですね。
でも、バルトは理解できなくてもすごいって事はわかる、
実験は気に入らなくても研究はすごいと思う、
確かにやり過ぎな事が多いですけど、
彼の分析力と計算力はすごいですし、
研究に対する情熱は本物だと思います。
ただ、暴走してやり過ぎただけで。
まあ、そのやり過ぎがダメなんですけどね。
理解されなくても、すごいと思ってくれる人が出来た、
ここから変わっていけばいいと思います。
まぁ、うっかり全データ消去は
因果応報なので
同情の予知ないですけどね!!!
実験の為にバルトを騙し、
ジンに在らぬ疑いをかけて、
シュウのシュートを妨害した、
多少の報いは当然ですね!!!!

そして、シュウ、今回は序盤はナオキに騙された
バルト達にうざいレベルのボディガードされてましたけど、
自分の事を思っての行動というのは理解してて、
感謝はちゃんとしているんですね。
シュウは実力だけでなく内面も本当に
よく出来た良いブレーダーです。
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2593-bddeebeb

#42「毒蛇! ヨルムンガンド!!」ベイブレードバースト・名言

バルト「俺は水面ナオキのノヴァネプチューンと戦い、勝った!」 あらすじナレーション。 本編だと「みんなのナオキ」と呼んでたのに ナレーションになると水面ナオキとちゃんと呼べるのね… ベイブレード バースト B-69 ブースター ジェイルヨルムンガンド.I.Cy
  • 2017⁄01⁄24(火)
  • 14:57
  • アニメ偉言