ハヤテのごとく!第561話「What A Wonderful World 13 Liberi Fatali 」感想

ゆかりちゃんハウスの一件で千桜と
会っていた不動産屋の正体、
その正体はかつてハヤテを1億5000万で売り、
それより前も詐欺や泥棒も平気でこなしていた
父親の綾崎瞬だった
思わぬ再会にハヤテは感情を高ぶらせて…

そして最悪の導火線がついに…
さて、不動産屋のおじさんの正体が実の父と知ったハヤテ、
当然、ゆかりちゃんハウスを取り壊す云々の話はウソで…
ハヤテは怒りを露わにしてる一方で
完全に騙されていた千桜は困惑してるみたいですね。
なんだかんだで親しくしていた相手が話に聞いていた
ハヤテを1億5000万で売った両親の片割れで、
おまけに近づいた事も千桜を利用して情報を引き出す為、
親しく接していた事も全部ウソだったので動揺するのも無理ないです。
そして、もう1つの意外な事実、紫子そっくりの神崎の正体が
変装したハヤテ母というのも驚きの事実です。
ただ、これだけ言えます。
ハヤテの両親は厄介なタイプのクズです。
単なるゲスで小者程度なら特に問題ないですけど、
人を欺く事の才能に長けており、
目的の為に色々調べてハヤテと親しい人に
それぞれ近づいて、心を許せる状況まで持っていく、
千桜にはお人好しのおじさんを演じて、
ナギには亡き母親のそっくりさんを演じて、
心を許せる状況を作り出して目的に近づく、
目的の為なら平気で人を騙して、
その騙す才能に持っているから厄介なんです。
さて、父との会話から神崎が実の母だと気づいたハヤテは、
急いで神崎、いや、ハヤテ母のいる病院へと向かい…
まさか…ハヤテの感情に揺さぶりをかけて、
告白の真意に疑心を抱かせ隠れさせて真実を
ハヤテの口から聞かせる…
歪んだところで頭が回るから質が悪いです本当。
ただ、ハヤテの両親が全ての元凶とは言え、
勘違いさせた事に関しては
ハヤテにも原因があるのも事実なんですよね。
まあ、あの両親にだけは言われたくないと思いますけどね。
さて、ハヤテとの関係が誤解だった事を知ったナギは
これまでにない絶望の淵にまで追い込まれていて…
今のナギは完全に1人…
もう、これは…どうする事もできないですね…。
前に執事を辞めるのを決めるのはハヤテではないと
書きましたけど、これは逆に言えば、
ナギ自身がハヤテを拒絶したら仕方ないという
意味も入っているんです。
ハヤテが勝手に去ってナギが孤独になるのは
どうかと思いますけど、
ナギ自身がハヤテを拒絶して1人になるのは、
仕方が無いと思うんです。
ナギ自身が現実をから逃避して、
王玉に偽りの世界を臨んだわけですから、
そこはナギ自身の意思、同情する気もないです。
おそらく、それがあのありえない世界へと繋がるのでしょうね。
言うなればロイヤルガーデンで理想の世界に
引きこもり続けると言ったら良いのでしょうか?
ナギは感情に流されてそういう選択をしてしまった、
後はそこからハヤテがどうするかですね。
こうなってしまったら、ハヤテが執事をやめても、
特に問題はないと思います。
僕個人で言えばナギの理想と偽りの世界は
ギャグ的に面白くなると思うのでそっちで良い気がしますけど、
ハヤテはナギの意思を尊重するのか、
ナギにどう思われようと彼女の為に行動するのか、
ハヤテがどう転ぶかがわかりません。
少なくともハヤテにはナギに対する恋心はないですからね。
愛がないとは言いません。愛情はあります。
ナギに助けてもらった事や執事にしてくれた事に
恩があって恋心がなくても大切な人って言うのは事実ですから。
ナギに嫌われても良い、罪悪感で選ぶんでもない、
自分の心に正直な気持ちでハヤテが
今後どうするかが気になります。
とは言え、今回は王玉の光に呑まれて終わったので、
ハヤテ達がどうなるのかすらわかりませんけどね。
スポンサーサイト
category
ハヤテのごとく!
genre
アニメ・コミック
theme
ハヤテのごとく
Relation Entry

Comment

紫子の姿が変装じゃなかったら
ハヤテが紫子の写真を見た時に何も反応しないのは変ですからね
  • 2017⁄02⁄22(水)
  • 20:39
  • [edit]

Re: タイトルなし

> 紫子の姿が変装じゃなかったら
> ハヤテが紫子の写真を見た時に何も反応しないのは変ですからね
確かに変装じゃなかったらハヤテならすぐに気づきますからね。
まあ、念には念をいれてハヤテ母はハヤテとのエンカウントを
極力回避していたんでしょうけどね。
  • 2017⁄03⁄01(水)
  • 08:21

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2605-ce67ef30